カード利用限度額を超えて使えない時に支払い可能にする方法

Q&A

クレジットカードと現金

「今まで問題なく利用できたクレジットカードが、突然使えなくなった」という場合、最も多い原因に「カード利用限度額以上の支払いをしようとした」があります。

クレジットカードごとに、そのカードで支払いに使える上限金額「利用限度額(利用枠)」が設定されています。

例えば「カード利用限度額が10万円」の場合、今まで9万円分のカード利用をしていて、新しく3万円の買い物をカード払いをしようと思っても、10万円の上限金額を超えるので「エラーが起きて、使えない」状態になります。

カード利用限度額と支払い金額の照会は、以下の方法で確認できます。

  • クレジットカードの会員ページ(WEB)で調べる
  • カード会社のコールセンター(カード裏面に電話番号記載)に問い合わせる

カード利用限度額を超えた場合の対処法

カードデスク

カード利用限度額を超えたクレジットカードで更に支払いたい時は「限度額の引き上げ」または「返済繰り上げ」を行ないます。

カード利用限度額を超えたからと言って、例えば「翌月のカード利用額が下がる」などのペナルティはありません。

公共料金やスマホの利用料など、自動引き落としになっている支払いに関しては、限度額を多少超えていても、そのまま支払われる場合が多いです。

ただし限度額をオーバーしたことで、支払いが延滞になると、信用情報に傷が付くこともあります。

そのため「限度額を超える時は、確実に全ての支払いができるようにする」ことが大切です。

限度額を引き上げる(一時増枠)

一時増枠

「カード利用限度額を超えてしまい使えない状態になっているけれど、今すぐこのカードで支払いたいものがある」という場合は、カード利用限度額を引き上げるのが最も手っ取り早いです。

カード利用額を引き上げる時は「一時引き上げ」「恒常(継続)引き上げ」の2種類あります。

普段は全く高額な支払いをせず、今回だけ利用額を上げたい時は、一時引き上げが向いています。

増枠の金額や信用調査の内容にもよりますが、一時引き上げの方が審査は通りやすく、早くて数十分の内にカード利用限度額が引き上げられます。

カード会社のコールセンター(カード裏面に電話番号があります)に電話したり、会員ページにアクセスして「利用枠の引き上げ」のページから手続きを行ないます。

申し込みの際には「引き上げ後の利用枠」と「引き上げたい希望の期間」「利用目的」が問われるので、答えられるように用意しておきます。

繰り上げ返済をする

クレジットカードと通帳

繰り上げ返済は「支払い日前に、カード利用金額を振り込む」という方法です。

基本的に利用金額は各カードの支払い日に口座を引き落としされますが、事前にカード会社指定の口座に振り込むことで、振り込んだ金額分の利用額が戻ります。

繰り上げ返済を利用する際は、カード会社に電話をして「カード利用限度額がいっぱいなので、繰り上げ返済をしたい」と伝えればOKです。

利用金額や内訳などの確認が行なわれた後、振込先の口座や振込金額を教えてくれるので、後は指定された口座にお金を振り込むだけです。

振り込みにネットバンキングを利用すれば、出かける必要もなく、自宅にいながらすぐに手続きできるので、手間がかかりません。

カード会社によっては、ネット上で繰り上げ返済の手続きを行なえる所もあります。各クレジットカードの会員ページを確認してみてください。

他にもATMでも繰り上げ返済が可能な場合ありますが、支払い方法が「リボルビング払い限定」だったりするので、1回払いだと使いにくいです。

カード利用限度額が復活するのは、入金が確認された後です。支払いをした当日または数日後には、再びカード払いが使えます。

締め日によっては繰り上げ返済が不可な期間があるので、その際はカード利用限度額の引き上げなどの別の方法が必要になります。

支払い日以降まで利用を待つ

時計とカレンダー

利用限度額を超えたクレジットカードは、基本的に新たな支払いに使えません。

カード利用限度額がリセットされて、再び限度額まで使えるようになるのは支払い日(口座引き落としがある日)以降です。

ただし分割払いやリボ払いをしている場合は、全額支払いが完了しない限り、カードの利用限度額はmaxまで戻りません。

「支払いをした分だけ、カードの利用限度額が復活する」と考えると分かりやすいと思います。

締め日では、カード利用額はリセットされない

クレジットカードの締め日とは「支払い金額が決定する日」のことです。

締め日以降のカード利用金額額は、次々回の支払いになります。

そのため「締め日を過ぎれば、カード利用限度額がリセットされるのでは?」と思うかもしれませんが、カード利用額が復活するのは、前述の通り「支払い日」です。

カード利用額の支払い日は、クレジットカードによって異なります。主なクレジットカードの支払い日をまとめてみました。

クレジットカード別支払い日まとめ

当月27日
NICOSカード

翌月2日
イオンカード

翌月4日
エポスカード/セゾンカード

翌月5日
UCカード

翌月6日
三井住友カード

翌月10日
JCBカード/MUFGカード/DCカード/UCSカード/ダイナースクラブカード
セブンカード・プラス/リクルートカード/三井住友カード

翌月27日
楽天カード/ジャックスカード/オリコカード/セディナカード/OMCカード
アプラスカード/エポスカード

翌々月4日
ビューカード/出光カード

会員で個別に設定可能
アメリカン・エキスプレス

口座引き落としから限度額の復活までにかかる日数は、クレジットカード会社によって「支払い日当日」または「支払い日から数日後」と対応が分かれます。

「限度額の引き上げや繰り上げ返済の手続きをするのは面倒」と思えば、支払い日が来るまで利用を控えるのも一つの方法です。

分割払いやリボ払いに変更は意味がない

リボ払い

クレジットカードの支払い方法には「分割払い」や「リボ払い」もあります。

分割払いとリボ払いを簡単に説明すると「支払いを1回ではなく複数回に分けて、毎月支払う方法」です。

カード利用額が10万円のクレジットカードで、20万円分の買い物の支払いをしたい場合「分割払い(2回)にすれば、カード利用額を超えずに済むのでは?」と思うかもしれません。

実際には「限度額以上の支払いには使えない」ので、カード利用限度額を増枠するか、限度額が20万円以上あるクレジットカードで支払う必要があります。

分割払いやリボ払いの違いについては、下記の記事で詳しく紹介しています。よろしければ合わせてご一読ください。

別のクレジットカードで支払いをするのも一つの方法

クレジットカード

カード利用限度額とは「1枚のクレジットカードに対する上限金額」なので、他のクレジットカードを持っていれば、そちらで支払うのもアリです。

全てのカードを限度額いっぱいまで使うのは、さすがに止めておいた方が良いと思います。

一方で「口座引き落とし日まで待てないが、限度額の引き上げをするのは面倒」や「カード払いにしてポイントを貯めたい」という時に活用できます。

「公共料金や固定費の支払い用」と「不定期の買い物の支払い用」とカードを分けていれば、利用限度額超過による公共料金の滞納の心配も減ります。

年会費無料のクレジットカードも多くあります。カード利用限度額は低い傾向にありますが、サブカードとして持つ分には1枚あると使い勝手が良いと思います。

下記の記事では年会費無料でもポイント還元率が高いクレジットカードを8枚紹介しています。よろしければ合わせてご一読ください。