プラチナカードの年会費の元は取れる?取得する価値があるのか計算した結果

計算

プラチナカードを持っていると確かにカッコイイです。

憧れのプラチナカードを持ちたいけど、どうしても年会費がかかることに抵抗感を感じるという人は少なくありません。

しかし、もしプラチナカードに年会費以上の価値があったしたら、年会費を払うことに対しても納得できますよね。そこで、今回はプラチナカードを使うことで年会費の元が取れるのか、計算してみました。

プラチナカードで年会費の元は取れるのか

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス

今回使うのは、三菱UFJニコスが発行する最上位カード「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス」です。

年会費2万円+税という持ちやすいプラチナカードなのですが、特典はしっかりと充実していることから、人気のある券種です。

また、審査も良心的で年収や職業に関係なく、誰でも審査に通る可能性を秘めています。ちなみに、申し込み条件は「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生不可)」なので、一般的な社会人の方であればOKです。

ここでは、モデルケースとして「年間100万円を使った場合」を考えてみます。

携帯電話の通信費や光熱費など、日常の買い物に使うと年間でこれくらいの金額をカードで支払うのは難しいことではありません。月割すると、月間8.3万円ぐらいです。

ポイント還元率で元を取る

ポイント

クレジットカードを使う時に気にかけたいのがポイント還元率です。

基本的には、上位ランクのカードほどポイント還元率には力を入れないのですが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスはポイント獲得がしやすいプラチナカードとして有名です。

三菱UFJニコスが展開している「グローバルポイント」は1ポイント=5円相当の価値があります。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスの場合、基本ポイントが1,000円ごとに1ポイントなので、ポイント還元率は実質0.5%です。

仮に年間100万円を使った場合、1年で貯まるポイントは5,000ポイントです。

基本ポイントだけでも、年会費の4分の1をカバーできます。

さらに、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスではポイントがアップする下記の特典があります。

初年度は国内利用でポイント1.5倍
つまり、年間100万円を使った場合、初年度に付与されるポイントは7,500ポイントとなります。

海外での利用はいつでもポイント2倍
海外での利用で年間10万円使うとして、基本ポイントを差し引いて500ポイント加算。

毎年、誕生月はポイント2倍
誕生月に大きな買い物(10万円)をするとして、基本ポイントを差し引いて500ポイント加算。

年間100万円以上の利用で翌年1年の基本ポイントが50%アップ
上記で「初年度はポイント1.5倍」と紹介しましたが、実は年間100万円を使っている場合、翌年以降もずっとポイントは1.5倍になります。(※年間50万円~100万円未満の場合は翌年1年のポイントアップ率は20%)

このように考えると、毎年100万円の買い物をしている場合、年間8,500ポイント程度は獲得できると思います。

また、三菱UFJニコスの一部のカードでは「プレミアムスタープログラム」が提供されています。この特典は、長期利用者向けの特典という位置づけです。

「年会費を払う」または「年間50万円以上使う」のいずれかの条件を満たすと、スターが1つもらえます。1年間に獲得できるスターは最大2つです。

このスターが5つ貯まると「ファイブスターメンバー」に昇格し、クレジットカードの利用金額に応じて年間ボーナスポイントがもらえます。

つまり、年会費さえ払っていれば5年で、最短で3年でファイブスターメンバーに昇格できます。ファイブスターメンバーになると、下記の条件で毎年ボーナスが付与されます。

前年1年間の利用金額が100万円以上
前年1年間で付与した基本ポイントの20%を年間ボーナスとして還元。

前年1年間の利用金額が50万円以上100万円未満
前年1年間で付与した基本ポイントの10%を年間ボーナスとして還元。

クレジットカードを年間100万円を使っている場合、3年でファイブスターメンバーに昇格するので、4年目から上記のボーナスが受けられます。

年間100万円の利用でもらえる基本ポイントは5,000ポイントなので、ボーナス分が1,000ポイント加算されます。

すべてトータルすると、年間9,500ポイント程度が貯まり、年会費の半額ぐらいはポイントでカバーできる計算です。

プライオリティパスだけでも年会費の元は取れる

空港ラウンジ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスをはじめ、多くのプラチナカードでは「プライオリティパス」に無料登録できる特典を提供しています。

プライオリティパスとは、世界中の空港に設置されている空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

海外の空港ラウンジは軽食やアルコールが無料で提供されることも多く、私も海外旅行のついでに必ず足を運ぶようにしています。それくらい、行くと満足感が得られる場所です。

この、プライオリティパスですが、本来は年会費399ドルが必要なサービスです。

これを年会費無料で登録できるので、実質的にはプライオリティパスが使えるというだけで年会費の元が取れる計算になります。

最も、海外旅行にバンバン行く人ほどプライオリティパスの価値は高くなりますが、年1回程度の海外旅行の場合、本来なら発生するであろう空港ラウンジの利用料「2,000円~5,000円」程度の価値があると見積もっておくのが妥当かと思います。

部屋や料理がアップグレードされまくる優待

ホテル

私自身、日常的にプラチナカードを使っているのですが、私が年会費以上に価値があると思えるのは、金額には表せられない数多くの優待プログラムです。

プラチナカードには、数多くの優待特典があります。

スーペリア・エキスペリエンス
国内・海外のホテル・飛行機・レストランなどで値引きや部屋・座席・コース料理のアップグレードが受けられる。

プラチナグルメセクション
提携店のコース料理を2名分予約すると1名分が無料になる、「実質半額」でコース料理が楽しめる特典。

アメリカン・エキスプレス・コネクト
アメックスが提携する全国・世界のホテルやレストランでの優待

これらの優待特典は本当に数が多いので自分で把握しきれません。しかし、ここで活躍するのが24時間対応のプラチナコンシェルジュデスクです。

プラチナカードには、専任のコンシェルジュに24時間いつでも電話ができるサービスがあります。利用は無料です。

コンシェルジュに、旅行先で評判のレストランやホテルはないか?北海道で優待が使えるレストランは?など、要望や予算を伝えるだけで、すぐに最適な特典を紹介してくれます。

旅行に行くとホテルの部屋がアップグレードされ、レストランに行くとコース料理がアップグレードされる。こういった「VIP扱い」を受けられるのがプラチナカードの良いところです。

優待特典は本当に価値が高いと、私自身も感じていますし、知り合いのプラチナカードホルダーも同じように言っています。

これらの特典は、使わない人にとっては価値がないが、使う人にとっては何十万円、何百万円の価値があります。

まとめると

プラチナカードの中では年会費が低く設定されている「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス」の場合、

・ポイントだけで年会費の元を取るには、よほど使い込まなければ難しい。ただし年間100万円の利用で、年会費の半額程度は回収できる

・プライオリティパスの価値は、海外旅行に行く回数次第。海外に行くことが多いならこれだけでも年会費の元は取れるし、全く海外に行かない人にとっては価値がない。

・プラチナカードの優待特典は、使えば使うほどお得。年間1回~2回程度、コース料理や提携ホテルに宿泊するだけでも、年会費を十分に上回る価値が見込める。逆に、そういった場所をまったく利用する予定がないと、価値を見いだせない。

特典を全く使わない場合は、お得とは言えませんが、特典を積極的に活用する人にとっては、年会費の何十倍にも価値を高められる、これがすべてのプラチナカードに共通する特徴だと思います。

お申込みはこちら

ページトップ