ANAダイナースカード

B! pocket

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードは、ダイナースクラブカードとANA(全日空)の提携カードです。

通常のダイナースクラブカードの年会費が22,000円+税に対して、ANAダイナースカードは27,000円+税と高く、よりプレミアム感がアップした一枚となっています。

ANAダイナースカードが評判の理由は、「プラチナカード級の特典」ANAマイルが貯まりやすいからです。

リワードプログラムのポイント(100円ごとに1ポイント付与)は、1ポイント=1マイルとして交換できます。

ANAマイレージは「1マイル=3円の価値がある」といわれているため、ANAダイナースカードのポイント還元率は3.0%に相当します。また、ANAスカイコインへと交換の場合は、「1ポイント=1.2ANAスカイコイン」になるため、還元率は1.2%になります。マイルとの交換がもっともお得です。

これは、ほかのクレジットカードと比較しても、かなり高いポイント還元率です。

さらに貯めたポイントには、有効期限とマイル移行上限がないので、失効の心配なく都合のよいときにマイル移行ができるのも助かります。

出張や旅行でANAグループ便を使うことが多い人にとっては、年会費以上の価値をもたらすエグゼクティブカードとなっています。

審査基準に相当する入会目安も27歳以上と制限がある、大人向けのカードです。

事実上の年会費は少し安くなる

電卓を持つ女性

年会費は27,000円+税(家族カードは6,000円+税)ですが、実際はもう少し安くなります。

その理由は、入会ボーナスマイル継続ボーナスマイルがあるからです。

ANAダイナースカードには、以下の特典があります。

  • 入会ボーナス:2,000マイル
  • 継続ボーナス:2,000マイル

入会ボーナスはカード入会時の特典、継続ボーナスは2年目から毎年もらえる特典です。

ANAマイレージは1マイル=3円相当の価値があるといわれているので、ボーナスマイルによって実質的な年会費は6,000円値引きされることになります。

年会費から6,000円を引いた場合、事実上の年会費は21,000円+税となります。

これでもまだ高いですが、この特典は通常のダイナースクラブカードにはない、ANAダイナースカード限定の特典です。

カードのお申込みはこちら

ANAマイルに交換可能なポイントは有効期限なし

ANA

ANAダイナースカードは、カード利用金額に応じて100円ごとに1ポイントが貯まります。

ダイナースクラブのリワードプログラムはポイント有効期限が無期限なのが、非常にメリットが大きいです。

ふだんカード利用が少ない人でも、ポイントの失効の心配なく、必要なマイル数まで貯め続けることが可能なのは助かります。

貯めたポイントは、ANA(全日本空輸)のマイレージと1ポイント=1マイルとして交換できます。

カタログギフトなどと交換も可能ですが、交換レートがイマイチなので、素直にANAマイレージと交換したほうがよいです。

しばらくANAグループ便を利用する機会がなければ、貯め続ければよいだけです。

重要なポイントなので繰り返しになりますが、ANAマイレージは1マイル=3円相当の価値があるといわれています。

実質的なポイント還元率は3.0%となります。

ちなみに、ANAダイナースカードに限り「1,000ポイント=1,200 ANAスカイコイン」と交換することも可能です。

ANAスカイコインは、ANAのWEBサイトで航空券や旅行商品の支払いに使える電子クーポンになります。

さまざまなシーンでANAマイルを獲得

ANAの飛行機

そのほかにも、数多くのシーンでANAマイレージを獲得できます。

◆ANAカードマイルプラス
ANAカードマイルプラス提携店でANAダイナースカードを使うと、100円または200円ごとに1マイルが貯まります。
この場合、ダイナースクラブ リワードプログラムも同時に貯まるので、還元率は大きくアップします。

◆搭乗ボーナスマイル
ANAの航空機に搭乗した際にもらえる「フライトマイル」に対して、さらに「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」がボーナスマイルとしてもらえます。
つまり、通常の搭乗よりも多くのマイルがもらえるということです。

◆楽天Edyチャージ
電子マネーの楽天Edyに200円チャージするごとに、1マイルがたまります。
ただし、この場合はダイナースクラブ リワードプログラムのポイントが貯まらないので、実質的な還元率は少し下がってしまうことになります。

また、ANAカードファミリーマイルに無料登録すれば、家族のANAマイレージを合算することもできます。

ANAダイナースカードでのANAマイル獲得は、以下のとおりです。

  • 入会・継続ボーナス
  • カード利用で貯まるポイントをマイルに移行
  • フライトマイルのボーナス
  • ANAカードマイルプラスでのポイント+マイル

カードを使えば使うほど、効率的にANAマイルを獲得できることがわかります。

下記の記事では、ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードを6枚比較しています。

「ANAダイナーズクラブカード以外のクレジットカードについても知りたい」と思う方は、よろしければあわせてお読みください。

強化された最高1億円の旅行保険

旅行

ANAダイナースカードには、最高1億円の国内・海外旅行保険がついています。

このカードを持っているだけで無料で利用でき、事前登録なども不要です。

海外でケガなどのトラブルがあっても、クレジットカードの保険から医療費が支払われるので、基本的に自己負担はゼロで済みます。

通常のダイナースクラブカードにも最高1億円の旅行保険がついているのですが、実はANAダイナースカードは旅行保険が少し強化されているのでお得です。

カード名 ダイナースクラブカード ANAダイナースカード
自動付帯(海外) 最高5,000万円 最高5,000万円
利用付帯(海外) 最高5,000万円 最高5,000万円
合計(海外) 最高1億円 最高1億円
自動付帯(国内) なし 最高5,000万円
利用付帯(国内) 最高1億円 最高5,000万円
合計(国内) 最高1億円 最高1億円

