三井住友VISAバーチャルカード

B! pocket

三井住友VISAバーチャルカード

三井住友VISAバーチャルカードは、三井住友カードが発行するネット決済専用のクレジットカードです。

「実店舗でクレジットカードを使う予定はないけど、ネット通販や課金をする際にカードがないと不便」という人向けの1枚です。

VISA加盟店のネット通販や、ネットサービスの支払いに使えます。

※金額・手数料表記はすべて税込です。

VISA加盟店で毎月10万円まで使える

VISA

三井住友VISAバーチャルカードは、VISAが使える国内外のネット通販やネットサービスでカード決済が可能です。

現物のクレジットカードは発行されないため、リアル店舗では使えません。

18歳以上の方ならどなたでも申し込めるので、ネットでの支払いだけに使いたい方におすすめです。

(クレジットカードなので、高校生は申し込めません)

クレジットカードは発行されない

申込み後、審査に通過すれば「会員番号と有効期限が記載された会員証」が届きます。

会員証は正式なクレジットカードではないので、実際の店舗では使えません。

あくまでも、ネット通販での支払いの際、カード番号を入力して使う形になります。

もちろん、通販だけでなく、ネットゲームやアプリの課金といった、ネットサービスにも使えます。

VISAに対応しているサイトなら、国内・海外は問わず、世界中のサイトで使うことができます。

クレジットカードの提示が必要な支払いには使えない

「オンライン決済に使用した、クレジットカードの現物提示が必要」な買い物や、サービスの利用には使えません。

これは、三井住友バーチャルカード以外のネット利用専用カードにもいえることです。

たとえば航空券の受け取りや、海外ホテルへのチェックインの際、支払いに使ったクレジットカードの提示が求められることがあります。

その際に「バーチャルカードだから実物のカードがない」という状態だと、利用を拒否される可能性があります。

カード利用限度額は10万円

パソコンとお金

三井住友VISAバーチャルカードは、限度額は一律10万円に設定されています。金額の変更はできません。

そのため「10万円以上のパソコンをネット通販で購入したい」と思っても、カード限度額以上の買い物になり、使えません。

カード利用限度額については、下記の記事が参考になります。

不正利用はすべて補償される

ロックする

ネット通販を利用するうえで、いちばん不安なのが「カード番号が流出して不正利用された場合」ではないでしょうか?

現在は、そのような不正利用の被害者になる確率は極めて低いです。
しかし、ゼロとは言い切れません。

三井住友VISAバーチャルカードには、「悪用補償」という保険が搭載されています。

この保険は、万が一バーチャルカードの会員番号が漏れ、第三者に不正利用された場合、全額を三井住友カードが補償するというものです。

これなら、ネット通販でカード番号を登録しても、不安になる必要はありません。万が一のことがあれば、保険が守ってくれるので安心です。

ショッピング保険(年間100万円)も付帯

ネット通販

またバーチャルカードには、年間最高100万円のショッピング保険がついています。

海外サイトで購入した商品、または国内でリボ払い・分割払い(3回以上)を使って購入した商品が対象です。

たとえば、海外通販サイトで注文した商品が、手元に届かない場合…

英語でクレームを入れても返事がなかったり、適当に対応されたりするケースも少なくありません。

このような場合に、ショッピング保険を使うことができます。

返品できない場合や、初期不良で故障した商品でも、購入日および購入日の翌日から200日間が補償の対象になります。

カード利用でポイントも貯まります

カードの利用金額200円ごとに、1ポイントが貯まります。

三井住友カードが展開するVポイントは、1pt = 1円の価値があります。

つまり実質的なポイント還元率は、0.5~2.5%となります。

ほかのクレジットカードと比較すると、ポイント還元率はあまり高くありません。

これは三井住友カード全般のカードにいえることなので、ある意味、仕方ないことです。

しかし、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」を経由して通販で買い物をすると、ポイント付与率が最大20倍までアップします。

ポイントUPモールには、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングといった大手通販サイトが多数参加しています。

上記のサイトを利用した場合は、ポイント2倍になります。

まず最初にポイントUPモールにアクセスし、そこからAmazon.co.jpなどの各種ネットサイトにアクセスします。

そして、三井住友VISAバーチャルカードを使って支払うだけで、ポイントが倍増します。

ネット通販を利用する際は、ぜひ活用したいですね。

年会費は初年度無料、2年目以降は330円

三井住友VISAバーチャルカードの年会費は初年度無料(オンライン入会)2年目以降は330円かかります。

三井住友カードのなかでも、年会費が安い三井住友カードが1,375円と考えると、バーチャルカードの330円はかなり割安な印象です。

ちなみに家族カードの年会費は、1枚あたり330円です。

前年の買物回数が3回以上の場合、家族カードの年会費は無料になります。

三井住友VISAバーチャルカードを選ぶべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人の評価

「現物のカードは必要ないけど、ネット通販など使う専用のクレジットカードがあれば便利」という方におすすめのクレジットカードです。

カード自体は発行されず、カード番号や有効期限が書かれた「会員証」だけが届きます。

ネット通販の支払いの際に、カード番号と有効期限を入力して使うためだけのクレジットカードです。

万が一、カード番号が流出して不正利用されても、利用限度額の範囲内で、カード会社がすべて「悪用補償」として補償します。

そのため「ネット上でカード番号を登録するのが不安」と思わずに、半分使い捨てのカード感覚で、ガンガン使っていくのが理想的だと思います。

ちなみに、ネット利用限定のプリペイドカードもあります。

こちらは審査・本人確認書類・銀行口座登録が不要なので、「バーチャルでもクレジットカードを作りたくない/作れない」人の利用が向いています。

三井住友カードに関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

いま人気のクレカはこれ!