ダイナースクラブカード

B! pocket

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブは、アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)と双璧をなす、VIP御用達のステータスカードとして知られます。

VISA、MasterCard、JCBに続く第4のカードブランドとして、ダイナースクラブは、医師や経営者層に好まれています。

年会費22,000円+税という金額は、一般カードからは想像がつかないほど高級で、その価格は一般的なゴールドカードより高いです。

しかし、サービスの質やステータスを考えると、ダイナースクラブカードは一般カードでありながら、ゴールドカード以上の価値があるといえます。

クレジットカードの特典や補償を考えても、年会費相応の高いサービスを提供していることがわかります。

ちなみに、審査基準に相当する「入会の目安」は、年齢27歳以上の方となっています。

どなたでもダイナースクラブカードに申し込めますが、ある程度の年収などがなければ、審査落ちになる可能性もあります。

女性に聞くダイナースクラブに対する印象は?

女性の意見

ダイナースクラブといえば、知る人ぞ知る高級クレジットカードです。

今回は、クレジットカード広場が女性に対して、ダイナースクラブに対する印象を独自アンケート調査しました。

◯ある程度以上の収入がある人しか持てない、審査の厳しいカードのイメージ。

◯ダイナースクラブは特に審査の厳しそうな、社会的信用があり且つ、金銭的に余裕のある人じゃないと作れないカード、という印象。なので、若い人よりも少し年代の上の方が持っている、富裕層の人が持っているカードという感じ。

◯ラグジュアリー、高級、ハイクラスというイメージです。ダイナースクラブカードをもつことはステイタスの証だと思います。

◯大人のカードのイメージ。

◯金銭的に余裕がある方限定しか、持てないカード。

※すべて女性の意見です。

やはり、ダイナースクラブカードは、高級感のあるカードブランドというイメージが浸透しています。

今回、複数の女性にアンケートを実施しましたが、悪い口コミが一つもなかったことに管理人も驚きました。

ただ、今回実施したアンケート調査では、すべての人が「憧れのカード」という位置づけで、実際に所有している人は一人もいませんでした。

年会費が高いだけあって、ほかの一般的なカードと比較すると、保有率はかなり低いレアなクレジットカードだと思います。

では、年会費22,000円+税を支払う価値は本当にあるのでしょうか?

数多くの特典がある、ダイナースクラブカードを持つメリットについてまとめます。

経済的に豊かな人だけが持てるカード

エグゼクティブ

ダイナースクラブカードの公式サイトには、審査基準に相当する「入会の目安」として年齢27歳以上の方を掲げています。

27歳というと、大学を卒業して5年間働き、仕事も年収も一人前の大人になるころです。

ほとんどのクレジットカードは、18歳以上なら申し込めます。

一方で、比較的高めの年齢制限をかけていることからも、ダイナースクラブは「大人のカード」というイメージが伝わります。

また、年会費は22,000円+税(家族カードは1枚あたり5,000円+税)と、決して安くありません。

年会費無料のカードが数多く存在し、ゴールドカードも年会費1万円程度という時代に、2万円を超える年会費。それだけでも存在感があります。

年会費を高く設定することで、ある程度、「経済的に豊かな人しか持てないプレミアムカード」の地位を築いているといえます。

ちなみに、ダイナースクラブカードには、利用限度額はありません。

カード所有者の利用実績に応じて、限度額は増えたり減ったりします。

限度額が一律に設定されていないこの仕組みは、外資系カード会社でよく見られます。
(アメックスも同様に、利用限度額は設定されていません)

