すべて年会費無料!電子マネーと相性の良いクレジットカードは?

電子マネー

日常生活で買い物をする時に、電子マネーを活用している人は多いと思います。最近では、多くの種類の電子マネーが登場しており、その仕組みもさまざまです。

一部のクレジットカードでは、電子マネーのチャージをした時にポイントが貯まります。電子マネーは実質的には現金と同じなのに、ポイント還元が得られるため、「実質的には現金が安く手に入る」ことになり、大変メリットが大きいです。

このような理由から、クレジットカードと電子マネーは強い結びつきがあります。今回は、電子マネーの様々な利用シーンを想定して、電子マネーと相性の良い年会費無料クレジットカードをまとめます。

電子マネーチャージでポイントが貯まる一枚

JMBローソンPontaカードVisa

クレジットカードを使って電子マネーのチャージを試みた場合、以下の3つに分かれます。

クレジットカードを使ってチャージをしたのに、その分はポイント対象外だった。。。という事例も多いですし、またそもそもチャージにそのカードが使えないケースも多いです。

簡単な事例をあげますと、例えばポイント還元率が高いREXカードを使って電子マネーnanacoにチャージしても、ポイントは貯まりません。(REXカードはモバイルsuicaとSMART ICOCAのみが対象)

さらに、リクルートカードはJCBブランドを選ぶとnanacoチャージでポイントが貯まりますが、VISAだとnanacoがポイント対象外になる代わりに、SMART ICOCAと楽天Edyのチャージがポイント対象になるなど、非常に複雑です。。。

そのような中で、個人的におすすめしたいのが「JMBローソンPontaカードVisa」です。このカードはカード利用額100円ごとに1Pontaが貯まるカードです。

電子マネー

電子マネーチャージの場合は1,000円ごとに5Ponta(還元率0.5%)の還元となるのですが、実はほとんどの電子マネーがポイント対象になっているのです。

■JMBローソンPontaカードVisaのポイント還元対象電子マネー

・nanaco(ナナコ)
・楽天Edy
・Suica
・ICOCA

※WAONとPASMOにはチャージ自体できません。

このカードを使ってチャージをすれば、楽天Edyでもnanacoでも、そしてSuicaでもすべてポイント還元の対象となります。

オートチャージで利用する

イオンSuicaカード

電子マネーは定期的にチャージをして使わなければならないものがほとんどです。iDやQUICPayのように後払い式の電子マネーもありますが、やはりよく使われるのはイオンが展開しているWAONやSuicaだと思います。

WAONやSuicaをオートチャージで使いたい場合におすすめなのが「イオンSuicaカード」です。このカードは電子マネーにおいて非常に優れています。

使える電子マネー

イオンSuicaカードは、iD、WAON、Suicaの3つの電子マネーを搭載したカードで、WAONとSuicaについては両方にオートチャージ設定ができます。もちろん、両方ともポイント還元の対象です。電子マネーチャージ200円ごとに1ときめきポイントが貯まります。(還元率0.5%)

貯めたときめきポイントは、WAONやSuicaと交換して使うことが可能です。

イオンSuicaカードは、毎月20日・30日にイオングループ各店で5%OFFになる「お客様感謝デー」の優待カードとしても使えるため、人気です。その他、旅行保険も付帯しているなど、年会費無料カードの中でもスペックは高めの一枚となっています。

2つの電子マネーを搭載した高ポイント還元カード

オリコカード ザ ポイント

イオンSuicaカードは「iD、WAON、Suica」の3つの電子マネーが使えるものでした。しかし、その他にも後払い式の電子マネー「iD、QUICPay」の2つを一枚のカードに収めた高ポイント還元カードが存在します。

それが、「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」です。オリコカードの中でも特に人気が高い評判の一枚で、雑誌のクレジットカード特集でもよく話題となります。

このカードのメリットは、2つの電子マネーを両方搭載できることにあるのですが、それ以上にカードデザインの良さとポイント還元率の高さが魅力です。

装飾のないブラックのカードデザインは、年齢や利用シーンを問わずに使えるクールなイメージです。個人的には、クレジットカードはスペックと同じく、デザインの良さも大切だと思っています。

ポイント還元率は1%で、100円ごとに1ポイントが貯まります。(入会後6ヶ月間はボーナス期間として還元率が2%にアップします)

さらに、オリコが運営するポイントサイト「オリコモール」を経由してネット通販を利用すると、利用したショップに応じて最大15%のポイントアップが見込める他、最低でも0.5%のポイントアップになります。

オリコモールには、Amazon.co.jpや楽天市場、ヤフーショッピングといった大手が参加しているので、このカードは特にネット通販利用時に強い一枚と言えます。

まとめるとこのような感じです。

合計すると、2.5%+α(最大15%)のポイント還元率となるのが、このカードの威力です。

さいごに

「電子マネーのチャージ時にポイントが貯まるかどうか?」は、クレジットカード利用者の間でも特に重要な問題となっています。なぜなら、冒頭でも述べたように「事実上、現金が値引き価格で買えるのと同じ」状態なので、カード会社がそれを強みにしている一方で、規制も厳しいからです。

例えば、以下のような事例があります。

業界ではこういった特典内容変更のことを「改悪」と呼びますが、これまでにも、こういったことが頻繁に起こっているのが事実です。

電子マネーチャージとポイント還元に関しては、特典内容がいつの間にか変更になっていることも珍しくないので、常に最新情報を得ながら、上手く立ち回っていかなくてはなりません。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト