家事手伝いでもクレジットカードは持てますか?カード会社の見解は?

Q&A

家事

クレジットカードを作りたい、でも今は働いておらず無職状態なので、「職業 家事手伝い」と書きました。この場合、果たして審査に通るのでしょうか?

結論から言うと、家事手伝いでクレジットカードの審査に通るのはかなり厳しいので、書かないほうが良いです。

クレジットカードの審査基準を大まかに分けると以下のようになります。

・本人に安定収入があることが絶対条件となる

・本人に収入がない学生・主婦でも利用可能

家事手伝いは基本的に本人に収入がないので、「無職」と同じ扱いです。クレジットカード会社は基本的に「無職」の方に対してカードを発行していません。

ただし、職業欄が「家事手伝いや無職」でも、年収欄に「300万円」などの一定の所得があれば審査に通る可能性は十分あります。

なぜなら、例えば世の中には数億円の資産を持つ「投資家」という職業も存在します。しかし、投資家は正式な職業ではないので、一般的には「無職」扱いになります。

ただ、クレジットカードの申込で「無職」と書くよりは「投資家」と書いたほうが印象は絶対良いです。「職業:投資家、年収:1億円」だったら、カード会社もさすがに審査を通してくれると思います。

これは噂に過ぎませんが、かの有名な楽天カードは「職業スナイパーで審査に通った」という話があります。これが本当かどうかはわかりませんが、少なくとも職業は自分で名前を付けても問題がないのです。

なので、職業「無職」や「家事手伝い」と書くよりは、「幸せコンサルタント」とか「在宅ワーカー」などと書いたほうが印象は良いでしょう。少なくとも、何かしらの職業についているということが重要です。

なぜなら、一部のクレジットカードは「学生や専業主婦に対しても発行している」ので、必ずしも本人に収入がなければクレジットカードは持てないわけではありません。

例えば、楽天カードには学生限定の「楽天カードアカデミー」がありますし、29歳以下限定でお得感の大きい「JCBカードエクステージ」も18歳以上なら誰でも持てます。そこに、本人の収入の有無は求められていないのです。

また、年会費無料で使える「セゾンカードインターナショナル」は、公式サイトに「専業主婦でも学生でもお申し込み可能」とはっきり書いています。専業主婦も学生も立派な職業ですが、本人に収入はありません。

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 本人に収入がなくてもOK。(あればもちろん良い)
  • 職業がないのは致命的。(無職・家事手伝いなど)
  • 学生や専業主婦は立派な職業
  • 職業は自分で名付けることができる(在宅ワーカーなど)
  • 専業主婦向けや学生専用クレジットカードも存在する

ということで、専業主婦・学生でもOKの「セゾンカードインターナショナル」のようなカードに対して、職業欄には「在宅ワーカー」などの何かしらの職業を付けて申しこめば、審査に通る可能性は十分あります。

一方で、「無職」や「家事手伝い」といった、働く意思を感じさせないようなものは、書かないほうが無難です。