クレジットカードを解約せずに処分しても良い?有効期限が切れると自動解約される?

Q&A

クレジットカードの処分

Q.全く利用していないクレジットカードがあります。
解約せずに処分すると何か問題があるのでしょうか?

クレジットカードを解約せずに処分しても、クレジットカードを解約したことにはなりません。

ネット通販などでは、カード番号やカード裏のセキュリティコードが分かれば支払いに利用できる為、不正利用のリスクがあります。

また基本的にクレジットカードは自動更新なので、クレジットカードを処分しても、有効期限近くになれば、新しいクレジットカードが届きます。

有効期限を迎えても、新しいクレジットカードが届かない場合は、自動解約(退会)の可能性もあります。

ただし「クレジットカードを申し込んだ後、引っ越しをした。カードの住所変更をしておらず、現住所宛に届かない」という場合もあり、解約せずに処分や放置するのは賢いやり方ではありません。

クレジットカードの解約は、カード裏面にあるカード会社の電話番号に連絡をして「解約をしたい」と言えば、簡単に手続きができます。

解約せず処分するとデメリットばかり

クレジットカード処分

クレジットカードを解約をせずに処分すると、後々トラブルが発生する可能性が高まります。

多少面倒でも、使わないクレジットカードの解約手続きをすることは、自身のために不可欠なことです。

不正利用のリスクが高まる

カード盗難

「クレジットカードを処分して、手元にない状態ならば、誰かに不正利用される心配はない」と思いがちですが、それは大きな間違いです。

特にネット通販はカード情報(カード番号、名義人、有効期限、セキュリティコード)が分かれば、手元にクレジットカードがなくても支払いが行なえます。

またWEB明細のみで紙の明細書の配送がなかったり、カード利用の度にメールが届かないタイプだったりすると、どうしても見逃す可能性が高くなり、不正利用の発見も遅れやすくなります。

利用しなくても年会費がかかる

年会費

年会費有料のクレジットカードは、カード利用が無くても年会費を支払う必要があります。

年1回以上で年会費無料になる条件付きのクレジットカードも、利用しなければ年会費が登録した金融機関の口座から引き落とされます。

そのため「クレジットカードを使うか分からないけど、とりあえず1枚は持っておきたい」という考えで、カード発行をする場合は、年会費無料のクレジットカードへの申込みが向いています。

解約したい時に不便

電話

改めてクレジットカードを解約したいと思った時に、クレジットカードを処分していると、解約に必要な情報が分からず仕舞いになってしまいます。

特に電話連絡をする際に、音声案内でカード番号を入力することが多く、カード情報が分からないと解約までの道のりが長くなりやすいです。

また一部のカード会社では、ハサミで切って使用不可になったカードを、返信用封筒に入れて返却が必要な場合もあります。

例えば、PiTaPa(ピタパ)機能が付いていたり、何かの会員証と兼ねていたりすると、返却を求められます。

有効期限を迎えるのにカードが届かない理由は?

通常、クレジットカードは、有効期限が切れる前に、自動的に更新されて、有効期限の前月または当月中に、新しいクレジットカード(更新カード)が届きます。

一部は更新前に「更新の案内」が届き、郵送や電話で手続きをする場合もあります。

基本的には、事前連絡なしで新しいクレジットカードが送られてくるパターンが圧倒的に多いです。

新しいクレジットカードはカード番号は同じですが、有効期限とカード裏面のセキュリティコードが変更になっています。

「有効期限が来ているのに、新しいクレジットカードが届かない」という場合は主に3パターンの理由があります。

  • カード作成後、1回も利用せず放置していたので、自動解約になった
  • カード申込み時の住所と現住所が変わっており、カードの住所変更をしていなかった
  • 単純に発送の遅れ

1回も利用せず自動解約になった

カード更新なし

「クレジットカードを作ったけれど、有効期限を迎えるまでに1回も利用していない」という場合は、自動解約の可能性が高いです。

特に年会費無料のクレジットカードは「カード会社に利益が出ない」という理由で、自動解約になりやすいです。

メインカードを別カードに変更していて、以前より利用回数が減っていても、有効期限内に何回か利用していれば「利用実績がある」と判断されます。

ちなみに、個人信用情報が悪くなる使い方をしている(延滞を何度も繰り返すなど)と、自動更新されない場合もあります。

全く利用していなかったり、他カードで無茶な使い方をしていなかったりするのであれば、上記の理由での自動解約は考えにくいです。

住所変更をしておらず、新しいカードが届かない

住所

申し込み時に記載した住所や本人確認書類の住所(運転免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカード、住民票など)と、現在住んでいる住所が違う場合は要注意です。

クレジットカードの住所変更をしていない為に、新しいクレジットカードが届いていないという可能性もあります。

カードの有効期限は3年や5年と長いです。

その間に引っ越しをしていて、クレジットカードの住所変更をしていないと、新しい住所宛に新しいクレジットカードが届きません。

通常は郵便局の転送届を出すと、通常は旧住所宛の郵便物は新住所に転送されます。

ただしクレジットカードは「転送不要郵便」なので、新住所に転送されず、クレジットカード会社に差し戻されます。

転送届さえしっかり出していれば、毎月の利用明細は郵送で届けられるので、うっかり住所変更を忘れがちになりますが、クレジットカードは転送できません。

新しいクレジットカードが届かないと「住所不明」になり、解約扱いになる可能性が高いです。

「カードが届かなければ、自分で解約の連絡をせずに済むので良いのでは?」と思うかもしれませんが、本当にクレジットカード会社に差し戻されたのか、郵便受けから誰かによって抜き取られて手元にないのかは分かりません。

上記で説明したような不正利用への危険性がつきまとうことを考えると、やはり自動解約を待たずに、自分で解約の連絡をした方がリスクが低いです。

処分する前にカード会社に確認を

電話をかけるOL

「持っていても使わない」「カードの有効期限が切れているから」という理由から、自己判断で解約せずクレジットカードを処分するのは危険です。

特に有効期限が切れていないカードに関しては、不正利用のリスクがあったり、実は年会費が発生したり、忘れた頃に新しいクレジットカードが届いたりするので、カード会社に解約の連絡を入れることで、後々のトラブルが防止できます。

クレジットカードの有効期限が切れていて、有効期限を迎えても新しいクレジットカードが手元にない時は「自動解約」と「誰かの手に渡っている」の2パターンが考えられます。

やはりカード会社に連絡をして、解約になっているかどうか確認することをおすすめします。

またクレジットカード利用で貯まったポイントは、解約によって消失してしまうので、解約前に交換をしておきましょう。