プラチナとブラックは何が違う?最上位クレジットカードの比較

ブラックカード

ステータス性の高いカードとして、ゴールドカードはよく知られています。しかし、世の中にはプラチナ・ブラックという、さらに上位のクレジットカードが存在します。

いずれも手に入れることが困難な、限られた人だけが持てるプレミアムカードです。しかし、両者の違いについてはあまり知られていません。

今回はプラチナカードとブラックカードの違いについて、わかったことをまとめます。

プラチナカードとブラックカードの違い

ブラックカードの方が上位である

すでに多くの方はご存知だと思いますが、プラチナカードよりもブラックカードの方がランクは上です。業界では、「一般 → ゴールド → プラチナ → ブラック」の順にグレードが上がります。

上位ランクのカードほど、取得難易度が上がります。つまり、選ばれた人だけしか持つことができないため、希少価値が高いクレジットカードとなります。もちろん、特典も上位にいくほど拡充されますが、それに伴って年会費も上がるのが普通です。

クレジットカードのステータスランキングはこちらです。
プラチナカードのステータスランキング

プラチナカードが最上位であるケースも

すべてのカード会社がブラックカードを発行しているわけではありません。

カード会社によっては、プラチナカードが最上位ランクになることもよくあります。例えば、三井住友プラチナカードや、セゾンプラチナアメックスは、同社の中で最も上位に位置するカードです。

それとは逆に、プラチナカードを発行せずにブラックカードのみを扱うカード会社もあります。順番で言うと、「一般 → ゴールド → ブラック」の3ランクのみの扱いです。

代表的なのは、JCBザ・クラスです。JCBカードには、プラチナカードが存在しません。(法人向けカードにはプラチナカードがあります)

JCBの最上位となるザ・クラスを、プラチナと言うのか、ブラックというのかは人それぞれなのですが、券面(カードデザイン)が黒を基調としていることから、ザ・クラスはJCBのブラックカードと呼ばれることが多いです。

また、楽天カードも同様に、プラチナカードがありません。ゴールドの上は、楽天ブラックカードとなります。しかし、券面に「Platinum」と記載されており、その特典内容もプラチナと同等と言われています。

どちらもレアなクレジットカードであることは間違いないのですが、その境目は明確に定義されていないのが現状です。

また、ANAプラチナカードは選択するカードブランドによっても、年会費や特典に差があります。詳細は「コスパ激高!3枚のANAプラチナカード比較ランキング」をご覧ください。

両者の差は極めて大きい

一方で、アメリカン・エキスプレス・カードのように、「一般 → ゴールド → プラチナ → ブラック」と、4つのカードがラインナップされている会社もあります。

このような会社では大抵、プラチナとブラックの差は極めて大きくなっています。例えば、アメックスの場合、プラチナの年会費は13万円+税なのですが、ブラックカードは驚異の35万円+税となっています。

年会費の差も大きいのですが、取得難易度も尋常ではありません。プラチナカードは高年収な一般企業に務める社員でも取得可能ですが、ブラックカードは社長や芸能人クラスなど、社会的地位の高い人だけが持つことができるようです。

もしあなたが普通の人であれば、プラチナカードは十分目指す価値がありますが、ブラックカードを目ざすことは、諦めた方が賢明かもしれません。

利用限度額が無制限

カード会社の公式サイトなどを見ると、プラチナカードは一般公開されているケースが多いです。取得条件こそ非公開で、インビテーション(招待制)が必要となることも多いのですが、存在自体は多くのカード会社が認めています。

また、利用限度額もさまざまで、例えば三井住友プラチナカードの場合は、最低利用限度額は300万円となっています。

一方で、ブラックカードはその存在自体がベールに包まれています。クレジットカード会社の公式サイトを見ても、おおやけにその存在を公開しているところは、ほとんどありません。(楽天ブラックカードなどは普通に公開してますが・・・)

利用限度額も噂では「無制限」と言われています。しかしこれはあくまでも噂に過ぎず、調べてみると、ブラックカードでは各個人に対して個別の限度枠が設定されているようです。

例えば、利用制限に引っかかっても、サポートデスクに電話をして、利用用途を伝えれば、金額が大きくても決済OKとなると言った具合です。ブラックカードに限らず、アメックスカードはこのパータンが多いです。

いかがでしたか

簡単には手に入らないからこそ欲しくなる。
詳細がわからないからこそ知りたくなる。

そう思わせてくれるのが、プラチナ・ブラックの両カードの良さだと思います。そして、それが欲しいからこそ、カードを積極的に使うし、年収を上げるために仕事に打ち込むモチベーションになる。カード会社の思うツボとも言えますが、それもまた良いでしょう。

当サイトではこれからも、プラチナカードについての情報や噂を随時、お伝えしていきたいと思います。

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