カード利用で貯まるポイントは有効期限なし

ポイントをJALマイルに交換

ダイナースクラブカードは、利用金額100円ごとに1ポイントが貯まります(ダイナースクラブ リワードプログラム) 。

ポイントに有効期限はないので、自分のペースでじっくり貯められるのがメリットです。

貯めたポイントは、さまざまな商品と交換したり、ギフト券や他社ポイントに移行したりできます。

ただし、ここで注意してほしい点があります。

多くのクレジットカードは1ポイント=1円相当ですが、ダイナースクラブ リワードプログラムの1ポイントは、1円相当ではありません。

交換する商品によって、レートがかなり変動します。

基本的に「5,000ポイントで2,000円相当の商品券と交換」というのがいちばん多いです。

この場合の交換レートで考えると、実際のポイント還元率は0.4%となります。

一方で、ダイナースクラブの提携航空会社とのマイル交換は、以下のようになっています。

1,000ポイント→1,000マイル
ANA(全日本空輸)
2,000ポイント→1,000マイル
デルタ航空・ユナイテッド航空・大韓航空・アリタリア-イタリア航空

そのなかでも、ANAマイルと1,000ポイント=1,000マイルで交換できるのはかなりお得です。

なぜなら、ANAマイレージの1マイルは、3円相当の価値があるといわれているので、この場合のポイント還元率は約3%になるからです。

正確なポイント還元率がわかりにくい点は、ダイナースクラブカードのデメリットの1つですが、ANAマイルとの交換レートの高さは注目すべきポイントです。

そのほか、ANAマイルが貯められるクレジットカードについては、下記の記事で比較しています。

1名様分のコース料理が無料

ダイニング

エグゼクティブダイニングでは、ダイナースクラブと提携の特定のレストランのコース料理が1名様分無料になります。

デート時の食事やビジネスでの会食で、どちらが支払うのか、会計時にやりとりするのが煩わしいことがあります。

そのような場合でも、エグゼクティブダイニングを予約すれば、支払いをした際に「もともと1名分は無料なんです」と言うだけで、相手に心理的な負担をかけることなく、スマートに会計できます。

また「2名予約の1名無料」のほかに、「6名予約の2名無料」というプランもあります。

エグゼクティブダイニングは、オーナーやシェフが「うちの店の味をぜひ一度試してほしい」という考えで実現しているサービスです。

店舗側としては赤字覚悟のサービスなので、エグゼクティブダイニングが使えるのは半年に1回、年2回のみとなっています。

ダイナースクラブカード所有者にとっては、この特典だけでも年会費の元が取れます。

実はこのサービスは、プラチナカードではよくある特典だったりします。

ダイナースクラブカードは一応、一般カードの扱いですが、その中身を見てみるとプラチナカードと同等クラスです。

そのほか、事前にレストランを予約しておけば、当日はお会計をしなくてもよい「サインレス・スタイル」や、一見さんお断りの高級料亭の予約など、ダイニング関連のサービスも充実しています。

最高1億円の旅行保険を装備

旅行

ダイナースクラブカードの旅行保険は、国内・海外ともに最高1億円の補償です。

別途申し込む必要がなく、ダイナースクラブカードを持っているだけでも一定の補償が受けられます。

さらに旅行代金などを当カードで支払えば、最高1億円の補償額も適用になります。

◆海外旅行保険
ダイナースクラブカードを持っているだけで、保険が適用される「自動付帯分」で最高5,000万円、さらに飛行機代や旅行代金をクレジットカードで支払うと「利用付帯分」で最高5,000万円、あわせて最高1億円の海外旅行保険が付帯します。

◆国内旅行保険
自動付帯はないものの、利用付帯として最高1億円がつきます。

旅行保険があると、海外旅行中にケガや病気をしても、医療費が保険金でカバーできるので、安心して現地の病院で治療を受けられます。

プライベートでの旅行はもちろんですが、出張が多いビジネスマンにとっても、いざというときに役立つクレジットカードです。

旅行に関するさまざまなサービス

トラベルサービス

そのほか、旅行に関するさまざまな特典があります。

◆空港ラウンジの無料利用
海外・国内主要空港で使える「空港ラウンジ」が、本人会員・家族会員ともに無料で使えます。

◆手荷物1点無料宅配サービス
海外旅行から帰国の際に、自宅や勤務先まで手荷物を送料無料で送ってくれます。

◆送迎タクシー・前泊ホテルが無料
海外旅行代金50万円以上の利用時に限りますが、空港までの送迎に必要なタクシー代が無料になったり、海外旅行出発の前日に、空港直結の指定ホテルに無料で宿泊できたりします。
(ダイナースのトラベルデスクを通じて予約する必要があります)

