クレジットカードの審査で職場へ電話がある可能性は?在籍確認は減少傾向にあります

B! pocket

クレジットカードの審査で職場に電話

先日、J-WESTカードを申し込もうと、記入欄を埋めていたときの話です。

勤務先の電話番号を入力する欄の下には「カード発行手続きに際し、ご連絡をさせていただく場合がございます」と記載がありました。

これは「審査の関係で、勤務先に電話をする可能性がある」という意味です。

クレジットカードを手に入れるには、カード会社の審査に通過する必要があります。

申込み時に記入した住所や職業、年収などを元に「カードを発行する価値がある人物か?」、「利用限度額はどれぐらいで設定するか?」をカード会社が判断をします。

審査の過程で、申込書に記入した勤務先の電話番号に連絡をする可能性があります。

カード会社が「本当に申込者は勤務しているのか?」を確認するためです。

これを在籍確認(職場に働いているかどうかの本人確認)と言います。

審査に必要とは言え、誰だって自分の職場にカード会社から電話があるのは嫌なものです。

◯◯さん宛にカード会社から電話があったけど、借金でも踏み倒してるの?

なんて、職場の人にあらぬ疑いをかけられたくありません。

そこで、申込書に記入した勤務先の電話番号に、カード会社から電話がかかってくる可能性はあるのか?について、詳しく調べてみました。

最近は在籍確認がない場合がほとんど

新社会人

以前までは職場にガンガン電話をかけて在籍確認をしていたカード会社ですが、最近は在籍確認をする会社は少なくなりました。

ほとんどの場合、職場に電話がかかってこないと思って構いません。

下記に当てはまるクレジットカードや申込者は、在籍確認がないケースがほとんどです。

  • 審査を自動化している
  • クレジットカードを最短で即日や3営業日に発行している
  • クレヒス(信用情報)や過去の利用実績に問題がない

申込後すぐに審査結果が出るようなクレジットカードでは、在籍確認は行なわれません。

経営者の私も在籍確認の電話を受けたことがない

これは初代管理人の経験則ですが、実際に在籍確認をするカード会社はほとんどないのが実情だと思います。

私自身、小さいながらも会社を経営しており、会社にかかってくる電話はすべて、私がとっています。

従業員を雇ってから5年以上経ちますが、これまで私に在籍確認だと思う、電話は一度もありません

もちろん、在籍確認の電話がきても、当人がいるかどうかを聞かれるだけです。

カード会社からの電話によって、社内での社員の評価が変わることもありません。

電話番号を間違えると申込者本人に電話がある

こちらは現サイト管理人、昼時かをるの体験談です。

以前、Orico Card THE POINTに申し込んだ際、勤務先の電話番号を間違えたことがありました。

正確に言うと、過去に会社の電話番号として使っていたが、今は使えない電話番号を入力しました。

そのときは、審査結果が出る前にオリコカードセンターから「勤務先の電話番号をお間違えではないでしょうか?」と、私宛に電話がかかってきました。

現在の電話番号を伝えて「在籍確認に必要ですか?」と質問したところ、「そういう訳ではありません」と返されました。

その後、無事に審査を通過しましたが、後日、勤務先に確認すると、在籍確認らしき電話はなかったそうです。

ちなみに、私が所有するクレジットカードのなかには、今は使えない電話番号を登録したままのカードもありました。

こちらのカード会社からは「勤務先の情報を間違えていませんか?」と、電話がかかってきた経験はありません。

在籍確認は相手がカード会社とわからないように電話がある

電話をかけるOL

カード会社が在籍確認をする場合、審査担当者は「◯◯ですが◯◯さんいらっしゃいますか?」のように、個人名で電話をかけます。

元カード会社の者です。
電話の在席確認で細々した事は聞きません。会社に在席しているか確認するだけです。
『○○さんいらっしゃいますか?』。これだけですね。

本人以外にはカード会社である事は告げません。基本的に個人名で名乗ります。
ご本人さんが電話対応できない場合でも、勤務先の返事で会社に在籍しているか分かります。他に何か伺ったりなどはまずないです。(個人情報に当たりますので)
ご本人様に繋がった場合も、在席確認のみですので直ぐ済みます。

参照:Yahoo!知恵袋

「自分がカード会社の人間である」とは言わないので、電話応対をした人に、この電話が在籍確認だと思われません。

在籍確認は拒否できない

残念

あなたが「職場に電話されたくない」と思っても、在宅確認は審査上で必要な業務の一つなので、在籍確認の電話を拒否できません。

仮に「職場には電話しないでくれ」とカード会社に伝える機会があっても、「なぜ電話されたくないのか?」と疑いを持たれるだけです。

事前にカード会社から「在籍確認のために職場に電話します」と通達もないので、実際に職場に電話があるかは、ケースバイケースです。

カード会社から電話があったら、名前と生年月日を伝えればOKです。

もし休みや外出などで出られなかった場合でも「カード申込者が実際に働いている」とわかれば、再び電話はありません。

勤務先の情報を未記入はNG

職場

  • 最近は職場に電話をかける「在籍確認」は少なくなった
  • 電話があってもカード会社と名乗らないのでプライバシーも安心
  • 電話の有無はカード会社と本人のクレヒス次第

いずれにしてもカード審査をする上で、勤務先は重要なステータスとなります。

基本的にクレジットカードは、一定収入がある人を対象に発行しています。

「電話が嫌だから」と言って勤務先を空欄にしておくと、それだけで審査通過が難しくなります。

前述のとおり私が経営する小さな会社ですら、在籍確認の電話がかかってきた経験はありません。

そのため、無名の零細企業に勤めていると、在籍確認があるのでは…?という心配はいりません。

一方、仕事を辞めて無職になると、クレジットカードの審査に通りにくいです。

近いうちに退職の予定があれば、職場に勤務している間に、クレジットカードを申し込むのが賢明です。

クレジットカードの審査通過が不安な方は、下記の記事が参考になるかと思います。

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら