プラチナカードの入手方法まとめ!サラリーマンでも審査は通過できる?

サラリーマン

プラチナカードの年会費を見て驚く人もいれば、「なんとか払えそうだ」という人もいると思います。

プラチナカードの年会費は平均5万円程度だと思われますが、実はこれって月額換算すると4,000円程度なんですよね。スポーツジムの月会費よりも安いわけで、実はそれほど高額というわけでもないのです。

ただ、年会費は払えても審査に通過できるかどうかは別問題で、プラチナカードの中にはインビテーション(カード会社からの招待状)がなければ入手できないものも少なくありません。

プラチナカードの審査や申し込み条件を比較

今回は、カード会社が公開している「プラチナカードの申込条件」をまとめます。調べてみると、一般的な平社員のサラリーマンの人で、十分取得できる可能性のあるプラチナカードは存在するものです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

誰でも持ちやすいプラチナカード」として人気のMUFG最上位カードです。

申込条件は以下のとおり。

原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生を除く)
家族会員お申込対象:本会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18才以上)の方。

さすがに学生は持つことができませんが、安定収入がある社会人の方であれば20代でも狙えるプラチナカードです。

年会費は2万円+税なのですが、特典は他のカードに負けず劣らずなのでコストパーフォーマンスは非常に高いです。

SBIプラチナカード

SBIプラチナカード

MUFGプラチナと同じく、年会費2万円+税で使えるのがSBIプラチナカードです。

以前はポイント還元率の高いプラチナカードとして知られていたのですが、ポイント還元の仕組みが見直されてからは以前ほどの利用メリットがなくなった印象。

プラチナカードには「プライオリティパス無料取得」という特典が付与されるケースが多いのですが、SBIプラチナカードで採用されているのは、「ラウンジ・キー(LoungeKey)」という空港ラウンジプログラムです。

利用できるラウンジの数はプライオリティパスに劣るものの、これでも十分、海外での空港ラウンジめぐりが楽しめると思います。

SBIプラチナカードは直接申し込みが可能ですが、審査難易度が高いというのがもっぱらの噂です。ただし、公式サイトに明記されている条件によると、申込条件は緩いです。

20歳以上で、収入のある方
※学生の方のお申込みはお断りさせていただいております。

また、カードブランドはMasterCardのみとなっています。

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカード

三井住友カードはVISAとMasterCardのプラチナカードを発行しています。カードデザインが「ゴールド」「シルバー」の2つから選択できます。

プラチナカードとしては一般的なサービスをすべて提供しており、ベンチマークとなりえる一枚ですが、三井住友プラチナカードならではの特典として、USJ関連の特典があります。

直接申込はできるものの、審査条件に年齢制限が加えられています。学生の方はもちろん、20代の方だと入手するのは難しそうです。

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友プラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。

また、年会費は5万円+税と上記で紹介した2枚と比べて2倍以上のお値段となっています。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANAカードの最上位となるANA VISAプラチナ プレミアムカードも直接申込ができます。ただし、年会費は80,000円+税とかなり高めです。(JCB版でも7万円+税)

ボーナスマイルが付与されるため、実質的なポイント還元率は1.5%と以上と、ポイント高還元のプラチナカードとなっているのが特徴です。

また、ANA VISAプラチナ プレミアムカードは「三井住友カード」が取り扱っていることもあり、VISAプラチナの基本的なサービスもすべて兼ね備えています。

審査については、カードブランドがJCBとなっている「ANA JCB カードプレミアム」も同様に、下記の申込条件で統一されています。

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※ANA VISAプラチナ プレミアムカード独自の審査基準により発行させていただきます。

お得なカードであることは間違いないのですが、年齢制限があり、かつ年会費も高いという入手ハードルの高いプラチナカードです。

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカード

SuMi TRUST CLUB プラチナカードは「旧シティカード」です。シティカードが日本から撤退したことに伴い、三井住友信託銀行グループの「三井住友トラストクラブ」のクレジットカードとして展開しています。

審査については、公式サイトにこのように明記されています。

入会に際してSuMi TRUST CLUB プラチナカード所定の審査があります。

詳細な審査結果は申し込んでみるまでわかりませんが、当サイトが独自に調査したところ「25歳以上」「年収400万円以上」が申込の基準ラインとなっていることがわかっています。

少なくとも「年齢」と「年収」を審査する上で重視していることは間違いないので、収入条件が加わる分、取得難易度は高いと言えますね。

カードブランドはVISAのみ。年会費は35,000円+税となっており、プラチナカードの中では比較的低めのお値段です。

インビテーションが必要なカードも多い

その他にもプラチナカードは存在します。

しかし、入手方法が限られているため一般の方は簡単に手に入れることができません。

エポスプラチナカード
インビテーションが必要。

アメックス・プラチナカード
インビテーションが必要。

セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード
インビテーションが必要。(ちなみにビジネスカードは直接申込可能だが、経営者や個人事業主向け)

レクサスカード・ポルシェカード
自動車のオーナーのみが取得可能

カード会社からのインビテーション(招待状)を受け取るには、まずはゴールドカードを入手し、使い続けて実績を積むしか方法はありません。

もっとも、最近は直接申込ができるプラチナカードも増えています。審査条件も緩和されているので、申込条件を満たしているのであれば、とりあえず申込して審査を受けてみるのも良い方法だと思います。

WEB申込なら最短3営業日で発行

ページトップ