クレジットカードで貯めたポイントは何と交換すればお得なのか

お得な活用術

交換

クレジットカードで貯めたポイントは何に使っていますか?

ポイント還元率の高いカードを使っていても、使いみちがなくてポイントを失効させてしまったり、どんな商品と交換するのが一番お得かわからないですよね。

貯めたポイントの使いみちは、大きく分けて4つあります。

基本的にはどのようなものと交換しても良いのですが、有効期限を迎えてしまって、ポイントを失効してしまうことだけは、避けたい所です。

ポイントの使いみちとして私がおすすめしたいのが、以下の順番で交換商品を選ぶ方法です。

  • 【最優先】有効期限が来る前に交換できるもの
  • 【優先度:高】あなた自身が日常で消費しやすいもの
  • 【優先度:低】交換レートの高いもの

まずはポイント失効を避ける、その次に使いやすさで選ぶ、そして最後に交換レートが高い商品を選択するのがおすすめです。

クレジットカードの請求に充当する

1ポイント1円に交換

もし、対象クレジットカードが毎月の請求金額にポイントを充当できるのであれば、個人的にはそれが一番使いやすくておすすめです。

クレジットカードの請求は毎月発生するので、本来の請求金額が1万円でも、貯めたポイントを充当することで、その月の支払いが8,000円になったらお得ですよね。

また「ポイントを使わなくては」という意識も働かないので、最も自然に、かつ高い交換レートで利用できる方法だと思います。

クレジットカードの請求にポイントが充当できるのは、以下のクレジットカードが挙げられます。

  • 三井住友カード
  • ジャックスカード
  • アメリカンエキスプレスカード
  • ポケットカード

三井住友カード:電子マネーiDの請求金額に充当

三井住友VISAクラシックカード

三井住友カードを利用すると、ワールドプレゼントポイントが貯まります。

三井住友カードでは、電子マネーiDの利用も可能なのですが、そのiDの請求金額をワールドプレゼントポイントから充当できます。

200ポイント=1,000円分から交換可能なので、普段から電子マネーiDを利用している人に向いています。

ジャックスカード系:ポイント値引き

REXカード

REXカードなどが該当します。

クレジットカードのポイント名称は各社別々なのですが、いずれもジャックスカードが展開している「Jデポ(Jデポジット)」と交換できます。

Jデポは、クレジットカードの請求時の値引きに適用されるポイントなので、使いみちに困りません。

アメックスカード系:ポイント値引き

AMEX

アメックスはメンバーシップ・リワードというポイントサービスを提供しています。

このポイントは、請求値引きに使えるのですが、還元率が非常に悪いです。

ただし、交換レートが上がる「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入に加えて、航空会社での利用で発生した金額に対しては、1ポイント=1円で消化できます。

実はこれが、アメックスのポイントを一番良いレートで消費する方法です。

ポケットカード系:請求時1%値引き

P-one Wiz

ポケットカードが発行するP-oneカードには、ポイントサービスではなく特典として「請求時1%値引き」というものがあります。

これが事実上のポイントサービスとなるのですが、P-one Wizは、それに加えてさらにポイントが貯まるため、ポイント高還元率のクレジットカードとしても知られています。

他社のポイントや電子マネーと交換する

ポイントとカード

多くのクレジットカードは、他社のポイントと相互交換が可能です。

交換レートは要チェックですが、以下のようなポイントや電子マネーなどは、1:1で交換できるケースがほとんどなので、損することはありません。

  • 楽天スーパーポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • ドコモ・auのポイント
  • nanaco・Edyなどの電子マネー

私はいつも、上記のような使い勝手の良い他社ポイントと交換して、貯めたポイントを消費しています。

クレジットカードによって、相性の良い交換先があります。

例えばJCBカードを使っている人は、電子マネーnanacoとの交換がおすすめです。

期間限定なのですが、定期的にnanacoへの交換レートがアップするキャンペーンが行われているからです。

その他、Okidokiポイントの交換先については、下記の記事も参考にどうぞ。

Tポイントは交換レートが悪い

Tポイント

一方で、ポイントサービスとしては有名な「Tポイント」との交換はおすすめできません。。

理由は不明ですが、Tポイントだけ交換レートが非常に悪いケースが目立ちます。

前述のP-one Wizは、請求時1%値引きに加えて、0.5%のポイントが貯まるのですが、これが1:1でTポイントと交換できるのでお得です。

また、最初からTポイント狙いの場合はYahoo!JAPANカードがおすすめです。Yahoo!はTポイントと強力なタッグを組んでおり、最大3%のTポイントが貯まります。

ギフト券との交換

ギフト券

JCBギフトカードや百貨店の商品券、または図書券などと交換するのも、クレジットカードのポイント消化方法としてはおすすめです。

これらのギフト券を利用する機会が多い方であれば、上記の他社ポイントと交換するよりも良いと思います。

逆に私などは、百貨店やJCBのギフト券を使う機会がほとんどないので、何年も引き出しの中に眠らせてしまうことも。。。

これらのギフト券と交換するメリットは2つです。

  • 有効期限がない
  • 最悪の場合、現金化することができる

まずは、商品券・ギフト券には原則として有効期限がないため、一度交換しておけば、私のように引き出しの中で眠らせていても、価値がなくなることはありません。

また、もしどうしても不要になった場合、こういったギフト券はネットオークションや金券ショップで買い取ってもらえるので、現金化の手段としても役立ちます。

現金化すると買取価格は95%程度になってしまうのですが、大黒屋みたいなところに持っていけば、すぐに現金と変えてくれます。

カタログギフト(商品)との交換

カタログ

満足度は一番高いのですが、交換レートがあまり良くないのがカタログギフトとの交換です。

交換商品として、食器や家電製品など、さまざまなアイテムがラインナップされています。

しかし、たいていの場合、カタログギフトは「定価扱い」なので、ポイントを使って交換してしまうと損をしてしまうことの方が多いです。

例えば、

クレジットカードのポイント → お目当ての掃除機

とするくらいなら

クレジットカードのポイント → 楽天スーパーポイント → 楽天でお目当ての掃除機を買う

とした方が安くなるということです。

「得する方法」という意味ではあまりお勧めできませんが、モノと交換するのは最も満足感が高いですよね。

下記の関連リンクでは、さらに詳しいポイント交換について説明しています。よろしければあわせてお読みください。