自己破産するとクレジットカードが作れないというのは本当ですか?

Q&A

自己破産

クレジットカードの返済が滞ったり、借金で首が回らなくなると、自己破産を考えなくてはなりません。しかし、自己破産には様々なデメリットがあります。

自己破産をして免責を受けると、支払い義務のある借金などは返す必要がなくなります。しかし、信用情報に「大きなキズ」が付いてしまうため、当面はクレジットカードを作ることができなくなります。もちろん、キャッシングのようなローンも利用できません。

では、自己破産すると一生クレジットカードを持てないのか?というと、そうではありません。

自己破産すると5年はクレジットが作れない

クレジットカードを申し込む場合は、まず審査に通過する必要があります。この時にカード会社は信用情報機関を通じて、あなたの信用情報を調査します。

信用情報はすべて信用情報機関に集められ、共有されます。A社で支払いを踏みたおしたら、B社でも審査に通らなくなるのはそのためです。

そして、自己破産をした場合も同じく、「信用情報機関に自己破産をした記録が残される」ので、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるのです。

最低5年は待つしかない

代表的な信用情報機関である、「CIC(割賦販売法 指定信用情報機関)」や、「JICC(日本信用情報機構)」には、自己破産の記録が5年間残されます。

また、JBA(全国銀行個人信用情報センター)には、10年間も記録が残ります。

つまり、自己破産した場合、最低5年はクレジットカードを作ることができません。ちなみに、任意整理の場合も最低5年は記録が残りますが、信用情報の見方としては、もう少しマシになります。

5年間が経過したら

自己破産者の口コミ情報を参考にすると、5年が経過した後は、6年目からクレジットカードが作れたという人は多いです。また、自己破産後8年が経ってからは、住宅ローンを組んだという人もいます。

5年経てば、信用情報機関からブラックリストである事実は消えるので、問題なくクレジットカードを作ることが可能です。

ただし、もちろん免責を受けたカード会社ではクレカの発行は難しいと思います。CICやJICCからブラックリストでなくなっても、カード会社が独自に保有しているデータベースには、記録はずっと残っているからです。

審査に落ちた話をあまり聞かないクレジットカード

自己破産前で、なかなかクレジットカードの審査に通らないケース、または自己破産後5年が経過しているのに、審査に通りにくい人もいると思います。

そういう時は、一度アコムマスターカードに申し込んでみることをおすすめします。このカードは、審査に落ちたという話をあまり聞きません。

「アコム」はカードローン大手の会社です。しかし、アコムマスターカードはただのクレジットカードで、年会費無料で使えます。リボ専用カードなので、リボ払いをしたくない場合は「カード限度額=毎月のリボ金額」に設定しておけば、強制的に一括払いができます。

クレジットカードの発行スピードも最短即日で、人気の一枚です。

自己破産中のカード払い

自己破産をしてから5年以上経たなければ、クレジットカードは作れません。しかし、そのような場合は「デビットカード」で代用することが可能です。

デビットカードは、クレジットカードのような「後払い」ではなく、カードを使ったらすぐにあなたの銀行口座から支払額が引き落とされる「即時払い」です。

つまり、銀行口座にお金がある範囲でしか使えないので、「使いすぎで払えない」ということになりません。デビットカードは銀行口座を持っていれば審査なしで発行してもらえるので、自己破産寸前でも、自己破産した後でも作れます。

国内でも普及している「VISAデビット」であれば、VISAカードが使えるお店なら、店舗でもネットでも使えます。クレジットカードのVISAとおなじ感覚で利用できるので、自己破産を考えている人にとっては、非常にメリットのあるカードです。

さいごに

自己破産してしまうと、最低5年間はクレジットカードを作れません。しかしこれは、借金やクレジットカードの支払いを免除してもらう代償なので、仕方のないことです。

5年が経過すれば、信用情報機関から「自己破産した事実」は消えるので、問題なくクレジットカードが作れます。また、審査に通りにくい場合も、審査落ちの話をあまり聞かないクレジットカードに申し込むことで、道が開ける可能性があります。

自己破産中でも、デビットカードを使えば、問題なくカード支払いができます。特にVISAデビットなら、VISAマークのあるお店なら原則どこでも使えます。クレジットカードがなくても、デビットカードで代用することで、日常生活に困ることはありません。