【2倍以上お得】電子マネー一体型クレジットカード(Suica、Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPay)のチャージ・支払い方法まとめ

B! pocket

電子マネー

電子マネー機能つきのクレジットカードを持っていると、下記のように便利でお得な使い方ができます。

  • 1枚で電子マネーとクレジット機能の両方が使え、持ち歩くカードを減らせる
  • クレジットチャージや後払い型電子マネーの利用で、クレジットカードのポイントが貯まる
  • オートチャージや後払い型電子マネーは、残高不足の心配がない

今回は、Suica、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPayの各電子マネー一体型カードのなかから、サイト管理人がおすすめするクレジットカードを厳選し、お得な使い方を紹介します。

Suica:ビックカメラSuicaカードで最大11.5%還元

ビックカメラSuicaカード

Suica一体型クレジットカードは、JR東日本グループが発行するビューカードと、その提携カードがあります。

ビューカードからSuicaにチャージをすると、1,000円ごとに15円相当のJRE POINTが貯まりますポイント還元率1.5%)。

Suicaつきクレジットカードにクレジットチャージする方法として、下記の手段が利用できます。

  • Suica・PASMOエリアの駅改札の入出場時にオートチャージ
  • ATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」から、手動でチャージ
オートチャージ
Suica・PASMOエリアの改札を入退場時に、Suica残高が設定金額未満の場合、一定金額を自動的にチャージ
その都度チャージ
駅のATM 「VIEW ALTTE」で、暗証番号とチャージ金額を入力してチャージ

モバイルSuicaにビューカードを登録すると、アプリからいつでもチャージできたり、オートチャージが使えたりします。

さらに、Suica残高を利用したJR東日本の在来線利用や、対象店舗での買い物でもJRE POINTを獲得できます。

JR東日本の在来線利用
最低1乗車1ポイント、200円ごとに1ポイントを付与(還元率0.5%)
※定期券区間内はポイント付与対象外
Suicaグリーン券の購入
200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)
「Suica登録して貯まる」マークのお店でSuica払い
100円または200円ごとに1ポイント(還元率0.5~1%)

JRE POINTとは、JR東日本グループの共通ポイントです。

貯まったJRE POINTは、1ポイント=1円として、Suica残高へのチャージや、JRE POINT加盟店の支払いに使えます。

ビューカードシリーズのなかで、一番人気なのが、ビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードは、ビューカードとビックカメラの提携カードです。

1枚で、ビックポイントカード、クレジットカード、Suicaカード、JRE POINTカードとして利用できます。

年会費は初年度無料、翌年度以降は年に1回以上の利用で無料です。

ほかのビューカードと比較して、年会費を無料にできる条件がやさしく、ふだんクレジットカードを使わない方でも持ちやすいです。

ビックカメラSuicaカードをもっともお得に活用できるのが、ビックカメラでのSuica払いです。

1.ビックカメラSuicaカードのSuicaにチャージ
JRE POINT:1.5%還元
2.ビックカメラの買い物でSuica払い
ビックポイント:10%還元
————–
合計11.5%ポイント還元

Suicaのチャージ上限額は2万円です。

ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージ後、ビックカメラで2万円分の買い物をSuicaで支払えば、合計2,300円相当のポイントを獲得できます。

内訳は、JRE POINTが300ポイント、ビックカメラポイントが2,000ポイントです。 

貯まったビックカメラポイントは、1ポイント=1円として、ビックカメラでの支払いに使えます。

Suicaへの充当もできますが「ビックポイント1,500ポイント→Suica1,000円」と、ポイント還元率が0.6%に下がります。

ビックカメラSuicaカードの利用で、JR東日本のポイント「JRE POINT」とビックカメラのポイント「ビックポイント」の両方が貯まります。

(Suicaにクレジットチャージ時はJRE POINTのみ付与)

各ポイントの還元率は0.5%(1,000円ごとに5ポイントずつ付与)なので、合計1%ポイント還元です。

ほかのビューカードが「JRE POINTの0.5%還元のみ」と比べても、通常のカード利用でも、ポイントが2倍も多く貯まってお得です。

楽天Edy:楽天カードで最大2%還元

楽天カード(お買いものパンダ)

楽天Edyつきのクレジットカードといえば、楽天カードです。

楽天ポイントカード、楽天Edy、クレジット機能の一体型で、いずれも利用で楽天ポイントが貯まります。

楽天カードから楽天Edyへクレジットチャージする方法は、下記のとおりです。

Edyオートチャージ
コンビニなどオートチャージ対象店で買い物をした際、Edy残高が設定金額以下になった場合、自動的に一定額をチャージ
楽天Edyアプリからチャージ
楽天Edyアプリでチャージ金額を入力、カードをスマホにかざしてチャージを完了
楽天Edyアプリ対応端末(Android)が必要
いつでもEdyチャージ
楽天e-NAVIでチャージ金額を設定、ファミリーマートのFamiポートからチャージ金額を受け取る

