nanacoチャージは対象?JCB EITの電子マネーチャージ対応状況について

nanaco

クレジットカードを選ぶ時に気にするポイントとして、「電子マネーのチャージはポイント還元の対象か?」というものがあります。特に、JCB EITのようなポイント還元率が高いカードでは、電子マネーチャージでポイントが付くかどうかによって、お得感は大きく変わります。

特に電子マネーのnanaco(ナナコ)や楽天Edyは日常的に利用している人も多いと思います。もし、これらの電子マネーチャージでポイントが貯まったら、よりお得にクレジットカードを活用できます。

私も電子マネーを使うことが多く、気になったので早速調べてみました。しかし、結論から言うと、JCB EITではnanacoチャージはポイント還元の対象外でした。。。

しかし、これには対策方法があります。クイックペイ(nanaco)を活用することで、ポイント還元率を1.5%にまで引き上げることが可能です。

JCB EITでは電子マネーチャージのポイント還元はなし

ポイント還元率が高く、年会費無料で使えるメリットがあるJCB EITですが、電子マネーチャージとの相性はあまり良くないです。

電子マネーのチャージをする場合、JCB EITを使ってチャージしても、ポイント還元は受けられません。よって、電子マネーをチャージする場合は、その他のクレジットカードを使うことをおすすめします。

これは、nanacoやモバイルSuica、SMART ICOCAなど、すべての電子マネーで共通しています。また、楽天EdyやPASMO、WAONの場合は、そもそもチャージにJCB EITを使うことができません。

■電子マネーチャージには使えるがポイントが付かない
nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA

■電子マネーチャージに使えない
WAON、楽天Edy、PASMO

しかし、クイックペイ(nanaco)を使うことで、よりお得にポイントを貯めることができます。この方法を使うと、JCB EITのメリットを最大限に引き上げることができます。

クイックペイ(nanaco)を活用してポイントを貯める

クイックペイ(nanaco)

電子マネーnanacoは、先にお金をチャージして使う、プリペイド(前払い)方式の電子マネーです。チャージする時にクレジットカードを使うとポイントが貯まる場合がありますが、残念ながらJCB EITでは、ポイント還元は受けられないことがわかりました。

一方で、クイックペイ(nanaco)とは、チャージしなくても使える、ポストペイド(後払い)方式の電子マネーです。セブンイレブンなど、nanacoが使える場所で使えるのですが、実質的には電子マネーのクイックペイで支払いをするような感じです。

しかし、クイックペイ(nanaco)の凄いところは、nanacoポイントに加えて、クレジットカードのポイントも貯まることです。

クイックペイ(nanaco)の説明

■クイックペイ(nanaco)とJCB EITをひも付けた場合

・nanacoポイント:200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)
・JCB EIT:1,000円ごとにOki Dokiポイント2ポイント(還元率1.0%)

つまり、クイックペイ(nanaco)で支払いをすると、実質1.5%のポイント還元となる。

つまり、クイックペイ(nanaco)を使えば、「このクレジットカードはnanacoチャージでポイントが貯まるのかな??」と心配をする必要が一切なくなります。また、定期的に電子マネーのチャージをする必要もありません。

もちろん、紛失時の保険も付いているので安心です。

この方法はまだあまり知られていません。しかし、この方法を使うと、JCB EITと電子マネーnanacoの相性はかなり良いものになります。

また、nanacoの使えるお店でクイックペイ(nanaco)を使った場合、JCB EITが年会費無料で使えるポイント還元率1.5%のカードに化けるので、よりメリットが大きくなります。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト