三井住友カード アミティエ

B! pocket

三井住友カード アミティエ

三井住友カード アミティエ(旧︰三井住友VISAアミティエカード)は、通常の三井住友カードよりも特典が優れています

特に「国内・海外旅行保険の補償を手厚くしたい」「クレジットカードでスマホ料金を支払いたい」と考えている方に、最適な1枚です。

以前は女性限定でしたが、現在は男女問わず持てます。

クレジットカードの審査スピードも早く、ネットからの申し込みで最短翌営業日で発行可能です。

※新規入会+Vpassアプリログインでもれなく最大12,000円プレゼント

アミティエの申込みはこちら(初年度無料)

通常の三井住友カードとの違い

疑問

三井住友カード アミティエの申し込みを考えている人は、通常の三井住友カードとの違いが気になると思います。

三井住友カードとアミティエの大きな違いは、下記のとおりです。

デザインは三井住友カードAとほぼ同じ

三井住友カード A

アミティエカードは、当初女性限定の三井住友カードとして登場した経緯があります。

パルテノン神殿をあしらったデザインと、上品なピンクのカードカラーが特徴的でした。

そのため、女性限定から男女問わず申込み可能になった後も、デザイン的に男性は持ちにくい印象がありました。

カードデザイン変更後は、三井住友カードAや三井住友デビュープラスと同じく、シルバーを基調としたデザインとなっています。

カード名義人の上にある「Amitie」の文字から、このカードがアミティエカードだと分かります。

カード番号や有効期限については、カード裏面に集約されており、盗み見による不正利用を防止できます。

旅行保険の補償が手厚い

海外旅行保険

通常の三井住友カードよりも、旅行保険が優遇されています

実質年会費無料になる三井住友カードのなかで、ここまで手厚い旅行保険の補償があるのは、三井住友カードAとアミティエくらいです。

三井住友カードとアミティエの旅行保険を比較
三井住友カード
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円(利用付帯)
三井住友カード アミティエ
国内旅行保険:最高2,000万円(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)
海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)

※旅行代金をアミティエカードで支払っていない場合は、海外旅行保険の補償額は300万円です。

「利用付帯」はそのカードを使って旅行代金を支払っている場合に限り、補償が適用されます。

一方で、「自動付帯」はカードを持っているだけで補償が適用されます。

スマホ料金のポイント還元が2倍

スマホ操作する女性

三井住友カード アミティエならではの特典として、「携帯電話・PHSの利用料に対するポイント還元率が2倍」があります。

通常はポイント還元率0.5~2.5%ですが、携帯料金に関しては1~5%の還元率となります。

毎月の携帯料金は、アミティエカードで支払うと、2倍お得です。

言い換えると、毎月のスマホ代が実質1%値引きになるわけです。

この特典を受ける条件は「カードご利用代金WEB明細書サービス(無料)」の登録が必要です。

三井住友カードについて、さらにくわしい内容は下記の記事で解説しています。

三井住友カードとの共通点

前述の「旅行保険」と「携帯料金ポイント2倍」以外の特典については、三井住友カード(旧︰三井住友VISAクラシックカード)と共通しています。

実質的に年会費は無料

年会費実質無料

通常は1,375円(税込)の年会費がかかります(家族カードは1枚あたり440円)。

しかし、ネットからの申し込みに限り、初年度無料で使えます。

また、次年度以降は下記の条件により、年会費が無料になります。

  • 無料の「マイ・ペイすリボ」に登録+利用で無料または半額
  • お支払いのお買物累計金額が100万円以上300万円未満で次回年会費が半額、300万円以上利用で次回年会費が無料
  • WEB明細のご利用で翌年度年会費550円(税込)割引

※2021年2月以降は、「前年のリボ払い手数料を年1回以上支払い」が条件に追加されます。

これらの条件を満たすだけで、次年度以降も年会費がかからないので安心です。

旅行保険などの特典を考えると、無料で使えてかなりお得だと思います。

ポイント還元率は0.5~2.5%

ポイント還元率

カードの利用金額200円ごとに1ポイントが貯まります(Vポイント)。

このポイントは「1ポイントあたり1円」の価値があるので、実質的なポイント還元率は0.5%です。

前述の通り、アミティエカードでWEB明細を申し込むと、携帯料金の請求に対して、ポイントが2倍(1%の還元率)となります。

貯めたポイントは、ドコモやauといった携帯会社のポイント、そしてTポイントやヨドバシゴールドポイントなどと交換可能です。

さまざまな他社ポイントと交換できるので、使い道に困りません。

ポイントアップモールで最大20倍のポイント

三井住友カードが展開している「ポイントUPモール」を経由してネット通販を利用すると、最大で20倍のポイント還元率となります。

たとえば、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングのような大手通販サイトも、ポイント2倍の店舗として参加しています。

つまり、上記ネット通販の商品が、実質1%OFFで購入できます。

ポイントUPモールは個人的にもよく利用するサイトで、私のお気に入りは旅行予約のエクスペディアです。

エクスペディアの表記価格から、さらにポイント還元が5倍や8倍になり、普通に申し込むよりお得感があります。

セキュリティやショッピング保険が優秀

安心のセキュリティ

クレジットカードの利用で不安に感じることの第一位は、「セキュリティ面の不安」です。

個人情報の漏洩や、カードの不正利用などは、いつ起こってもおかしくありません。

しかし、カード会社大手の三井住友カードは、安心感が違います。

紛失・盗難に対する補償はもちろん、カードが不正利用された場合もしっかりと対処してくれます。

私も過去に一度、三井住友カードで、不正利用の被害にあったことがあります。

しかし、すぐに三井住友カードから電話がかかってきて、「身に覚えがない」と言ったところ、その利用についてはキャンセルになりました。

また、海外での利用に限り年間最高100万円のショッピング保険がついています。

海外旅行のときはもちろん、海外通販で商品を購入した際、商品の破損や届かないなどのトラブルに見舞われる可能性があります。

そのような場合でも、購入日より200日以内であれば、年間最高100万円までは、ショッピング保険の対象として、三井住友カードが補償します。

ショッピング保険は、リボや分割で購入している場合に限り、国内で利用した場合も対象です。

たとえば、高額な商品を分割で購入した場合、自動的に保険の対象となるので安心です。

マスターカードも選択可

VISAとマスターカード

三井住友カードと言えば、VISAブランドのクレジットカードの印象が強いですが、Mastercardも選べます。

特典などに違いありませんが、初めてクレジットカードを持つ場合は、使える場所が多いVISAをおすすめします。

すでにVISAカードを持っている人は、Mastercardを選択しても良いと思います。

三井住友カードのメリットとして格安の年会費でVISA、Mastercardの2枚持ちができることがあげられます。

2枚持ちをした場合、2枚目の年会費は275円です。

つまり年会費無料条件を加味すると、275円でVISA、Masterの両方の三井住友カードを持てます。

複数の電子マネーに対応

電子マネーiD、Apple Pay

三井住友カードはサイト管理人も良く使う1枚ですが、私が優れていると感じるのは、「電子マネーと相性が良いこと」です。

三井住友カードは、さまざまな電子マネーと提携しています。

■iD(アイディー)
ドコモが展開している電子マネー「iD」が付帯できます。

コンビニやマクドナルドの会計時に、アミティエカードを端末にかざして「iDで」と伝えれば、すぐに支払いが完了します。

請求は後日クレジットカードからの引き落としになり、すべてポイント還元の対象です。

■WAON(ワオン)
電子マネー「WAON」は、イオングループの店舗を中心に使えることで知られています。

三井住友WAONを使うことで、オートチャージ機能が使えるほか、イオングループの「お客様感謝デー」で優待割引を受けられます。

ただし、WAONは電子マネーとして利用した際に、WAONポイントが還元される仕組みです。

三井住友カードからチャージした分は、ポイント還元の対象にはなりません。

■PiTaPa(ピタパ)
PiTaPa(ピタパ)は、関西圏で普及している、後払い型の交通系ICカード・電子マネーです。

PiTaPaエリアの電車やバスの運賃、PiTaPaショッピング加盟店での買い物代は後払いになり、後日カードの請求と一緒に引き落とされます。

(PiTaPaエリア外の公共交通機関利用は、事前にチャージが必要です)

PiTaPa利用分は、Vポイントの還元対象外です。

ただし、PiTaPaショッピング加盟店での利用分は、PiTaPa独自のポイントサービス「ショップdeポイント」が貯まります。

■Apple Pay(アップルペイ)

三井住友カード アミティエのカード情報をiPhoneに取り込むと、おサイフケータイ機能を利用してiD払いが使えます。

iD加盟店でiPhoneを決済端末にかざすだけで、暗証番号・サイン不要ですぐに支払いが終わります。

レジの店員さんや列の後ろの人を待たせず、スムーズなお会計ができます。

iD利用分もポイント還元の対象なので、現金払いよりもお得です。

クレジットカードのデータ情報を、iPhoneに入れるのを心配に思う人もいるかもしれません。

Apple Payは世界中で使われている安全なサービスです。私自身も普段からよく利用しています。

Visaブランドを選ぶと、Visaタッチ決済も使えます。

Visaタッチ対応店で、会計時にカードを読み取り端末にかざすと、支払いが完了します。

基本的に1万円以下の支払いならば、サインや暗証番号(PINコード)の入力は不要です。

ほかにも、東海道新幹線のチケットがネットで予約できる「プラスEX」も発行可能です。

交通系ICカードと同じ感覚で、改札を通過できるので出張などで重宝します。

18歳以上なら誰でも申し込み可能

スマートフォンを見る女性

三井住友カード アミティエの審査条件は、「18歳以上の方(高校生は不可)」です。

18歳以上ならば、大学生や専門学生、社会人問わず、誰でも申し込み可能です。

以前は女性限定の三井住友カードでしたが、現在は男性でも申し込めます。

学生の方は「在学中、年会費無料の学生専用アミティエカード」をおすすめします。

通常のアミティエカードとは違い、年会費無料になる条件を満たす必要がありません。

お申込みはこちら(初年度無料)

旅行保険を手厚くしたい人向けの1枚

クレジットカード広場 管理人のつぶやき

三井住友カードは定番の一枚として、多くの人に愛用されています。

そのなかで、アミティエカードは、旅行保険の補償が手厚く、スマホ料金のポイント還元率が高いです。

三井住友カードAと、ほぼカードスペックが同じですが、

  • 年会費が少し安い
  • スマホ利用料はポイント2倍

なのがメリットです。

カードカラーがピンクからシルバーに変更になり、性別・年齢問わず持ちやすくなりました。

三井住友カード アミティエの口コミ

口コミ

利用中
クマロン(正社員)利用確認済み
入会時:25~29歳 / 年収200万円~400万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

三井住友で別のカードを持っていましたが、女性向けのこちらへ切替しました。

条件付きながら年会費無料に出来ますし、携帯料金の支払はこのカードにするとポイントが2倍になる為、重宝しています。

給料日が月末なのですが、このカードは支払日を26日にできるので助かっています。女性向けと言うだけあって、使いやすくおすすめです。これからも使える限り使っていこうと思います。

2018/04/07に投稿

※新規入会+Vpassアプリログインでもれなく最大12,000円プレゼント

お申込みはこちら(初年度無料)

あわせて読みたい記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集」初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。