海外旅行保険は、両者ともに全く同じです。

国内旅行保険においては、利用付帯と自動付帯で少し違いがあります。

ダイナースクラブカードの場合、国内旅行保険は「利用付帯」が前提なので、旅行代金や航空料金をダイナースクラブカードで支払う必要があります。

しかし、ANAダイナースカードは国内旅行保険においても5,000万円の「自動付帯」があります。

そのため、旅行代金をほかの支払い方法を使っていても、ANAダイナースカードを持っているだけで旅行保険が適用されます。

空の旅に強いカードは、こういったこまかい点においても配慮されています。

ダイナースクラブカードについては、下記の記事も参考にどうぞ。

その他の旅行関連サービス

トラベルサービス

そのほかの旅行関連サービスをまとめます。

◆ビジネスクラスカウンターでチェックイン
ANA国際線エコノミークラス利用の際、ANAダイナーズクラブカードを提示すると、ビジネスクラスカウンターからチェックインが可能です。

◆国内・海外の空港ラウンジが無料
国内外1,000ヶ所以上の空港ラウンジを本人・家族会員ともに無料で使えます。
ただしANA直営の「ANA LOUNGE」は利用できません。

◆手荷物無料宅配サービス
海外旅行に限られますが、海外からご帰国の際にはお荷物1個を対象空港からご自宅・ご勤務先などご指定の場所まで無料でお届けします。

さらにダイナースクラブのトラベルデスクを通じて、パッケージツアーなどで50万円以上支払うと、下記のような特典も受けられます。

  • 空港までの送迎に必要なタクシー代が無料
  • 海外旅行出発の前日に空港直結の指定ホテルに無料で宿泊

こういったVIP待遇が受けられるのは、ANAダイナースカードのようなハイステータスカードならではのメリットです。

カードのお申込みはこちら

1名様分のコース料理が無料

ダイニング

2万円以上の年会費でも、実は一発で元が取れます。

それが、コース料理の1名様分が無料になる「エグゼクティブダイニング」というサービス。

ダイナースクラブが提携する特定のレストランのコースを2名分予約すると、そのうち1名分の料金が無料となります。(6名予約の2名無料というグループプランもあります)

仮に1名あたり3万円のコース料理を予約した場合、3万円相当もお得になるので、これだけで年会費以上の価値が見いだせます。

このサービスは元々、レストランのシェフやオーナーが「店の味を一度試してほしい」というのがきっかけで誕生しています。

つまり、レストラン側にとっては、ANAダイナースカードのようなハイクラスカードを保有するお客さんを呼びこむための手段となっているため、お得度はかなり高いです。

レストラン側にとっても負担になるお得なサービスなので、エグゼクティブダイニングが使えるのは半年に1回、年2回のみです。

この手のサービスは、プラチナカードの特典でよく見かけます。

ANAダイナースカードは一般カードでありながら、プラチナカードと同等クラスの上質なサービスを提供していることがわかります。

カードのお申込みはこちら

最高500万円のショッピング保険

ショッピング保険

ANAダイナースカードで購入した商品には、90日間のショッピング保険がつきます。

購入した商品が万が一、盗難や初期不良、返品不可といったトラブルになっても、ショッピング保険を使うことで、損失をカバーできます。

補償額は、年間最高500万円と金額的にも申し分なしです。

たとえば「海外で家具を購入したものの、返品が難しい」というケースなどに、この保険が使えます。

事前申し込みは不要で無料で使えるので、高額商品を購入する際は、現金ではなくカード払いするだけで、安心も同時に買うことができます。

持つ人を選ぶプラチナ級カード

管理人の評価

ハイステータスカードは、決済金額が大きい人にとってはとてもメリットがあります。

ANAとの提携によってマイレージ還元率は非常に高いのですが、年会費の高さを考えるとやはり、それなりのカード支払いをする人でなければ元は取れないでしょう。

コース料金が1名分無料になる「エグゼクティブダイニング」を使えば、これだけでも年会費の元が取れます。

ただし、これもダイナースクラブが提携する、それなりのグレードのレストランでの利用となります。

会員特典も含め、カードのスペックとしては非常に高いおすすめカードです。

一方で年会費以上の価値を見いだせるかどうか?という点で使う人を選ぶ一枚です。

ただ、経営者や医師、弁護士や税理士といったハイクラス層の多くが支持しているという事実がそこにはあります。

ANAダイナースカードの口コミ

みんなの口コミ

女性の印象もかなり良いのがダイナースクラブカードの特徴です。

下記は、クレジットカード広場が独自に調査したアンケート結果です。ダイナースクラブカードのブランドイメージについて聞いてみました。(回答者はすべて一般の女性です)

◯歴史が古くて、信頼度のある、持っているとランクの高いカードという印象があります。友達がANAのダイナースを持っていますが、日常の買い物でポイントを貯めて、年に数回、航空券に使っていました。

◯必ず会員費がかかるので、ある程度収入がある人でないと持てないワンランク上のクレジットカード。

カードのお申込みはこちら

下記の記事リンクでは、ANAと提携しているクレジットカードを紹介しています。

よろしければあわせてお読みください。

ANAカード その他の記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。