プラチナカードの保有者は全体のたった1.4%であることが判明

プラチナカードの保有率

2013年8月7日のゆかしメディアに、プラチナカードに関するニュースが取り上げられています。

内容は、アメックスプラチナカードの値上げについてです。アメックスプラチナは2013年より、従来の年会費10万円+税から3万円の値上げをおこない、13万円+税になりました。

プラチナカードの中でも、ステータス性、特典、年会費ともに最高ランクのカードとなりましたが、実は年会費の値上げをきっかけに「家族に退会を迫られている」サラリーマンが多いのだとか。

アメックスセンチュリオン(ブラックカード)は芸能人や有名人など、本当に限られた人しか持てない幻のクレジットカードですが、プラチナカードはそうではなく、意外と年収1,000万円程度の高所得者の一般サラリーマンホルダーも少なくないようです。

年収1,000万円と聞けば驚きですが、やっぱり3万円の負担増は厳しいもの。だから、値上げをきっかけに家族から退会を迫られているんですね。

プラチナカードを持つ人は全体の1.4%

2011年のデータとなりますた、楽天リサーチが行ったクレジットカードに関する調査において、カードを保有している人全体の何パーセントがプラチナカードを持っているのか、判明しています。

メインカードの保有では、

  • 一般カード:87.0%
  • ゴールドカード:11.3%
  • プラチナカード:1.4%

という結果となり、プラチナカードを持っている人は全体の1.4%となりました。ゴールドカードの保有率は11.3%、つまり10人に1人の割合で持っていると考えると、あながち間違いではないと思います。

同様に、プラチナカードを持っている人は100人に1人か2人程度だということです。

しかし、10年以上持ち続けている比率は

  • 一般カード:18.6%
  • ゴールドカード:33.6%
  • プラチナカード:42.9%

となっており、上位カードになるほど10年選手が多いことがわかります。一般カードを持っている人は他のお得なカードに浮気しがちですが、ゴールドやプラチナカードなど、所有感のあるカードはやはりなかなか手放さず、使い続ける人が多いということだと思います。

使いこなすのは難しい

アメックスカードは、主に旅行、特に海外旅行に強いクレジットカードとして有名です。
家庭を持ち、子どもができると海外旅行に出かける機会も減ってしまい、アメックスカードを活用するシーンも少なくなります。

逆に、日用品などが買える楽天がお得に利用できる楽天カードを使う機会が増え、主婦の方からは退会するように。という意見が旦那に飛ぶわけです。

値上げによる特典の追加

アメックスプラチナカードは、ただ値上げしただけでなく、しっかりと特典の追加も行われています。

  • 提携高級ホテルグループの上級会員資格
  • 提携高級ホテルでの無料宿泊
  • 加盟航空会社を利用する際の優待
  • 料理店で会員限定コースを2人以上で注文すると、1名分が無料に

これだけの特典追加があれば、31,500円は納得できそうな気もしますが、やはり「高級ホテル」、「高級料亭」の利用がメインとなるため、使いこなせる人でなければ、年会費以上の満足は得られないということなのでしょう。

もっとも、ゆかしメディアのプラチナ保有者インタビューでは、「見栄の道具という要素も大きい」と答えている人もいるので、価値観はひとそれぞれということです。

今回の記事はこちらを参考にしました。

■年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ会費値上げ
http://media.yucasee.jp/posts/index/13590/1

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