退職して専業主婦(無職)になる前にクレジットカードを作るべき理由

Q&A

主婦とクレジットカード

Q.将来的に勤めている職場を辞めて、退職後は専業主婦になる予定です。

「専業主婦になる前に、クレジットカードを作っておいた方が良い」という話を聞いたことがありますが、それはなぜでしょうか?

A.退職後、専業主婦になると、収入がほぼ0になることから「クレジットカードの申込みの際、審査に通過しにくい」という事情があります。

ただし専業主婦でも申込み可能なクレジットカードも多いです。

特にスーパーやコンビニ、百貨店など、主婦層をターゲットとするクレジットカードは申込みやすいです。

また夫がクレジットカードを持っていれば、家族カードを発行するという方法もあります。

収入がないと、申込時の審査で不利になりやすい

給料袋(収入0)

専業主婦は「働いていないので、収入がない」ことが一番のネックです。

クレジットカードは申込みの際に、カード会社が「この人にクレジットカードを発行して大丈夫かどうか」の審査を行ないます。

カード会社は利用者のカード利用代金を立て替えて、加盟店に支払い、後日、利用者に請求して、口座から利用代金を引落します。

そのため、毎月きちんと利用金額が返済されないと困ります。

収入がない人よりも、安定して収入を得ている人の方が、カード会社から「返済能力がある」と信用される情報が多い訳です。

そのため、専業主婦になる予定の人は、退職前「安定した収入がある内」にクレジットカードを申し込んだ方が、希望するクレジットカードを持ちやすいです。

また同じ主婦でも、アルバイトやパート、派遣社員で働いている「兼業主婦」であれば、収入を得ている分、審査に通りやすくなります。

退職後、以前の勤務先の情報を記載するのはNG

カードデスク

申込みの際に「勤め先の情報」の詳細記入を求められるクレジットカードもあります。

その時に、退職前の勤め先の情報を記載するのは虚偽の申告にあたり、利用規約違反になります。

また最近は減りましたが、審査過程で「申込み者が本当に勤務しているのか?」を調べる為に、勤務先に電話連絡がいく場合もあります。

カード会社が「○○さん、いらっしゃいますか?」と在籍確認をした時に「退職されています」と伝えられたら、その時点でアウトです。

そのような事情もあって、退職前にクレジットカードを申し込んだ方が、万が一の在籍確認も備えられます。

カード会社による在籍確認に関しては、下記の記事で詳しく紹介しているので、よろしければ合わせてお読みください。

未婚の無職よりも専業主婦の方が審査に通りやすい

買い物するカップル

自分には収入がなくても、以下のような場合は専業主婦でも審査に通りやすいです。

  • 夫に持続して安定した収入がある
  • 過去に同じカード会社のクレジットカードを利用しており利用実績がある

クレジットカードの申込み資格に「配偶者に安定的な収入がある」と記載があり、配偶者の情報を入力する項目があれば、夫の信用情報も利用できます。

そのため「家事を主に行なっている無職」でも、家事手伝い(未婚)よりも専業主婦(既婚)の方が、信用度が高いです。

また審査時には、今までクレジットカードやキャッシング、ローンを利用してきた履歴(クレジットヒストリー)も確認されます。

過去にクレジットカードを問題なく利用していた実績があれば、その点も考慮されます。

専業主婦でも申し込めるクレジットカードも多い

主婦と買い物

そもそも専業主婦や学生など、安定的な収入のない方でも申込みが可能なクレジットカードは意外と多いです。

特に専業主婦は家計管理をする立場にあることから、流通系のクレジットカード(スーパー、コンビニ、百貨店)は、審査に通りやすい傾向にあります。

申込みの条件に「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」と収入に関する記載がない場合は、専業主婦でも問題なく申し込めます。

クレジットカードによっては、公式サイトに「(専業)主婦でも申込み可能」と明記されており、審査基準が低いことが分かります。

専業主婦でも比較的に作りやすいクレジットカードを3枚、厳選してみました。選び方の参考になれば幸いです。

また申込時にキャッシング枠を「0円」に設定する(利用枠を低くする)と、審査にも有利になりやすいので、お金を借りる予定がなければ活用してみてください。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、数あるイオンカードの中でも最もお得なクレジットカードです(年会費は永年無料)。

