イオン店員がレジでおすすめするWAONカードを作ってはいけない理由

B! pocket

WAONカード

最近、電子マネーのWAON(ワオン)が使える場所がとても増えました。

特にイオンやマックスバリュへ行くと、WAONを使って支払いをしている人がとても多く、レジではいたるところで「ワォン!」という鳴き声が聞こえてきます。

また、イオン系列のお店でお会計をするときに、店員さんがレジでWAONカードをすすめてくることもあります。

たいてい「WAONカードで支払うとポイントが貯まってお得ですよ!」などと言われて、つい作ってしまうのですが、本当にWAONカードを作った方がお得になるのでしょうか?

結論から言うと「イオン店員がレジでおすすめするWAONカードを作ると損」です。

私はつい美人な店員さんに言われるがままに作ってしまいましたが、個人的にはおすすめしません。

WAONカードは作らないでください

通常のWAONカード

イオンのレジで店員さんがおすすめしてくるWAONカードは、上記のようなタイプです。

店員さんは「WAONカードはポイントが貯まってお得」と言いますが、本当にそうでしょうか?

実は、WAONカードはメリットが少ないばかりか、人によっては損になるケースもあります

300円の発行手数料がかかる

WAON(ワオン)は、事前に入金(チャージ)して、支払いに利用できるプリペイド型の電子マネーです。

あらかじめ一定金額をチャージすることで、現金いらずで買い物ができるメリットがあります。

しかし、WAONカード自体が有料です。

WAONカードの作り方は、以下のとおりです。

  1. WAONカードの取り扱い店舗(イオンやマックスバリュ、ミニストップなど)へ行く
  2. レジやサービスカウンター付近に陳列されているWAONカードを選ぶ
  3. 発行手数料300円を支払う
  4. パッケージを開けてWAONカードを取り出して、レジやチャージ機で入金する

WAONカードの発行手数料は300円です。

確かにWAONカードで支払うとWAONポイントが貯まるので、現金よりもWAONカードで支払った方がお得なのは本当です。

しかし、最初に発行手数料300円を取られているので、最低でも300円分のポイントを貯めなければ、WAONカードの元が取れず、逆に損になってしまうのです。

貯まるポイントについては後述しますが、WAONカードで300ポイント貯めるのは簡単ではありません。

WAONカードで6万円分の買い物をしないと発行手数料300円の元が取れない」のです。

ポイント還元率が低い

チャージ

WAONカードに電子マネー「WAON」をチャージして使うと、利用金額に応じてポイントが貯まります。

お買い物時の利用金額200円につき1WAONポイントが還元される仕組みです。

(1WAONポイント=1円相当で、ポイント還元率は0.5%)

WAON会員としての無料登録(所有者情報の登録)が完了している場合は、イオングループのお店でいつでもポイント還元率が2倍になります。

つまり、イオングループのお店なら200円ごとに2ポイント、ポイント還元率は1%です。

電子マネーWAONの支払いで300WAONポイントを獲得するのに必要な購入金額は以下のとおりです。

通常の買い物(200円ごとに1ポイント):6万円
イオングループ以外のお店で使った場合や、所有者情報の登録手続きをしていない場合など。
イオングループでのお買い物:3万円
所有者情報の登録手続きしている、かつイオングループで買い物をした場合。

つまり、300円の発行手数料を支払ってWAONカードを作ると、イオングループのお店などで3万円~6万円程度の買い物をしなければ、WAONカード発行手数料の元が取れないのです。

チャージがめんどうである

チャージ

WAONはプリペイド型の電子マネーなので、支払い金額よりもWAON残額が少ないと支払いができません。

その場で現金チャージ(1,000円以上)するか、不足分を現金で支払う必要があります。

現金併用にすると、現金で支払った分の金額はWAONポイントの対象外になるので、WAONを使うメリットが薄まります。

どちらにせよ、後ろに並んでいる人を余計に待たせてしまうので、申し訳ない気持ちになります。

イオンの店頭に設置されている専用端末や、イオン銀行ATMでチャージすることも可能ですが、WAONカードへチャージするために、何人もの人がチャージ機に列を作って待っていることがあります。

毎回のチャージ金額が少ないとすぐに残高不足になり、WAONにチャージしようにも手間や時間がかかる…となると、使いにくさを感じます。

また、イオン系列のレジに行くと使っている人が多いように見えるWAONカードですが、ネットの声を聞いてみると「発行したけど使ってない」という意見も結構多いです。

かくいう私もその一人で、数回使ったものの今は使っておらず、発行手数料の300円分は完全に損してしまいました…。

イオンカードセレクトならWAONカードよりも3倍以上お得

イオンカードセレクト

店員さんがおすすめしてくるタイプのWAONカードよりも、私が3倍はお得だと思うのが「イオンカードセレクト」と呼ばれる一枚です。

イオンカードセレクトは、WAON機能が付いたクレジットカードです。

クレジット払いに抵抗がある方は、発行手数料無料のWAONカードとしても利用可能です。

ほかにもイオン銀行キャッシュカードやイオン優待カードとしての役割も果たします。

イオンカードセレクトの発行と合わせて、イオン銀行の口座も無料で同時開設できます。

イオン銀行はクレジットカードの引き落とし口座として使ったり、取引によってWAONポイントが得られる便利なネット銀行です。

クレジット払いが苦手な方は、クレジット機能を使わなくても問題ありません。

電子マネーWAONカードとしてだけ使うことも可能です。もちろん発行・所有にかかる手数料は一切ありません。

発行手数料・年会費は無料

年会費無料

イオンカードセレクトの何が良いかというと、発行手数料や年会費が無料なことです。

イオンカードセレクトは、年会費永久無料のクレジットカードなので、まったく利用しなくても費用は一切かかりません。

つまり、発行手数料が必要な通常のWAONカードよりも300円分お得です。

WAONカードで6万円分の買い物をして発行手数料の元を取らなくても、最初の買い物からお得に使えます。

クレジットカード払いで毎日ポイント2倍

<s>ときめきポイント</s>(WAONPOINTに変更になりました)2倍” width=”760″ height=”240″ class=”aligncenter size-full wp-image-6414″ /></p>
<p>イオンカードは、イオングループのお店でクレジット払いをすると、<span class=いつでもポイント2倍になります。

通常は200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)ですが、イオングループのお店で使うと200円ごとに2ポイント(ポイント還元率1%)貯まります。

イオンカードの支払いで貯まるポイントは「ときめきポイント(WAONPOINTに変更になりました)」ですが、電子マネーWAONに交換できるので、使いみちに困りません。

オートチャージでポイントが貯まるのはセレクトのみ

イオンカードセレクトに付いている「電子マネーWAON機能」で支払うと「WAONポイント」が200円ごとに1ポイント貯まります。

これは通常のWAONカードと同じポイント還元率です。

ただし「イオンカードセレクトを利用してWAONにオートチャージし、電子マネーWAON支払い」をすると、

  • WAONへのオートチャージ時にWAONポイントが得られる
  • WAONでの支払い時にWAONポイントが得られる

という、いわゆる「ポイント2重取り」ができます。

ポイントの2重取りによる合計のポイント還元率は1%にアップします。(イオングループ以外のお店で使った場合で1%還元です)

1.イオンカードセレクトでWAONにオートチャージする
→WAONへのチャージ分として「WAONポイント」が貯まる。

2.電子マネーWAONで支払う
→WAON利用分として「WAONポイント」が貯まる。

たとえば10万円分のチャージで1,000円もお得になります。

ちなみに、イオングループのお店で電子マネーWAONを使った場合は、WAON利用分のポイント還元率は1%(通常の2倍)です。

よって、

  1. WAONへのチャージで0.5%還元(WAONポイント)
  2. WAONでの支払いで1.0%還元(WAONポイント)

と、合計1.5%のポイント還元率となります。

通常のWAONカード(所有者情報登録をしていない場合)だと、ポイント還元率は0.5%にしかなりません。加えて発行手数料も300円かかります。

しかし、イオンカードセレクトなら、発行手数料や年会費は無料で、かつイオングループのお店で使うと3倍(1.5%)のポイント還元になるのです。

電子マネーWAONへのオートチャージでポイントが付与されるのは、イオンカードセレクトだけです。

とてもメリットの大きいポイント獲得術なので、現在イオンカードの新規申込者のうち、約半数の方がイオンカードセレクトを選んでいます。

オートチャージで残高不足の心配なし

イオンカードセレクトでは、オートチャージ(自動入金)機能も付帯できます。

WAONの残高が設定金額未満になると、自動的に一定金額がチャージされます。

申請や設定変更はイオン銀行ATM、WAONステーション、インターネットから、いつでも可能です。

WAONへオートチャージされた金額は、イオン銀行普通預金口座から即時引き落としになります。

たとえば「WAON残高が1,000円を下回ったら、3,000円をオートチャージする」と設定した場合、WAON支払いで残高1,000円未満になったときに、自動的に3,000円分がチャージされます。

チャージ後すぐに、チャージ金額の3,000円がイオン銀行の口座から引き落とされます。

月間オートチャージ金額200円ごとに1ポイントが貯まります。

買い物時にWAONで支払う(200円ごとに1ポイント、イオングループでの利用なら200円ごとに2ポイント)

WAON残高が少なくなってきたらオートチャージで残高を自動回復

オートチャージした金額に対しても、200円ごとに1ポイント貯まる

オートチャージ(自動入金)を利用するメリットは以下の通りです。

  • 手動でチャージをする必要がない
  • チャージの為に行列に並んだり、現金を用意したりしなくて良い
  • 残高不足で払えないという心配がない

WAONはプリペイド方式の電子マネーなので、どうしても「残高不足」が起こったり、「残高不足のたびに手動でチャージしなくてはならない」というデメリットが生じます。

オートチャージを活用すれば、残高不足やお財布の中の現金を気にせず利用できるので、スマートな買い物ができます。

お得感の大きいイオンカードセレクト

イオンカードのカード店頭受取サービス

店員さんがレジでおすすめしてくるWAONカードと比較すると、イオンカードセレクトを利用した方がメリットが大きいです。

  • 発行手数料・年会費が一切不要
  • ポイント還元率が高い
  • オートチャージが利用可能
  • クレジット機能は使わなくてもOK

日常的にイオンで買い物をする人であればあるほど、この恩恵は受けられます。

また、普段イオンに行かない人で、300円の発行手数料の元を取ることが難しい人にとっても、恩恵があります。

クレジット機能の付いていない通常のWAONカードの方が誰でも発行しやすいので、店員さんが勧めてくる気持ちもわかります。

ただし、クレジット機能を使わなくても良いのであれば、イオンカードセレクトを選択する方が賢いです。

イオンカードセレクトは最短即日発行が可能です。

WEB申込後、最短30分で審査が完了し、当日中にイオン店舗内のイオン銀行または、イオンクレジットサービスカウンターで「即日発行カード」が受け取れます。

ただし、即日発行は「イオン」マークのある加盟店でのみ使える一時的なカードです。

WAON機能はなく、カード利用に応じたポイントなどは貯まります。

VISA・Mastercard・JCBといった国際カードブランドの付いている正式なイオンカードセレクトは、後日郵送で受け取れます。

イオンカードセレクトのお申込み(年会費無料)

ミッキーマウス デザインのカードはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集」初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。