クレジットカードの審査で知っておきたい申込み前の確認ポイントとは?

お得な活用術

クレジットカードの申込み

新しくクレジットカードに申し込む時、「数撃ちゃ当たる」の考えで申し込んではいませんか?
カードの審査に落ちる理由は、意外にもケアレスミスが多いと言われています。

履歴書を書くつもりで一枚ずつていねいに書くことが大切ですが、ここではカードの申込み前に何度も確認しておきたい4つのポイントをまとめました。

記入漏れがないか

申込フォームに必要事項を入力する場合、記入漏れがないようにしましょう。
ネットからの申込みでは、「記入必須事項」を入力しないと先に進めません。

しかし、「任意の記入事項」を空白にしたまま申し込んではいませんか?
例えば、職業や年収、家族構成といったやや個人情報に当たる部分です。

個人情報はできるだけ開示したくない気持ちはわかります。
しかし、審査する側からすれば、名前と住所だけの申込書では、審査のしようがありません。

特に、はじめてVISAカードを作る、はじめてMASTERを作る、と言った、これまでカードの利用実績が一度もない場合は、必ずすべての記入項目を満たしてから、申し込むようにしましょう。

クレジットカードの審査担当者に、審査の材料を提供することが大切です。

番号間違いはないか

審査に落ちる理由として非常に多いと言われているのが「番号間違い」です。
カード会社によっては、審査段階で電話による確認をするところもあります。

その際、電話番号が間違っていれば、その時点で100%審査に落ちます。
「電話番号の記入間違い = 虚偽の内容」となってしまうからです。
住所や電話番号の間違いがないか、しっかり確認するようにしましょう。

また、一般的に「携帯電話よりも固定電話の方が審査に通りやすい」と言われています。
携帯電話は不正なクレジットカードの申込みに使われやすいですが、固定電話はそう簡単に変更できないからです。

もし自宅に固定電話が引いているなら、固定電話の番号を記入した方が、審査はかなり有利に進みます

申し込み条件の確認

カード会社によっては、申込み段階で一定の条件を設けています。
一定の審査基準を設けているのは、特にゴールドカードやプラチナカードと言った、上位カードです。

例えば、SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの場合は「25歳以上、年収400万円以上」となっており、三井住友VISAゴールドカードの場合は「満30歳以上で、本人に安定継続収入がある人」という申込み基準があります。

また、ほとんどのクレジットカードでは「安定した収入がある人」という条件が設けられているので、申込時に職業「無職」と書いてしまうと、審査の上で相当不利になります。

その場合は、「無職」と書かずに「フリーター」や「アルバイト」と書くか、「職業:投資家」のように、不動産収入など、働いていなくても一定の収入があることをアピールしなければなりません。

現在の申込・借入状況の確認

数撃ちゃ当たる」は審査に落ちます。
なぜなら、クレジットカードの申込み状況、審査状況はすべてCICなどの信用情報機関を通じて、情報が共有されているからです。

例えば1ヶ月の間に10枚ものクレジットカードに申し込んだりすると、「この人はたった1ヶ月で10枚ものクレジットカードに申し込んでいる、明らかに怪しい、お金に困っているのではないか?」と推測され、審査に落ちてしまいます。

すべての信用情報は筒抜け状態なのです。

また、情報共有されるのはクレジットカードの申込状況だけではありません。
キャッシングなどの借入やローンが多額になっていたり、返済遅延による「ブラックリスト」に載っていると、当然クレジットカードの審査段階でバレてしまいます。

借入やローンの返済が滞っている場合はそれを解消してから、またカードの審査に一度落ちたら3ヶ月程度あいだを開けることも、大切だと言われています。

まとめ

冒頭でも述べたように、「履歴書を書くつもりで」間違いがないか何度も確認してから申し込むだけで、クレジットカードの審査に通過する確率は飛躍的に向上します。

  • 記入漏れがないようにキチンと埋める
  • 電話番号の間違いは絶対ないように
  • 事前に申込み条件を確認する
  • 現在の申込み・借入状況を確認しベストなタイミングを図る

この4つのポイントを押さえて、クレジットカードの申込みを行えば、きっと審査に通過できると思います。