楽天カードからEdyへのチャージ、Edy支払いにより、合計で200円ごとに2ポイントが貯まります。

楽天ポイント加盟店でカードを提示すれば、さらに楽天ポイントを獲得できます。

1.楽天カードからEdyにチャージ
200円ごとに1ポイント(0.5%還元)
2.楽天ポイント加盟店でカード提示
100円または200円ごとに1ポイント(0.5〜1%還元)
3.Edyで支払い
200円ごとに1ポイント(0.5%)
—————–
合計︰1.5〜2%還元

貯まった楽天ポイントは、楽天グループや楽天ポイント加盟店での支払いや、楽天Edyへの交換ができます。

いずれも1ポイント=1円相当の価値があります。

ただし、楽天カードはいつでもポイント還元率1%で使えるクレジットカードです。

楽天カードで直接支払っても、1%のポイント還元になります。

そのため、楽天カードについては、わざわざクレジットチャージをして電子マネー払いをする旨味は少ないです。

WAON:イオンカードセレクトで最大4%還元

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、このカード1枚で、

  • WAONカード
  • クレジットカード
  • イオン銀行のキャッシュカード
  • イオングループの優待カード

として使えます。

イオンカードセレクト

50種類以上あるイオンカードのなかで、電子マネーWAONの活用に最適なのが、イオンカードセレクトです。

クレジットカードを使って電子マネーWAONへチャージするには、イオンカードが必要不可欠です。

イオンカードセレクトは、チャージ金額に応じたWAONポイント唯一獲得できるイオンカードです。

電子マネーWAONにクレジットチャージするには、下記の方法があります。

  • 対象店舗のレジで「オートチャージ」
  • イオン銀行ATMやWAONステーションなどで「その都度チャージ」
オートチャージ
イオンやダイエー、マックスバリュ、ミニストップなどイオングループ系列店のレジで使える。
支払い後のWAON残高が設定金額未満になると、自動的に入金される。
(初期設定は残高3,000円未満で、3,000円分を追加チャージ)
その都度チャージ
イオン銀行ATM、WAONチャージャー、WAONステーション、WAONネットステーションで使える。
カードを読み取り部に置き、チャージ額を選択、暗証番号を入力すると、チャージが完了する。

イオンカードセレクト以外のイオンカードでも、オートチャージやその都度チャージは使えます。

ただし、チャージ金額に応じたポイントは一切貯まりません。

イオンカードセレクトは、その都度チャージが使えない代わりに、オートチャージ利用でWAONポイントが貯まります(200円ごとに1ポイント)。

イオンカード イオンカードセレクト
オートチャージ
ポイント対象外

ポイント0.5%~1.5%還元
その都度チャージ
ポイント対象外
×
イオン銀行口座 ×
ポイント対象外

貯まったWAONポイントは、電子マネーWAONと交換できます。

1ポイント=1円分の価値があるので、ポイント還元率は0.5%です。

さらに、毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーに、オートチャージを利用すると、最大ポイント3倍(ポイント還元率1.5%)になります。

これはイオン銀行ポイントクラブのステージ特典に応じて、ポイント付与率が変わります。

ステージ適用なし:0倍
ステージ1:1.5倍(200円ごとに1.5ポイント)
ステージ2:2倍(200円ごとに2ポイント)
ステージ3:3倍(200円ごとに3ポイント)

イオンカードセレクトでオートチャージ後、電子マネーWAONで支払えば、ポイントの2重取りができます。

電子マネーWAONで支払うと、WAONポイントが貯まります(通常200円ごとに1ポイント)。

さらに、電子マネーWAONの会員登録をしていれば、イオングループの対象店舗で、いつでもポイントが2倍になります。

(お客さまわくわくデー、ありが10デーは、ポイントアップ特典との併用不可)

イオンカード、電子マネーともに、通常利用で得られるポイントは、やや物足りなさを感じます。

それがイオンカードセレクトを活用すると、最大ポイント4%還元と、かなりお得になります。

イオンカードセレクト活用術

1.お客さまわくわくデー(毎月5のつく日)にオートチャージ
→最大ポイント1.5%還元
2.ありが10デー(毎月10日)の対象店舗で電子マネーWAON払い
→ポイント2.5%還元
ーーーーーーーーーーー
合計:最大ポイント4%還元

そのほか、イオンカードセレクトの特典については、下記の記事でくわしく解説しています。

イオンカードセレクトには、ミニオンズデザインもあります。

イオンカードセレクト(ミニオンズ)は、イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円、USJの利用でときめきポイント10倍など、当カードだけの限定特典が充実しています。

ちなみに、JALカードではJMB WAONカードへのオートチャージで、マイルが貯まります(200円で1マイル)。

ただし、マイル付与は2020年3月末日までの期間限定です。

過去の事例から延長の可能性もありますが、オートチャージでのポイント獲得の恩恵を長く受けたいなら、やはりイオンカードセレクトがおすすめです。

nanaco:セブンカード・プラスで合計1%還元

セブンカードプラス

nanaco一体型クレジットカードは、セブンカード・プラスだけです。

セブン&アイグループの公式クレジットカードで、利用額に応じてnanacoポイントが貯まります。

年会費は2019年7月から、永久無料になりました。

セブンカード・プラスから電子マネーnanacoにクレジットチャージをすると、200円ごとに1ポイントが貯まります。

電子マネーnanacoへのクレジットチャージは、オートチャージその都度チャージが使えます。

オートチャージ
支払い後の残高が設定金額未満の場合、自動的に一定金額がチャージされる。
セブンイレブン、イトーヨーカドーで利用可能。
その都度チャージ
nanaco会員メニューからチャージ金額を指定。
セブン銀行ATMやセブンイレブン・イトーヨーカドーのレジで、残高確認するとチャージが完了。

nanaco払いでは、200円ごとに1ポイントが貯まります。

nanacoポイントは、電子マネーnanacoと交換可能です(1ポイント=1円相当)。

そのため、セブンカード・プラスからクレジットチャージをして、nanaco払いをすると合計ポイント還元率は1%になります。

セブン&アイグループの対象店では、2019年7月からnanacoポイントの還元率が1%から0.5%に半減しています。

クレジットチャージの活用で、なんとかポイント1%還元を維持している状態です。

セブンカード・プラスには、一体型と紐づけ型があります。

nanaco一体型と紐づけ型の違い

それぞれ、nanacoを使えるカードや、nanaco払いで貯まるnanacoポイントの付与先が違います。

一体型:nanaco機能つき
セブンカード・プラスでnanacoが利用できる
nanacoポイントはセブンカード・プラスに貯まる
カード更新の際、nanaco残高やnanacoポイントを引き継げない
紐づけ型:nanaco機能なし
手持ちのnanacoカードやnanacoモバイルとセブンカード・プラスを紐づけて利用する
nanacoポイントはnanacoカードやnanacoモバイルに貯まる

nanaco一体型では、手持ちのnanacoカードとの紐づけができません。

そのため、nanacoカードでQUICPayが使える「QUICPay nanaco」も利用不可です。

一体型 紐づけ型
nanacoカード ×
QUICPay nanaco ×
nanacoモバイル ×

手持ちのnanacoカードをそのまま利用したい方は、紐づけ型のセブンカード・プラスをおすすめします。

セブンカード・プラスのお得な使い方は、下記の記事が参考になります。

iD・QUICPay:Orico Card THE POINTでいつでも1%還元

オリコカードザポイント

iDとQUICPayともに、クレジットカードと紐づけることで、支払いを後払いにする電子マネーです。

(iDにはプリペイド型やデビット型もありますが、クレジットカードと紐づけて利用するiDは後払い型になります。)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)では、1枚でiDとQUICPayの後払い型電子マネーが使えます。

iD一体型は三井住友カードやdカード、QUICPay一体型にはJCBカードがあります。

数あるクレジットカードのなかで、iDとQUICPayの両方を付帯するのは、Orico Card THE POINTくらいです。

iDとQUICPayとの大きな違いは、使えるお店の種類です。

全国展開するチェーン店でも、iDとQUICPayの両方に対応するところは意外と少ないです。

そんなときも、Orico Card THE POINTを利用すれば、1枚のカードでスムーズに支払えます。

(ちなみに、Apple Payにオリコカード ザ ポイントを登録すると、QUICPayのみ使えます。)

後払い型電子マネーを利用するメリットは、事前チャージ不要で、残高不足の心配なく支払いに使える点にあります。

電子マネーの利用代金は、紐づいたクレジットカードに請求されて、後日、口座から引き落とされます。

iDやQUICPay自体にポイント制度はありません。

紐づけたクレジットカードによって、ポイント還元率が変わります。

Orico Card THE POINTの場合、いつでも1%還元(100円ごとに1ポイント)です。

さらに入会後6ヶ月間はポイント2倍で、あらゆる買い物が実質2%引きになります。

カードや後払い電子マネー利用で貯まるオリコポイントは、オンラインギフト券や他社ポイントと交換できます。

たとえば、Amazonギフト券やApp Store&iTunesギフトカード、WAONポイント、Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイントなどです。

後払い電子マネーが使いやすく、貯まったポイントの使いみちに困らないのが、Orico Card THE POINTのメリットです。

ポイント付与なし・半減などの改悪に要注意

1ポイントでもお得にカードを使いたい方にとって、「電子マネーへのチャージで、クレジットカードのポイントが貯まるかどうか?」は、かなり重要な話です。

チャージ額に応じてポイントが貯まれば、普通に現金チャージするよりも、お得さに差が出るからです。

ただし、ポイント高還元のクレジットカードでは、サービス内容が改悪になることがあります。

実際にあった改悪の事例をあげてみます。

  • 1ヶ月にチャージできる金額に制限がつく
  • チャージで獲得できるポイントが大幅に下がる
  • 特定のクレジットカード、電子マネーでのポイント獲得を廃止

今回取り上げたのは、同じグループ内でクレジットカードと電子マネーを展開するものが大半を占めています。

そのため、ほかのカードと比較しても、改悪は起こりにくいと思います。

最近、利用者が急上昇中のスマホ決済については、下記の記事が参考になります。

こちらの記事も参考にどうぞ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集」初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら