クレジットカードと口座の名義は一致が原則、名義変更の手続き方法と別々でもOKなカードの特徴

Q&A

クレジットカードと通帳

クレジットカードの名義変更が必要なのは、結婚や離婚、養子縁組で自分の名字が変わる改名で自分の名前が変わる時です。

引き落とし口座とクレジットカードの名義変更にタイムラグがあると「無事に引き落としができるの?」と不安に思うかもしれません。

クレジットカードの利用代金を引き落とす際には「口座番号と名義を照会する」と「口座番号のみ照会する」の2パターンがあり、利用しているカード会社や金融機関によって異なります。

ほとんどの金融機関では旧姓と新姓を読み替えてもらえるので、問題なく引き落とされます。

ただし情報の更新が遅かったり、長期に渡って名義変更をしなかったりした場合は、名義の不一致で引き落としができない可能性があり、延滞としてカード会社から遅延損害金を請求される場合もあります。

またクレジットカードが旧姓なのに、新姓でやり取りをすると「不正利用」を疑われる原因になります。

そのため、普段から良く使っているクレジットカードについては、特に早い段階で名義変更することをおすすめします。

クレジットカードの名義と引き落とし口座の名義が異なっても良いのは以下のケースです。

  • 引き落とし口座に家族の口座を登録できるクレジットカードを持つ
  • 本会員が所有するクレジットカードで家族カードを発行する

(本会員とは「最初にクレジットカードを申し込んだ人」のことです)

今回の記事では「クレジットカードの名義変更の手続き」と「クレジットカートと引き落とし口座の名義人を別々にする方法」について紹介したいと思います。

名義変更手続きの流れ

結婚により名字が変わる場合のクレジットカードの名義変更の流れは以下の通りです。

結婚後のクレジットカード手続き

名字や名前が変わる → 運転免許証などの本人確認書類を更新する → 金融機関で口座の名義変更 → クレジットカードの名義変更

頻繁に変更になりやすい住所や電話番号、勤め先とは違い、名義変更は基本的に書面(カード諸変更届)でやり取りを行なうことが多いです。

カード会社からカード諸変更届を取り寄せるのに数日はかかるので、名字が変わる前にネットや電話で名義変更の連絡をしておくとスムーズです。

クレジットカードの諸変更届には「引き落とし口座」に関する記載事項もあるので、先に引き落とし口座の名義変更を済ませておきましょう。

金融機関の名義変更は、各金融機関の本支店に来店して手続きをすれば、すぐに完了します。

名義変更を含めたクレジットカードの各種変更手続きについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

他人の名義に変更はできない

ちなみに、クレジットカードの名義を自分以外の人に変更はできません。

例えば、夫名義のクレジットカードを妻名義に変更するのは無理です。

他の人に名義変更が可能だと「申込み者の信用情報を評価して、クレジットカードを発行する」という前提が成り立たなくなってしまいます。

「クレジットカードと引き落とし口座の名義を別々にしたい」、「家族で使っているクレジットカードの支払い先を夫の口座にしたい」というような場合は、以下の方法が考えられます。

  • 家族名義の口座を登録可能なクレジットカードを持つ
  • 家族カードを発行してもらう

家族名義の口座を登録可能なカードは非常に少ない

通帳とカード

クレジットカードの中には、家族名義の口座を支払い先に指定できる場合があります。

それが下記3枚のクレジットカードです。カードによって引き落とし口座として使える家族の条件が異なります。

  • セゾンカード:同姓の配偶者や親子
  • セディナカード:同姓同居の家族
  • エムアイカード:配偶者

過去には家族名義の口座に対応するクレジットカードが他にもありました(イオンカード、Yahoo!JAPANカード、「ビュー・スイカ」カードなど)が、次々と不可になっています。

上記で紹介したクレジットカードも、将来的には使えなくなる可能性が高いので、早めに申し込むことをおすすめします。

各カードの詳しい紹介は下記の記事をお読みください。

家族カードを利用するメリット・デメリット

クレジットカードとETCカード

クレジットカードによっては、本会員の家族向けに「家族カード」を発行している場合も多いです。

家族カードの名義人は、家族カードに刻印されている家族本人になり、家族カードの利用代金は、本会員名義の口座から引き落とされます。

引き落とし口座は本会員と家族会員で共通なので「自分名義のクレジットカードの引き落とし口座を、家族名義にしたい」場合は、家族カードの発行で充分に対応できます。

また家族カードは本会員の信用情報を基に発行されるので、家族の信用の有無は無関係です。

高校生を除く18歳以上の家族であれば、自分名義のクレジットカードが持てます。

そのため、以下のような諸事情で、自身の信用情報が厳しく、クレジットカードの申込みができない人でも家族カードならば大丈夫です。

  • 収入が一切ない専業主婦なので、クレジットカードの審査落ちが怖い
  • 金融事故を起こしてブラックリストに登録されており、クレジットカードが作れない

家族カードのカード番号、名義、セキュリティコードは、本会員カードとは別物です。

複数の家族カードを発行しても、カードの利用明細を見た時に「誰が何に使ったのか」は明確に分かります。

請求内容が明確になる分「家族に自分が何に使ったのかが知られてしまう」のがデメリットに挙げられます。

「家族(本会員)にバレずに、ネット通販で買い物がしたい」という場合は、Vプリカ(ネット利用専用)などのプリペイドカードの利用が向いています。

Vプリカに関しては、下記の記事も参考にどうぞ。

年会費無料の家族カードで余計な負担なし

リスク0

「家族のための買い物でクレジットカードを使いたいけど、夫名義のクレジットカードは使えないし…」という時は、家族カードの発行を頼んでみてください。

年会費無料のクレジットカードは、家族カードも無料で発行可能なことが多いです。

イオングループのお店でポイントアップや割引特典の多い「イオンカード」や、西友で毎日3%OFFの「ウォルマート セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」、利用者満足度No.1の「楽天カード」も、年会費永久無料で持てます。