クレジットカードの審査で知っておきたいこと!職場に電話されちゃうの?

お得な活用術

クレジットカードの審査で職場に電話

新しくクレジットカードを発行するためには、申込み後の審査に通過しなければなりません。

クレジットカードの入会審査では、申込み時に記入したあなたの住所や職業、年収を元にしつつ「カードを発行できるか?」、「利用限度額はどれぐらいに設定するか?」を判断します。

審査の過程で、あなたが申込書に記入している職場に本当に勤務しているかどうかを確認するための、在籍確認(職場に働いているかどうかの本人確認)目的で、あなたの職場に電話をかけられる場合があります。

しかし、「誰だって自分の職場に電話をかけられるのは嫌」ですよね。

そこで、クレジットカードの審査で職場に電話されるのかどうかについて、詳しく調べてみました。

職場への電話で知っておきたいこと

クレジットカードの審査で職場に電話される場合に、知っておきたい情報は以下の3つです。

カード会社は個人名で電話をかける

職場に電話される場合でも、審査担当者は自分がカード会社の人間であることを告げません。

元カード会社の者です。
電話の在席確認で細々した事は聞きません。会社に在席しているか確認するだけです。
『○○さんいらっしゃいますか?』。これだけですね。

本人以外にはカード会社である事は告げません。基本的に個人名で名乗ります。
ご本人さんが電話対応できない場合でも、勤務先の返事で会社に在籍しているか分かります。他に何か伺ったりなどはまずないです。(個人情報に当たりますので)
ご本人様に繋がった場合も、在席確認のみですので直ぐ済みます。

参照:Yahoo!知恵袋

「◯◯ですが◯◯さんいらっしゃいますか?」のように、個人名で電話をかけるので、職場の電話を応対した方も、それがカード審査の在籍確認なのかどうかわかりません。

この点においては、カード会社も一応申込者のプライバシーに配慮しているので安心です。

在籍確認は拒否できない

あなたがもし職場に電話されたくなくても、クレジットカード会社も審査の上で行わなければならない業務の一つなので、在籍確認の電話を拒否することはできません。

逆に、「職場には電話しないでくれ」とカード会社に伝えても、それは「なぜ電話されたくないのか?」と疑いを持たれて怪しまれるだけなので、結局カード審査に落ちてしまいます。

また、事前に「職場に電話します」とカード会社から伝えられないケースが多いので、実際に職場に電話されるかどうかはわかりません。

最近は電話による在籍確認は少なくなった

3つめが最も重要です。
昔は職場にガンガン電話をかけて在籍確認をしていたカード会社ですが、最近は在籍確認をする会社は少なくなり、ほとんどの場合職場には電話されないと思って構いません。

口コミによると、

ビザ、マスター、JCBのクレジットカードを作ったことがありますが、私の場合は職場に確認の電話を貰ったことはありません。

という意見がある一方で、

いずれも新規で、
三井住友系カード(VISA)
JALカード(VISA)
に関しては、勤め先に確認の電話がありました。
ただ、他のカード(商業施設系・アウトレットなど)は一切連絡のないまま、カード発行となりました。

審査条件で、やばい奴は、やはりかかってくるみたいです。

  • 初めて、クレジットカードを作成するとか
  • 無担保借金をしているとか、
  • 他の返済にとどこっているとか

クレジットカードは何枚も持っていますが、年会費無料のカードでは会社に在籍確認の電話がかかってきた記憶は殆ど無いですね。

という意見もあるので、同じカード会社でもあなたのクレジットカードヒストリー(信用情報)や、これまでのカード利用実績などに応じて、電話されるケースとされないケースがあるようです。

リクルートカードの口コミでは

ちなみに、「リクルートカードの審査難易度は?申し込む前に知っておきたい5つのこと」にも書きましたが、リクルートカードの口コミでは職場や自宅に電話をかけられるといった話はありませんでした。

◯リーダーズカードの審査落ちてこれのプラスの方申し込んだら審査15分で終了してワロタw

◯審査2時間で可決とか早いなw 既存だからかな

◯クレヒスに傷がある俺でも通ったから、審査は甘いと思う。

◯JCBはだいたい次の営業日の午前中に審査が終わるよ

◯昨日の夜オンライン申し込みで、今日の昼には可決メールきたw

参照:リクルートカードの審査難易度は?申し込む前に知っておきたい5つのこと

また、中には即日発行OKの年会費無料クレジットカードも存在します。こういったカードはスピード発行を重視していますから、職場に電話をかけられる心配もありません。

経営者である私も在籍確認の電話を受け取ったことがない

これは私の経験則なのですが、実際に在籍確認までするカード会社はほとんどないのが実情だと思います。

私自身、小さいながらも会社を経営しており、会社にかかってくる電話はすべて、私がとっています。従業員さんがクレジットカードを作ることもあると思うのですが、これまでに私の会社に「在籍確認」と思えし電話がかかってきたことは一度もありません。

在籍確認される確率は、それくらい低いと思います。もちろん、もし在籍確認の電話がきても、いるかどうかを聞かれるだけなので、それによって社内での社員の評価が変わるといったこともありません。

勤務先は重要なステータス

いかがでしたか?

  • 最近は職場に電話をかける「在籍確認」は少なくなった
  • 電話されても個人名でかけてくれるので安心
  • 電話されるかどうかはカード会社にもよるが本人の信用力次第

以上3点を、クレジットカードに申し込む前に覚えておきましょう。

また、いずれにしてもカード審査をする上で「勤務先は重要なステータス」となります。
基本的にすべてのクレジットカードは、「一定収入がある人」でなければ申し込むことができません。

つまり、電話されたくないからと言って勤務先を空欄にしておくと、それだけで審査通過が難しくなってしまいます。

また、近いうちに今の仕事を辞める場合。
このような場合も、無職になるとクレジットカードは作りにくくなるので、職場に勤務している間に、クレジットカードを申し込んでおくのが賢明です。