WAONカード

最近、電子マネーのWAON(ワオン)が使える場所がとても増えました。
特にイオンに行くと、WAONを使って支払いを行っている人がとても多く、レジ付近では至る所で「ワォン!!」という犬の声が聞こえてきますよね。

また、イオン系列のお店でお会計をすると、店員さんがレジでWAONカードをすすめてきます
たいてい、「WAONカードで払うとポイントが貯まってお得ですよ!」などと言われ、つい作ってしまうのですが、本当にWAONカードを作るとお得になるのでしょうか?

結論から言うと「イオン店員がレジでおすすめするWAONカードを作ると損」です。
私もつい美人な店員さんに言われるがままに作ってしまいましたが、個人的にはおすすめしません。

イオンのレジで店員さんがおすすめしてくるWAONカードは、こういうやつです。

通常のWAONカード

WAONカードは作らないでください

「WAONカードはポイントが貯まってお得。」
本当でしょうか?

実は、レジで発行されるWAONカードはメリットが小さいばかりか、人によっては損になってしまうケースもあるんです。

300円の発行手数料がかかる

WAONカードは電子マネーをチャージして利用できるカードです。
あらかじめ一定金額をチャージしておけば、現金いらずで買い物ができるメリットがあります。

しかし、このWAONカード自体がタダではないんです。
カードの発行手数料として最初に300円取られます。

WAONカードを使うとポイントが貯まるので、現金で支払うよりもWAONカードで払った方がお得であることは本当です。(店員さんの言い分)

しかし、最初に発行手数料300円を取られているので、最低でも300円分のポイントを貯めなければWAONカードの元が取れず、逆に損になってしまうのです。

ポイントについては後述しますが、WAONカードで300ポイント貯めるのは簡単ではありません。なんと、「WAONカードで6万円分の買い物をしないと発行手数料300円の元が取れない」のです。

ポイント還元率が低い

WAONカードに電子マネー「WAON」をチャージして使うと、利用金額に応じてポイントが貯まります。お買い物時の利用金額200円につき1WAONが還元される仕組みです。

電子マネーWAONで6万円分の買い物をすると、ちょうど300WAONが還元される計算になるので、これでようやくカード発行分の元が取れ、以降は使えば使うほど現金よりもお得になります。(店員さんの言うとおり)

しかし、5万円分の買い物をして250円、10万円分で500円って、ちょっとポイント還元率が低すぎではないか?と思うのは私だけでしょうか。。。

チャージがめんどくさい

チャージ

WAONカードは、定期的にカードの中に電子マネーWAONをチャージ(入金)する必要があります。
いわゆる「プリペイドカード」と同じしくみです。
チャージは、イオンの店頭に設置されている専用端末を使って行います。

店舗に行くとわかるとおり、このチャージ端末、混み合っていることもあります。
WAONのチャージをするのに何人もの人数が待っている。。こういうケースも珍しくなく、チャージはとても面倒に感じてしまいます。

また、イオン系列のレジに行くと使っている人が多いように見えるWAONカードですが、ネットの声を聞いてみると「発行したが使ってません」という意見も結構多いです。

かくいう私もその一人で、数回使ったものの今は使っておらず、発行手数料の300円は完全に損してしまいました。。。(美人の店員さんだったからこの件は許しましょう)

イオンカードセレクトならWAONカードよりも3倍以上お得

イオンカードセレクト

店員さんがおすすめしてくるタイプのWAONカードよりも、私が3倍はお得だと思うのが「イオンカードセレクト」と呼ばれる一枚です。

イオンカードセレクトは、WAONカードの機能が付いたクレジットカードです。
クレジット支払いが苦手な方は、ただのWAONカードとしても利用可能です。

発行手数料・年会費完全無料

イオンカードセレクトの何が良いかというと、発行手数料や年会費が一切かからないことです。イオンカードセレクトは、年会費無料のクレジットカードなので、まったく利用しなくてもお金が取られることはありません。

つまり、発行手数料300円が必要な通常のWAONカードよりもお得です。
まず最初に6万円分の買い物をして300円の元をとらなくても、最初の買い物から発生したWAONポイントが、丸々お得になります。

ポイントの2重取りができる

チャージ

イオンカードセレクトはポイント還元率においても、WAONカードよりお得です。イオンカードでお買い物をすると、「ときめきポイント」が200円ごとに1ポイント貯まります。ときめきポイントはWAONポイントやドコモポイント、Suicaなど、他のポイントと交換することができます。

イオングループのお店でクレジット払いをするとポイントは毎日2倍貯まるので、より効率的にポイントが貯められます。

また、電子マネーWAON機能で買い物をすると「WAONポイント」が200円ごとに1ポイントもらえます。WAONポイントはそのまま電子マネーWAONとして、イオンなどでのお買い物に使えます。

2つの独立したポイントですが、電子マネーWAONチャージ時に限りポイント2重取りができます。

イオンカードを使ってWAONチャージをすると、クレジット利用分として「ときめきポイント」が貯まり、チャージした分を電子マネーWAONの支払いで使うと、WAON利用分として「WAONポイント」がもらえます。

これを両方足し合わせるとポイント還元率は1%となり、10万円分のチャージで1,000円もお得になります。

ポイントの2重取りができるのが、イオンカードセレクトの大きなメリットです。

このテクニックが使えるのは、数あるイオンカードの中でもイオンカードセレクトだけです。

とてもメリットの大きいポイント獲得術なので、現在イオンカードの新規申込者のうち、約半数の方がイオンカードセレクトを選んでいます。

オートチャージが使える

チャージ

イオンカードセレクトのクレジット機能を活用すると、WAONのチャージで順番待ちをする必要がなくなります。

「オートチャージ機能」を登録しておくと、WAONカードの残高が設定金額未満になると自動的に設定金額までチャージされ、チャージされた分は後日クレジットカードの請求として引き落とされます。

オートチャージ金額を「3,000円」と決めておけば、WAONの残高があらかじめ設定していた金額を下回った時点で、自動的に3,000円分がチャージされ、後日クレジットの請求で3,000円が銀行口座から引き落とされると言った具合です。

WAONはプリペイド方式の電子マネーですが、これなら「チャージ」を気にせず利用できるので、スマートにお買い物ができるようになります。

お得感の大きいイオンカード

いかがでしたか?
店員さんがレジでおすすめしてくるWAONカードと比較すると、クレジット機能付きのイオンカードの方がメリットが大きいです。

  • 発行手数料・年会費 一切不要
  • ポイント還元率が高い
  • オートチャージが利用可能
  • クレジット機能は使わなくてもOK

日常的にイオンで買い物をする人であればあるほど、この恩恵は受けられます。
また、普段イオンに行かない人で、300円の発行手数料の元を取ることが難しい人にとっても、恩恵があります。

クレジット機能の付いていない通常のWAONカードの方が発行しやすいので、店員さんが勧めてくる気持ちもわかりますが、クレジット機能を使わなくても良いのであれば、イオンカードセレクトという選択肢の方が、一枚上手であると言えますね。

イオンカードセレクトは最短即日発行が可能です。

WEB申込後、最短30分で審査が完了し、その日のうちにイオン店舗内のイオン銀行または、イオンクレジットサービスカウンターで即日発行カードが受け取れます。

ただし、即日発行は「イオン」マークのある加盟店でのみカード支払いができる一時的なカードです。(ポイントなどは貯まります)

VISA・mastercard・JCBといった国際カードブランドの付いている正式なカードは、後日郵送にて受け取ることができます。