平和堂やフレンドマートで必須のHOPカード、支払いはHOPマネー、VISAカード、楽天Edyで何がお得?

B! pocket

平和堂で支払い

平和堂は滋賀県で圧倒的なシェアを誇り、近畿・北陸・東海地方で展開する総合スーパーの企業です。

平和堂、アル・プラザ、フレンドマート、エール各店で使える支払い方法は、以下のとおりです。

平和堂で使える支払い方法

平和堂の支払い方法

ポイントカード
HOPカード
電子マネー
HOPマネー、楽天Edy、iD、QUICPay
クレジットカード
VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
デビットカード
VISA、Mastercard、JCB
商品券
平和堂の商品券、各種信販会社のギフト券(例:JCBギフトカード、VJAギフトカード)、ビール券など

大手スーパーのなかでも、使えるキャッシュレス決済は少なめです。

たとえば、交通系マネー(SuicaやICOCA)や、コード決済(PayPayやLINE Pay)は使えません。

平和堂は自社で展開するHOPカードを優遇しており、ほかの支払い方法ではあまり旨味を得られません。

3種類あるHOPカードの共通点

HOPカード

HOPカードには「HOPポイントカード」、「HOP-VISAカード」、「HOP-Edyカード」の3種類あります。

各HOPカード共通の優待特典は、以下のようになっています。

HOPカードの優待特典

HOPカードの共通点

  • 100円ごとに1ポイントが貯まる
  • 対象商品が会員価格(割引)になる
  • 月末の土日など特定日にポイント3倍にアップ
  • おいしいお水の無料サービス
  • 対象施設での優待特典

スーパー系のポイントカードのなかでも、HOPカードの100円ごとに1ポイント付与(ポイント還元率1%)は、ポイントがかなり貯まりやすいです。

そのため、平和堂グループのお店での買い物にはHOPカードが必須です。

実際に買い物客のお会計の様子を見ていると「HOPカードの提示+現金払い」が圧倒的に多いです。

HOPポイントが貯まるのは、

  • HOPカード提示+現金または平和堂商品券で支払う
  • HOPマネーやHOP-Edy、HOP-VISA、HOP-iDで支払う

という場合です。

ほかの支払い方法(例:HOPカード提示+他社クレジットカード払い)ではHOPポイントが貯まりません。

もちろん現金払いでも損はありませんが、HOPマネーやHOP-VISAカードを活用すれば、さらに多くのポイントを獲得できます。

今回はHOPカードを持っているけれど、HOPマネーやHOP-VISAカードは使ったことがない人向けに、便利でお得な活用法をまとめました。

HOPマネー:特定日にチャージ&火曜に利用でポイントGET

HOPマネー

HOPマネーの特徴
  • 平和堂グループで使えるプリペイド型電子マネー
  • 毎週火曜日はHOPマネー支払いでポイント1.5%還元
  • 毎月15・16・25・26日にチャージでポイント付与

HOPマネーは、HOPポイントカードとHOP-VISAカードに付帯するプリペイド型電子マネーです。

手元のHOPカードやHOP-VISAカードの右上に「HOP MONEY」とあれば、HOPマネーが使えます。

HOPマネー機能のないHOPカードをお持ちの方は、各店のサービスカウンターで切り替えができます(切り替え手数料は無料)。

レジや店内の専用チャージ機で入金すると、平和堂グループのお買い物の支払いに使えます。

▼HOPマネーチャージ機

HOPマネーのチャージ機

チャージ上限額は10万円(1回あたりのチャージ上限額は4.9万円)と高く、大きな買い物にも活用できます。

毎月15・16・25・26日は、現金・ポイントチャージ1万円ごとに50ポイントが貯まります。

たとえば、平和堂で毎月2万円買い物をする方は、上記の日にHOPマネーへ2万円をチャージすると、100円分お得になります。

一方で、上記の日以外にチャージをしても、HOPポイントはいっさい貯まりません。

「年金支給日(偶数月の15日)や、一般的な給料日にチャージでポイントが貯まる」と覚えておきましょう。

HOPマネーの支払いが最もお得になるのが、毎週火曜日です。

通常、100円ごとに1ポイントのところ、さらに200円ごとに1ポイントが上乗せされます(ポイント還元率は1.5%にアップ)。

  • 毎週火曜日:100円ごとに1ポイント+200円ごとに1ポイント(ポイント1.5%還元)
  • それ以外の日:100円ごとに1ポイント(ポイント1%還元)

