クレジットカードの使い方を誤ると自転車操業に陥るという話

B! pocket

支払い困難

「クレジットカード破産」という言葉を、聞いたことがありますか。

クレジットカードは広く普及し、多くの人が利用する支払いの仕組みです。18歳以上の方なら原則としてどなたでも持てるので、あなたの友人や家族も日常生活でクレジットカードを使って買い物をしていると思います。

しかし、小学生か中学生の頃、教科書にこのような話が載っていなかったでしょうか?

クレジットカードの使いすぎで破産してしまう、「クレジットカード破産」の話です・・・。クレジットカードは身近に使われているものですが、使い方を誤ると自転車操業に陥る危険性を秘めています。

なぜクレジットカード破産が起こるのか

お金がない

そもそも、なぜクレジットカード破産が起こるのでしょうか。
わかりやすくいうと「クレジットカードは一種の借金だから」です。

クレジットカードは、そのときにお金がなくても約1カ月先の請求日までに用意しておけば、買い物ができてしまいます。つまり、後払いの仕組みなので「借金」と同じです。

クレジットカードは、一括払いをした場合に限り、金利ゼロ円なので、借金という認識を持っていない人が多いです。

つまり、クレジットカードは利息のかからない借金です。実は、利息のかからない借金というのは、驚くほど消費者にとってメリットがあるのですが、この話はまた別の機会にあらためます。

「借金」で破産するというと、利息が払えずに破産するイメージだと思います。しかし実際は、利息よりも元本の支払いのほうが重いわけで、借りすぎて元本が返せずに自転車操業に陥るパターンは多いです。

手元にお金がなくても商品を購入できる行為は、後日使ったお金が支払われるという「信用」によって成り立っています。

よって「信用」を確認するために、クレジットカードには入会審査が必要なのです。

毎月限度額まで使ったら破産します

買い物好き

クレジットカードは、信用審査を経て発行されます。その際、信用度(クレジットスコア)に応じて、限度額が設定されます。

限度額はたいてい、10万円・20万円・50万円・100万円などですが、毎月限度額いっぱい使ったら、普通に自転車操業に陥るので危険です。

ただ、金利がいっさいかからないので、それでも支払いができているのなら、問題はないといえます。

キャッシング枠に気をつける

カードキャッシング

しかし、クレジットカードの利用限度枠がたりないからといって、キャッシング枠に手を出したり、分割払いを多用するようになると、危険です。

キャッシング枠も分割払いも、上手に使えば非常にメリットがあります。実際、私も海外旅行の際は、海外キャッシングでお金を借りるようにしています。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠は「借りたい」というときにすぐに借りられる一方、金利がとてつもなく高いです。

多くの場合、クレジットカードのキャッシング枠は年18.0%になっていると思います。これは、カードローンと比較しても割高です。

なぜなら、クレジットカードのキャッシング枠は、短期間での返済を想定しているからです。海外キャッシングで年18.0%で借りたとしても、1週間の海外旅行から帰国して、すぐに返済すれば利息は100円程度です。

一方で、カードローンはお金に困っている人に対して、短期~長期にわたってお金を貸し付けるサービスです。長期での借入も想定されているため、金利は年18.0%と比べると低めに設定されていることがほとんどです。

たとえば、ソニー銀行カードローンなどは、最大金利で年13.8%となっており、クレジットカードのキャッシング枠とは比較にならないほど低金利となっています。

ですので、短期間での返済が想定できないのなら、クレジットカードのキャッシング枠を使うよりも、カードローンを使ったほうがお得です。

■クレジットカードのキャッシング枠の利用シーン

  • 短期間で確実に返せる予定がある場合(海外キャッシングなど)
  • カードローンの審査に通らなくて本当にヤバイときの最終手段

私はこのように考えています。

リボ地獄に陥らないために

キャッシュフロー

クレジットカードの使い方でもう一つ気をつけたいのが、リボ払いです。リボ払いは、カード会社の収益源の一つでもあるので、カード会社はすごくおすすめしてきます。

リボ払いの危険性については、これまでも何度か書きました。

しかし、リボ払いの金利も決して低くはありません。
たいてい、年15.0%前後の金利がかかります。

リボ払いのメリットは、毎月の支払額が固定されることです。毎月のリボ金額を5,000円に設定すれば、どれだけクレジットカードを使っても、月々の支払いは5,000円ですみます。

実際、お金の出入り(キャッシュフロー)が安定するので、状況によってはリボ払いを使ったほうがよいケースもあると思います。

一方で、毎月の支払額が定額になるということは、それだけ返済期間が長引くということです。たとえば、毎月のリボ金額が5,000円で3万円の商品をクレジットカードのリボ払いで買ったとします。

毎月の請求は5,000円ですみますが、3万円分を支払い終えるのに6カ月もかかってしまいます。そしてこの6カ月に対して、年15.0%前後の高い金利がのしかかってくるのです。

つまり、便利な半面、カード会社によっていつの間にか借金漬けにされているのがリボ払いの怖さです。

リボ払いと知らずに使っていると、利息がどんどんふくらんでいき、いずれ自転車操業に陥ります。

一括払いを心がけよう

クレジットカードで、分割払いやリボ払いでほしいものを購入する場合もあると思います。しかし、クレジットカード利用で、消費者にもっともメリットがあるのは、「一括払い」で使った場合だけです。

あくまでも、「一括払いで商品を購入し、翌月には全額支払い終える」というシンプルな支払いサイクルを守って使うことが、賢い利用法だと思います。

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

いま人気のクレカはこれ!