ほかにも、ダイナースクラブカードは、ホテルやレストランの予約などで特に威力を発揮します。

料金が格安になるわけではないのですが(それでも優待価格になることが多い)、無料で部屋のアップグレードや、ホテルやレストランからの特別なサービスが受けられます。

使ってみて初めてわかる「スペックでは表せない上質なサービス」が、経営者や医療関係者がダイナースクラブカードを手放さない理由です。

最高500万円のショッピング保険

ショッピング保険

海外やセキュリティ的に不安なネット通販で買い物した後、商品にトラブルやサポート対応に不安があっても、ダイナースクラブカードで支払いをしておけば安心です。

ダイナースクラブカードでは、ショッピング保険(ショッピング・リカバリー)として、年間最高500万円が付帯します。

購入した商品が、もし盗難や初期不良、破損といったトラブルに見舞われても、カード会社が補償します。

補償期間は、90日間となっています。

1年間が平均的なメーカー保証に比べると心もとないですが、盗難に対する補償が無料という点を考えると、ダイナースクラブカードで購入するメリットは大きいです。

さらにメリットがあるダイナースクラブプレミアムへ

エグゼクティブ

ダイナースクラブカードには、上位クラスに相当するブラックカード「ダイナースクラブプレミアムカード」があります。

このカードは直接申込ができず、ダイナースクラブからの招待(インビテーション)によってのみ、アップグレードが可能になります。

ブラックカードのなかでも、トップクラスのステータスを誇り、アメリカンエキスプレスのブラックカードと双璧をなすほどの確固たる地位を確立しています。

ダイナースクラブプレミアムでは、コンシェルジュサービスがより強化され、プライオリティ・パスの無料発行などのメリットも。

そしてさらに大きな特典が、コンシェルジュデスクを通じて予約したホテルやレストランでVIP優待が受けられることです。

ダイナースクラブの一般カードでも、そういった傾向は見られますが、ブラックカードになると、空室があれば通常のホテルの部屋の価格でスイートルームに案内されたりします。

ダイナースクラブは、特に銀座周辺を強化エリアとしているので、銀座で買い物や食事をする人なら、すぐにでも年会費を越える価値は見いだせると思います。

年会費以上の価値を感じるならば申し込む

管理人の評価

「年会費が高い」という理由で、多くの人が申込みをためらうカードですが、経営者や弁護士・税理士、医療関係者といった、ハイクラス層のダイナースクラブカードの保有率は、非常に高いです。

なぜ、ダイナースクラブカードを選ぶのか?
その理由は、まさしく年会費以上の価値があるからに尽きます。

高級レストランや、海外旅行に行く機会が少ない人にとってはメリットが低いカードです。

一方で、そのような場所へ出向く機会が多い人にとっては、コストパフォーマンスに優れたクレジットカードになります。

また、ANAマイレージと1,000ポイント=1,000マイルで交換できるので、ポイント還元率の点から見ても、持つ価値のあるよいカードだと思います。

そのほかのダイナースクラブカードについては、下記の記事が詳しいです。

ダイナースクラブカードの口コミ

クレジットカード みんなの口コミ

高収入の人が持っているカードというイメージですが、実際販売をしていたときには、ごくごく普通の人も持っていたりしたので基準がよくわからず……ただ、カードのブランド力は高いと思います。

ヨーロッパに駐在経験のある会社員の方が、ダイナースカードをお持ちでした。

多趣味で海外旅行もお好き、スポーツやおいしいものに詳しくお話も興味深く、憧れを絵に描いたような方。

家族同士で何度かお会いした際のヨーロッパでのお話や、海外旅行中の買い物のお話に、ダイナースクラブやダイナースカードのことが出てきました。

そんな方が持っていたカードなので、良いイメージがあります。

ステータスを語るうえでは、必ずといってもいいほど話題に上る、人気のクレジットカードだと思います。

カードのお申込みはこちら

その他のダイナースクラブカードもチェック

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら