クレジットカードの申し込み後に記入ミスが発覚! 間違えた場合は審査に通らない?

Q&A

入力ミス

クレジットカードに申し込んだ後、記入ミスに気付きました。

どのように対処すれば良いですか?

クレジットカードの申込みには、主に以下の情報の記入が求められます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 勤め先・年収
  • メールアドレス

申込み後、上記の項目の間違いに気付いた場合、すぐカード会社に連絡を入れます。

記入事項に不備が多いと審査落ちの大きな原因になります。

入力ミスに気付いたらカード会社に要連絡

カードデスク

クレジットカードの申込み後、入力ミスに気付いた時は、カード会社に連絡をします。

ネットから申込みをすると、登録したメールアドレス宛に、カード会社から「カードの申込の受付完了メール」が届きます。

メール本文には「受付番号」や「照会番号」、カード会社の問い合わせ用電話番号が記載されていると思います。

お問い合わせの受付時間内であれば、カード会社に「申込み時に間違えたので訂正をしたい」と連絡をいれましょう。

申込み完了メールが届かない時の対処法

メール通知

本来ならば申込み後、数分の内に来るはずの申込み完了メールが受信されない場合は、以下の理由が考えられます。

受信拒否設定をしている
「指定ドメイン以外のメールは受信しない」などの設定をしていると、カード会社からのメールが受け取れません。
メールソフトの設定を一度確認してみます。

迷惑メールフォルダに入っている
プロバイダによっては、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられていることがあります。

カード会社のメール送信に時間がかかっている
メールサーバーの問題で、メールが受信できていない
自分ではどうしようもできない部分なので、時間をおいて様子を見る必要があります。

そのどれにでも当てはまらない場合は、単純に申込み時に記入したメールアドレスが間違っている可能性が考えられます。カード会社に問い合わせてみることが解決への近道です。

提出の本人確認書類と違う場合は確認の連絡が入ることも

本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート)

クレジットカードを申し込む際には、氏名、生年月日、現住所が確認可能な本人確認書類の提出が求められます。

主な本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民票の写し
  • 健康保険証
  • パスポート

そのため、申込み時の記入事項と本人確認書類で、氏名、生年月日、現住所が違う場合は、カード会社から確認の連絡が入ることがあります。

そもそも住所が間違っていれば、審査に通過しても、クレジットカードが届きません。

ちなみに健康保険証やパスポートについては、自分で住所の記入が可能なため「現住所の確認に不適切」として、現住所が記載されている書類の提出を求められる場合もあります。

▼現住所の記載がある書類一例

  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、電話、NHKなど1枚)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税・地方税の領収書または納税証明書

また「単身赴任のため、免許証の住所と今住んでいる住所と違う」など、本人確認書類と申込み時に記入した住所が異なる場合にも同じ対応が求められます。

カード受け取り時に確認される場合も

クレジットカードによっては、申込みの際には本人確認書類の提出がなく、カードを受け取る際に運送業者のセールスドライバーに本人確認書類を提示して、申込み者と受取人が同一人物かを確認する場合もあります。

その際に申込み時の氏名や氏名、住所、生年月日と本人確認書類が一つでも違うと、カードは受け取れません。

入力ミスは審査落ちの原因になりやすい

クレジットカードの申込書

申込み書の内容不備は、審査に落ちる主な原因の一つです。

  • 本人確認書類と氏名や生年月日が違うので、第三者が申し込んでいる可能性がある
  • 電話番号が間違っていて、自宅や勤務先に電話が繋がらない(在籍確認ができない)

クレジットカードの審査では「信用」が重視されるので、上記のような状態で不備が多いと、審査で落とさざるを得ません。

また同じクレジットカードを複数発行することは基本的に不可です。
(クレジットカードによっては、カードブランド違いで同じカードを持つことは可能)

そのため「記入を間違った」と気付いても、2回申込みはしないでください。

重複して同じカードに申し込んだ場合は、後の申込みが自動的に取り消されるだけではなく、審査が厳しくなる原因にもなります。

2回申込みは全くメリットがないので「記載事項を間違えた」とわかった時点で、カード会社に連絡することを強くおすすめします。

その他、クレジットカードの審査に落ちる原因については、下記の記事でまとめています。よろしければ参考にどうぞ。