リクルートカードの口コミ・評判まとめ、ポイント高還元が激アツな理由

クレジットカードの口コミ・評判

リクルートカードの口コミ

年会費無料のポイント高還元カードとして話題となっている「リクルートカード」は、多くの人に愛用されています。

実際にリクルートカードを使っているユーザーの口コミをまとめてみたので、口コミ情報からメリット・デメリットを探っていきたいと思います。

ちなみに年会費無料のリクルートカード(還元率1.2%)の他に、年会費2,000円+税のリクルートカードプラス(還元率2.0%)もあります。

ただし、リクルートカードプラスは「ポイント還元率が良すぎる」こともあり、2016年3月に新規受付を終了しており、現在はリクルートカードしか申込みできません。

お申込みはこちら(年会費無料)

還元率が高い。チャージでもポイントが貯まる

ポイント還元率

やはりポイント還元率の高さとnanaco、モバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージもポイント還元の対象だという所が、ユーザーにとって評判のようです。

特に電子マネーnanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中でも、リクルートカードの還元率1.2%は高いです。

ただし2018年4月16日より電子マネーチャージ利用分については「月額3万円まで」の上限が設けられてしまいました。

それでも還元率1.2%は継続してくれるのは、かなり助かります。

貯まったポイントはリクルートのサービスに使える

◯年数回じゃらんで宿泊してるからよさそう。

◯ポンパレモールは基本ぼったくりだけど、飲み物は安いな。
あと本とCD。 ポイント消費はこのあたりだろ。

◯ホットペッパービューティー(美容室の予約・クーポンサイト)は無難だよね。
理髪店もあるし大抵のやつは生活圏内にあるだろ。
初回で安いし、ちょうどいいポイント消化

リクルートポイントは1ポイント=1円相当として、以下のようなリクルート社のサービスに使えます。

  • ホットペッパー グルメ(グルメクーポン)
  • じゃらん(旅行チケット・ホテル予約)
  • ホットペッパー ビューティー(美容室・ネイルサロンなど)
  • ポンパレモール(ショッピング)
  • MARQREL(ブランドセール)

そのため、上記のサービスを利用している人にとっては、毎回の支払いにポイントが使えるのは、お得感があると思います。

リクルートポイントの使い方については、下記の記事も参考にどうぞ。

Pontaポイントに交換で、リクルート以外でも使える

Ponta

リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントに交換が可能です

リクルートカードの開始当初はリクルートポイントだけだったので「ポイントの使いみちがない」「リクルートのポイントカードとして割り切れば使える」と、評判はイマイチでした。

Pontaポイントと交換することで、ローソンやケンタッキーフライドチキン、セカンドストリートなど身近なお店の支払いに活用できます。

主なPonta提携店

またPontaポイントはdポイントと1:1で交換もできるので、ドコモユーザーであれば携帯電話料金の支払いにも充当できます。

VISAは審査に通りやすい

VISAカード

◯クレヒスに傷がある俺でも通ったから、審査は甘いと思う。
券面もシルバーのシンプルさがいいよな。

◯VISAとJCBどっちが審査ザルなの? ←VISAだよ

◯結局VISAとJCBどっちが甘いかな?  ←間違いなくVISA。普通の属性なら速攻で審査終わる ←ワタシ的にもVISAはゆるい印象だな。JCBはなにかと厳しい

◯リクルートカードを申し込んだんだが、総合利用枠30万だった。
JCBは利用枠に厳しいのか?

◯三菱UFJニコスのカードでショッピング枠100万とは太っ腹。

◯リクルートVISA、申し込んだ翌日午前に可決メール到着。
6日後に本人限定郵便にてカード着。

リクルートカードでは、提携カードブランドを「VISA」と「JCB」から選べます。

口コミでも言われているようにVISAの方が審査に通りやすい傾向にあります。

これは「審査が甘い」と評判のある三菱UFJニコスが審査を担当しているためです。

特にカードブランドに希望がなければ「VISA」を選べば審査落ちのリスクを低くできます。

またショッピング枠を多く用意してくれるケースが多いのも特徴的です。

まとめ

ポイント還元率の高さや、交換先のPontaポイントの使い勝手の良さについては口コミでも評判でした。

また、クレジットカードの審査やショッピング枠の大きさについても、満足度の高い意見が多かった印象です。

リクルートカードのお申込み(無料)