意外と知らない?クレジットカード番号の法則性に関すること

お得な活用術

クレジットカードナンバー

クレジットカードに記載されている番号は大変重要です。
カードナンバーと暗証番号を知られてしまうと、場合によってはクレジットカードの不正利用に使われてしまいかねません。

多くのカード会社では、不正利用に対して補償制度などを設けているので、万が一のことがあってもすぐにカード会社に連絡をすれば、なんとか対処してくれると思います。

前置きが長くなりましたが、実はクレジットカード番号には法則性があると知っていましたか?

カード番号には法則性がある

クレジットカード番号は、適当な数字の羅列に見えますが、実は法則性があります。
この法則性によって、正しいカードか、不正なカードをを見分けています。

カード番号に使われているのが「ルーン・アルゴリズム」と呼ばれる法則性です。
ルーン・アルゴリズムについて簡単に説明すると、

①クレジットカード番号を1桁飛ばしで2倍にする
カード番号が「49927398716」だった場合、最初の4はそのまま、次の9は2倍、その次の9はそのまま…と言った具合に、1桁飛ばしで数字を2倍にしていきます。

ルーン・アルゴリズム

②1桁ごとに足し算して10で割る
次に、数字を全部1桁にバラして足し算し、10で割ります。
例えば、上記の掛け算で「18」になった数字は「1」と「8」にバラします。

ルーン・アルゴリズム2

10で割った結果、割り切れれば正しいカード、割り切れなければ不正なカード番号となります。

参照:クレジットカード番号のチェックに有効なアルゴリズム

頭の番号はカードブランドを示す

クレジットカードの最初の番号(プレフィックス)は、カードブランドを示しています。

  • アメリカン・エキスプレス:34、37
  • ダイナースクラブ:300-305、3095、36、38-39
  • JCB:3528-3589
  • マスターカード:5
  • VISA:4

つまり、カードの最初の番号が「4」だった時点でVISAカードであることが確定し、「5」だったらマスターカードです。

また、クレジットカード番号の桁数はカードブランドによって違い、14~16桁となっています。
VISAとMASTERは16桁ですが、アメックスは15桁、ダイナースクラブは14桁の番号を採用しているため、ネットショッピングなどでカード番号を入力する時、戸惑うこともありますよね。

その昔、13桁のVISAカードも存在したようですが、現在は存在しておらず、VISAは16桁で統一されているようです。

参照:クレジットカードの番号(wikipedia)

いかがでしたか?

まず最初に、カードブランドを判別するための番号が付いています。
そして、それに合わせて個別のカード番号を設定し、かつ「ルーンアルゴリズム」に沿って正否が判断できるようになっているのです。

何百万、何千万枚も発行されているクレジットカードの番号が、すべてこの法則に則っていると考えると、改めてすごいなぁと思いませんか?