【人気ランキング】旅行保険で選ぶ年会費無料のクレジットカード

ランキング

旅行

クレジットカードを選ぶ時の条件に「旅行保険があるかどうか」を重視する人は多いです。

特に海外旅行に行く場合、旅行会社からおすすめされたり、空港に設置されている自販機で有料の海外旅行保険を購入する人もいると思いますが、やはり「毎回お金を払うのは高いし、手続きが面倒」だと感じます。

そこで一部の人が活用しているのが、「クレジットカードに付いている旅行保険」です。

一部のクレジットカードには旅行保険が付いている(付帯していると言います)ため、わざわざ旅行会社や空港自販機の保険を買わなくても良いのです。

今回は、旅行保険に強みを持つクレジットカードをランキング形式でまとめます。

当サイトは年会費無料のカードだけを集めたサイトなので、「年会費無料」にこだわってみました。

旅行保険に強いクレジットカードランキング

クレジットカードの旅行保険を知る上で、おさえておきたいキーワードがあります。

それが「利用付帯」と「自動付帯」です。

利用付帯
旅行代金や航空券のチケットをそのクレジットカードで支払うことが、保険適用の条件となる。
自動付帯
代金をそのクレジットカードで支払っていなくても、所有しているだけで旅行保険が適用される。

自動付帯の場合、旅行保険付きのカードを持っているだけで自動的に保険が適用されます。

ただし、補償額が減額されることも多いので、可能な限り旅行代金の支払いは、旅行保険がついているクレジットカードで行うことをおすすめします。

利用付帯と自動付帯の違いは、後ほど詳しく説明します。

1位:三井住友VISA クラッシックAカード

三井住友VISA クラシックカードA

旅行保険のスペック
  • 国内旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)
  • 海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)

※三井住友VISAクラシックAカードの場合

→三井住友VISAクラシックカードのさらに詳しい情報はこちら

年会費無料で使えて、最も旅行保険に強いカードは「三井住友VISA クラシックカードA」でした。

個人的にはちょっと意外な結果だったのですが、最もスタンダードなVISAカード、三井住友VISAが最も手厚い旅行保険を提供しています。

三井住友VISAカードには2種類あって、

  • 三井住友VISAカード(クラシックカード)
  • 三井住友VISA クラシックカードA

のうち好きな方が選べます。上記の画像は通常のクレジットカードなのですが、「クラシックA」カードのデザインもほとんど同じです。

両者の違いは、年会費が250円する代わりに、クラシックカードAの方が旅行保険が手厚くなるという点です。

通常の三井住友VISAカードは年会費が1,250円+税、クラシックAの年会費は1,500円+税となります。

しかし、この両者ともに「マイ・ペイすリボへの登録+年1回の利用」という条件を満たせば、次年度年会費が無料で使えます。(初年度は無条件で無料)

つまり、実質的には年会費無料で使えるカードなので、どちらか迷ったら三井住友VISA クラシックカードAを選択する方がお得です。

では、肝心の旅行保険はどうなのかというと、

  • 国内旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)
  • 海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)

となっており、他の年会費無料カードのスペックを圧倒しています。国内は最高2,000万円、海外は最高2,500万円の旅行保険が付帯し、そのどちらもカードを持っているだけで保険が適用されます。

ただし、三井住友VISA クラシックカードAは自動付帯の場合、補償額が最高300万円となるので注意が必要です。

それでも、国内・海外旅行ともに自動付帯で保険が付いているのはアツいです。なお、引受保険会社は三井住友海上火災保険が担当します。大手なので安心です。

▼女性の方はアミティエカードがおすすめです

2位:REXカード

レックスカード

旅行保険のスペック
  • 国内旅行保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

→REXカードの詳細が知りたい方はこちら

どこで使ってもポイント還元1.25%という驚異的な還元率を誇る人気カード。REXカードは雑誌のクレジットカード特集でも必ずと言って良いほど取り上げられる優良カードです。

ポイント還元に注目が集まりがちなREXカードですが、実は旅行保険にも力が入っています。

  • 国内旅行保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

三井住友VISA クラシックAと比較するとやや見劣りするものの、国内・海外ともに1,000万円以上の旅行保険が付帯します。また、海外旅行保険に至っては最高2,000万円の自動付帯となっており、安心感も大きいです。

引受保険会社は三井住友クラシックAと同じく三井住友海上火災保険が担当します。

3位:エポスカード

エポスカード

旅行保険のスペック
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

→エポスカードのお得な使い方が知りたい方はこちら

マルイグループのカード会社が発行している「エポスカード」。

これまで目立った存在ではありませんでしたが、5,000以上のお店で使える優待やテレビCMが話題となり、徐々に人気が高まってきている一枚です。

エポスカードは、至れり尽くせりのカラオケ、レストランなどでの優待と、マルイでの買い物時に倍増するポイント還元率の高さが魅力です。

  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

旅行保険は、海外旅行保険のみが付いています。残念ながら、国内旅行保険は付いていません。

最も、国内旅行でケガをしたり風邪をひいても、健康保険証で医療が受けられるので、さほど重要ではないと言えますが。。。

やはり年会費無料カードに旅行保険を付けるのはかなり難しいようで、前述の三井住友クラシックAやREXカードと比較すると、スペックは大きく下がります。

引受保険会社は三井住友海上火災保険が担当。

4位:JCB EIT

JCB EIT

旅行保険のスペック
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

→JCB EITのメリット・デメリットはこちら

8つの特典がある年会費無料のJCB EIT。カードデザインがオシャレなので人気が高い有名なカードです。

このカードはポイント還元率や旅行保険などのスペックが高いのですが、リボ払い専用カードなので注意です。

リボ払いを好む人にとっては良いカードですが、そうでない場合はリボ手数料が発生する可能性があるので、キチンと仕組みを把握してから使いたい所。

→リボ払いとは?

  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)

旅行保険の手厚さは、「エポスカード」と同じく、海外旅行保険のみが最高2,000万円、自動付帯で搭載されています。

5位:イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

旅行保険のスペック
  • 国内旅行保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最高500万円(自動付帯)

→イオンSuicaカードのメリット・デメリットが気になる方

SuicaとWAONのオートチャージ機能が付いた「イオンSuicaカード」には、補償額は低いものの、国内・海外の両方の保険が付いています。

  • 国内旅行保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最高500万円(自動付帯)

イオンSuicaカードは、イオンのお客さま優待カードとして使ったり、カード利用額に応じてポイントが貯まったり、年会費無料カードとしての使いやすさは兼ね備えた良いカードです。

個人的には、VISA、MASTER、JCBの3つのカードブランドが選べることや、id、WAON、Suicaの3つの電子マネーが使えると言った柔軟性を高く評価しています。

日常でSuicaを使う機会が多い人にとってメリットが大きいカードですが、一方でSuicaを殆ど使わない人にとっては、その他の選択肢もあるのかなという印象。

このカードはイオンカードとなりますが、もう一つJR東日本が発行しているViewカード系の「ビックカメラSuicaカード」も、付帯している旅行保険の補償は同じです。

引受保険会社は東京海上日動火災保険が担当します。

自動付帯と利用付帯の違い

海外旅行保険

旅行保険を語る上で外せないのが「利用付帯」と「自動付帯」という2つのキーワードです。

利用付帯

利用付帯は、旅行の費用をそのクレジットカードで支払っていた場合にのみ、保険が適用となる条件のことを言います。

例えば、旅行をする際には航空券や交通費、ホテルなどの宿泊代、ツアーに参加するときはツアー代金を支払います。

金額が大きいのでクレジットカードを利用することがほとんどだと思いますが、この時に別のクレジットカードや現金で代金を支払っていると、利用付帯の場合は保険の適用外となってしまいます。

そのクレジットカードで支払いさえ行っていれば、保険適用の条件は満たせているので、自動付帯と条件は同じです。

自動付帯

自動付帯は、旅行代金などをそのクレジットカードを使って払っていなくても、カードを持っているだけで保険が適用される条件のことを言います。

表現がややこしいのですが、旅行時に携帯していなければならないケースと、旅行時に手元になくても、そのクレジットカードの会員になっていればOKというケースがあります。

ただし、旅行先でトラブルが起こってサポートに電話をする場合、カード番号の照会を求められることがほとんどなので、たとえ自動付帯であっても、旅行時には必ずクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

持っているだけで保険が適用となるので、当然「利用付帯」よりも条件は良いです。

調査した結果はこのような形に

今回の調査結果は以下のようになりました。

比較表

上記で解説しましたが、個人的に「自動付帯であることは非常に重要」だと感じるので、今回のランキングは自動付帯の旅行保険が付いているクレジットカードを優先させました。

また、それらの最高補償金額、国内旅行保険が付いているかどうか?という点も重視しています。

上記の表を見てもわかるとおり、やはり年会費無料カードでは国内旅行保険が自動付帯で付いているものはほとんどありませんでした。

保険適用の詳細は非常にルールが細かいので、各カード会社に確認するのがベストです。

クレジットカードの旅行保険は、事前の申し込みや登録は不要です。

また、利用に際して別途費用もかからないので、旅行保険付きのクレジットカードを一枚持っておくだけでも大きな節約につながります。

事実、私自身は旅行会社や空港の自動販売機で旅行保険を購入したことがありません。

また、私の友人も海外旅行でケガや風邪を引いたとき、病院に行ったが、旅行保険のおかげで支払い金額は0円で済んだと語っていました。

今回紹介したカードの他にも、隠れた「旅行保険に強い年会費無料カード」があるかもしれません。もし良いカードが見つかったら、ぜひ私にも教えてくださいね。