解約や更新後の古いクレジットカードはハサミで切らず処分せず持っていても大丈夫?

Q&A

クレジットカード処分

初めてのクレジットカードやアニメ・キャラ系のデザインカード、旧姓のクレジットカードなど「処分するのは抵抗がある」と思うクレジットカードは、破棄せずに持っていても、大丈夫です。

「解約や更新後の古いクレジットカードはハサミで切って処分する」というのは、あくまでもクレジットカードを処分する時の方法であって、ハサミを入れずに処分しないままでも問題はありません。

きちんと管理していれば処分しなくてもリスクはない

リスク0

複数の主要クレジットカード会社に質問をしてみましたが、全社とも同じような旨の回答でした。

A.そのままの状態で所有していると、不正利用など何かトラブルが起きるリスクはありますか?

Q.申込後、解約手続きが完了すれば、カードは利用できなくなるので、自分自身でしっかり保管してもらえばリスクはありません

カードを解約をすれば利用不可な状態になるので、解約後に不正利用されるリスクは低いのは当然のことです。

ただしイオンカードのように「解約申込後、1週間前後で手続きが完了する」など、解約申込みから完全にカード利用ができなくなるまでに時間がかかる場合もあります。

完了するまでに適当な管理をしていれば、誰かから不正利用される可能性は少なからず出てきます。

そもそもクレジットカード自体「個人情報のかたまり」です。1枚のクレジットカードから分かることを、ざっと挙げてみましたが、結構あることが分かります。

  • 氏名
  • カード裏面の署名(氏名の漢字、書き文字のクセ)
  • 次回の更新月(有効期限から割り出し)
  • 利用しているカード/カード会社
  • カード持ち主の特徴
  • よく行く可能性のある場所(特に店舗で優待が受けられるカードの場合)

カードを使った不正利用のリスクはなくても、1枚のカードから得られる情報は多いです。

あまり考えたくないことですが、万が一に備えて、新旧、期限切れ問わず、きちんと管理することが大切です。

一部のクレジットカードは返送が必要

郵便ポスト

ちなみに一部のクレジットカードは、解約時に返送が必要になります。

解約の申込後、返信用封筒が送られてくるので、ハサミでカードを切り、返送手続きを行ないます。

返送が必要なクレジットカードの一例

三井住友カード
PiTaPa(ピタパ)機能が付いているカード

三井UFJニコス
会員証と兼ねているクレジットカード

返送が必要なカードを持っている場合は、解約の申込み時にカード会社の電話オペレーターから説明を受けるので、説明通りに手続きをすればOKです。 

更新後の古いカードの取り扱いに注意

更新カード

有効期限が近くなったクレジットカードは、有効期限月の前月または当月中に、有効期限が更新された新しいクレジットカード(更新カード)が届きます。

新しいクレジットカードは、基本的にカード番号は同じ有効期限とカード裏面のセキュリティコードしか変わっていません。

その為、期限切れの古いカードを処分せずに持ち続ける時でも、カード情報を知られないようにする対策は必要不可欠です。

特に有効期限は自動更新の場合、古いカードのちょうど3年後や5年後になっていることが多いので、簡単に有効期限が割り出せます。

コラボデザインカードは更新で一般カードに切り替わることも

アニメやキャラなどコラボ系クレジットカードは、入会募集が終了すると、更新・再発行は通常デザインのクレジットカードに切り替わります。

更新カードと同じく、カードデザインは変わっても、カード番号は変わりません。

その為、例えば「クレジットカードを保護袋やアクリルスタンドに入れて部屋に飾る(誰にでも見られる状態にする)」というのはリスクが高いです。

他のクレジットカードと同じように、きちんと管理する必要があります。

ちなみにエポスカードとコラボしたクレジットカード(例:銀魂エポスカード、オトメイトエポスカード)は、入会特典にカードと同じデザインのレプリカカードが付くことが多いです。

万が一の事態を回避する為にも、レプリカカードを飾ったり、SNSに上げたりすることを強くおすすめします。

一方で三井住友カードのコラボクレジットカード(例:KING OF PRISM VISAカード、ガールズ&パンツァーマスターカードなど)は、レプリカカードがもらえません。

安心してクレジットカードを持つために必要なこと

クレジットカードソムリエのひとこと

古いクレジットカードを処分せずに持ち続けることは、一部返却が必要なカードを除き、問題ありません。

ただしカードは個人情報のかたまりなので、悪用されない為にも、使えるカードと同じようにきちんと管理をする必要があります。

  • 誰でも見れる、触れる所に置きっ放しにしない
  • カードの保管場所を決めておき、盗難や紛失があった場合にすぐに気付けるようにする
  • 保管場所は自分だけが知っている所にする

今も使えるクレジットカードとは違い、磁気や温度(高温)には注意を払わなくても良いです。

ちなみに会費や公共料金の引落しなど、定期的に引落しが行なわれているものに関しては、クレジットカードを解約しても同じカードに請求がいきます。

解約を検討しているクレジットカードに関しては、請求先のカード変更や引落しの停止手続きなど各種手続きを忘れずに行ないましょう。