「年会費無料のイオンカード+イオン銀行のキャッシュカード+電子マネーWAON+イオングループの優待カード」と、1枚で4役を兼ねています。

イオングループのお店で使うと毎日ポイント2倍、毎月20日30日+特別日のお客さま感謝デーはほとんど全品5%OFFなど、イオン系列店で買い物をする機会が多い人は、ぜひとも1枚持っておきたいカードです。

18歳以上で電話連絡ができる方ならば誰でも発行が可能&最短即日発行も受け付けているので、今すぐ優待を受けたい時にも助かります。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、年会費永久無料&有効期限なしの永久不滅ポイントが貯まる、クレディセゾンのプロパーカードです。

毎月5日と20日は、全国の西友やリヴィンで買い物すると、ほとんど全ての商品が5%OFFで購入できます。

結婚すると、夫名義のクレジットカードで何かと支払いをする機会が多いと思います。

自分名義のクレジットカードを利用が少ないと、ポイントが貯まりにくく、商品に交換できないまま有効期限を迎えてしまうこともあります。

セゾンカードインターナショナルは、ポイントが失効する心配がない「永久不滅ポイント」が付与されるので、じっくりポイントを貯めて、欲しい商品と交換できます。

更にセゾンカードは、本会員のクレジットカードでも、利用代金を配偶者の口座から引落しが可能です。

家族の生活に必要な買い物の引落し先を、一括してまとめられるのは、家計管理的にもかなり助かると思います。

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、会員数1,500万人(2018年1月時点)を突破した年会費無料クレジットカードの代表的な1枚です。

ポイント還元率は1%(100円ごとに1ポイント)と高く、楽天市場の買い物でポイント3倍の特典が受けられます。 

楽天カードの審査には「楽天市場での購入履歴」が深く関係しており、普段から楽天市場で買い物をしている人は、審査に通りやすいと言われます。

カードを申し込む際に「楽天会員の方」の項目を選ぶと、楽天で登録した情報の入力が省略できる他、審査に優位に働くというメリットもあります。

「どうしてもクレジットカードの審査に落ちる」という場合は、楽天市場で買い物をして、利用実績を積んでから申し込むことをおすすめします。

家族カードは審査に落ちる心配がほとんどない

家族カード

家族カードとは、本会員の家族に対して発行されるクレジットカードと同じサービスが利用できるカードのことです。

本会員の信用情報を元に発行されるので、家族カードを持つ人の信用情報は関係ありません。

家族会員の入会条件は、クレジットカードによって微妙に違いがありますが、主に以下の該当する人であれば、問題なく発行されます。

  • 本人会員と生計を共にしている同姓の配偶者・両親・子ども
  • 高校生を除く18歳以上の方

生計を共にしているとは「生活の財布を共有している」という意味で、必ずしも同居が条件になりません。

例えば「単身赴任で家族とは別々に生活している」や「進学で一人暮らしをしている子どもに生活費を仕送りしている」場合は、同一生計と見なされます。

一方で稀に、家族カードの審査に落ちることもあります。理由としては、主に2通りの原因が考えられます。

  • 本会員の利用履歴が悪かったり、利用規約違反が見つかったりしている
  • 家族カードの申込者が、過去に同じカード会社のクレジットカードで延滞や強制解約をしている

口座を別々に分けるのは難しい

クレジットカードと通帳

家族カードで支払った分は、本会員の利用代金と併せて本会員の口座から一括で引き落とされます。

そのため「妻名義の家族カードの利用代金は、妻の口座から引き落とす」ような設定は基本的にできません。

一部クレジットカードでは、家族カードの引落し口座を家族会員名義の口座に指定可能なものもあります。

ただし三井住友VISAゴールドカードや三井住友VISAゴールドカードなど上位カードに限定されているので、一般カードでは、まず無理です。

詳しくは下記の記事で解説しているので、よろしければ合わせてお読みください。

ちなみに本会員の利用代金を、家族の口座から引落し可能なクレジットカードは、かなり少ないですが存在します。

「夫のクレジットカードには家族カードがない」という時も活用できるので、検討する価値は高いと思います。