プラチナカードは年収いくらから取得可能?な疑問について答えてみる

考える

プラチナカードを取得したいと思った時、真っ先に考えることが「自分の年収で大丈夫だろうか?」という審査面に関することだと思います。

調べてみると、プラチナカードの審査は決して年収だけで判断されているわけではありません。しかし、やはりいくらぐらいの年収があればプラチナカードを持てるのか、気になる方も多いと思います。

クレジットカードの種類によっても異なりますが、おおよそ平均所得よりも上の「年収500万円~600万円」くらいが、プラチナカードの顧客層になります。

審査基準は各社さまざま

クレジットカードの審査はおおやけに公開されていません。ただ、利用者の口コミなどを元に、およその審査基準を判断することができます。参考程度に紹介します。

SuMi TRUST CLUBは600万円程度

SuMi TRUST CLUB プラチナカードの取得に必要な年収は、およそ600万円程度だと思われます。

その根拠は、「朗報!ブラックカードは無理でもプラチナカードなら狙える理由」にて紹介したのですが、SuMi TRUST CLUB ゴールドカードの取得条件が「25歳以上、年収400万円以上」だからです。

プラチナカードは当然、ゴールドカードよりも条件が上がりますので、妥当な数字として「30歳以上、年収600万円以上」という数字が浮かび上がってきます。

年収など明確な取得条件は定められていないものの、ANA JCB カードプレミアムは、「満30歳以上で安定継続収入がある人」が条件となります。三井住友プラチナカードも同じく、原則として満30歳以上であることが取得の条件です。

このことから、プラチナカードは原則30歳以上の人が持つクレジットカードだとわかります。

次に年収の部分。こちらは、国税庁の調査から平均所得を調べるとわかります。平成22年の30代前半の男性の平均年収は432万円、30代後半になると505万円です。プラチナカードは限られた人が持てるクレジットカードですから、平均年収を上回る「年収600万円以上」という予測は、妥当なところではないかと思います。

こうした理由から、SuMi TRUST CLUB プラチナカードの取得条件として、「30歳以上、年収600万円以上」が見えてきます。

定番の三井住友プラチナカード

クレジットカードの定番とも呼べる人気カード、三井住友カードの最上位クラスとなるのが、「三井住友プラチナカード」です。

取得条件は公開されているものの「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」というあやふやなもの。。。明確な年収は定められていません。

しかし、「審査基準を調査!三井住友プラチナカードは年収いくらで取得できるか」の記事で調査した結果、「年収500万円で持つのは厳しい」と予測できます。

根拠としては、三井住友プラチナカードの利用限度額は最低300万円だからです。カードを発行した時点で、その人に対して300万円以上の与信が与えられることになります。

しかし、年収500万円の人に300万円の利用枠を与えるのはちょっと厳しいように思います。たった1ヶ月で年収の半分以上をクレジットカードで使われてしまったら、「本当に払えるの?」と誰もが疑問に思う水準ですよね。。

もちろん、審査は年収だけがすべてではありません。継続的な利用実績を積めば、年収500万円以下の人でも、十分可能性はあると思います。

20代でもOKのSBIプラチナカード

一方で、20代でも申込OKのプラチナカードもあります。それが、SBIプラチナカードです。年会費が2万円+税であることや、マスタカードのプラチナであることから、希少性が高いです。

また、ポイント還元率が高いので、コストパフォーマンスに優れた一枚としても人気です。

SBIプラチナカードの申し込み条件は「20歳以上の方で、収入のある方」となっており、30代に満たない方でも持つことが可能です。また、インビテーション(招待)がなくても、直接申し込めます。

ただし、SBIカードは総じて審査が厳しいと言われています。こちらも、独自の審査基準があるのでしょう。

今日のまとめ

クレジットカードの審査は決して年収だけでは決まりません。しかし、プラチナカードは限られた人だけが持てる特別なカードであることは事実です。

そう考えると、「しっかりとした大人」であり、「平均以上の年収」を得ている人が、利用対象者として想定されます。よって、さまざまな予測を元に考えて見ると、「30歳以上、年収600万円以上」という数字が見えてきます。

個人的には、プラチナカードの条件を満たすよりも、利用実績を積み上げてインビテーションを受け取るのが最も近道だと思います。まずは、ゴールドカードを取得し、徹底的に使い倒すことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです

インビテーション不要のプラチナカード
年会費の安いプラチナカード
クレジットカード広場