HOPカードの提示+現金払いでも100円ごとに1ポイントが貯まりますが、毎週火曜日はHOPカードで支払わないと損です。

たとえば、とある火曜日の買い物金額が3,000円だった場合、HOPマネー支払いとHOPカード+現金払いでは、貯まるポイント数に差が出ます。

  • HOPマネー支払い:45ポイント
  • HOPカードの提示+現金払い:30ポイント

たった15ポイント差、とも思うかもしれませんが、毎週火曜日に3,000円分の買い物をHOPマネーで支払えば、1年間で780ポイントもお得です。

HOPマネーの登場でEdyカードの利用価値は低下

HOP-Edyカードの特徴
  • 楽天Edy一体型のHOPカード
  • カード発行手数料は300円
  • 100円で1HOPポイントが貯まる
  • HOPマネーは使えない

HOP-Edyカードは、プリペイド型電子マネー楽天Edyが付帯したHOPカードです。

HOPマネーと同じように、平和堂グループでの買い物で100円ごとに1HOPポイントが付与されます。

HOP-EdyカードにはHOPマネー機能がついておらず、楽天Edyのみ使えます。

通常の楽天Edyと比べても、HOP-Edyはポイントが貯まりやすいのがメリットです。

  • HOP-Edy:100円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
  • 一般的な楽天Edy:200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)

平和堂の支払いには楽天Edyが使えますが、HOP-EdyカードとEdy-楽天ポイントカードはまったく別物なので注意してください。

HOP-Edyカード
楽天ポイント加盟店で利用しても、楽天スーパーポイントは貯まらない
Edy-楽天ポイントカード
平和堂で利用しても、HOPポイントは貯まらない。HOPカード会員特典もなし

平和堂で楽天Edyを利用する際はHOP-Edyカード一択です。

HOPマネーと楽天Edyを比較

HOPマネーと楽天Edyともに、平和堂グループで使えるプリペイド型電子マネーですが、お得度はHOPマネーのほうが高いです。

HOPマネー 楽天Edy
カード発行手数料 無料(再発行時は100円) 300円(再発行時は300円)
ポイント付与 100円ごとに1ポイント 100円ごとに1ポイント
ポイントアップデー 毎週火曜日は200円ごとに1ポイント なし
チャージ上限額 10万円 5万円
チャージでポイント付与 毎月15日・16日・25日・26日は1万円チャージで50ポイント なし

HOP-Edy利用でチャージや支払いによる優待特典がないのは、HOPマネーと比べると、どうしても見劣りします。

HOPマネー登場により、平和堂でお得なプリペイド型電子マネーはHOPマネーになりました。

さらに平和堂でのポイントアップや割引を増やしたい方は、次で取り上げるHOP-VISAカードをおすすめします。

HOP-VISAカード:毎月第3日曜は5%還元

HOP-VISAカード

HOP-VISAカードの特徴
  • クレジット、HOPマネー、iD機能つきのHOPカード
  • 年会費は初年度無料、翌年以降は年1回以上の利用で無料
  • 100円で1HOPポイント付与
  • 毎月第3日曜はiD払いで5%還元
  • クレジットカードやiD払いでポイント2重取り

HOP-VISAカードは、クレジットカード、ポイントカード、電子マネーを兼ね備えた多機能カードです。

毎週第3日曜日はHOP-VISAカードに付帯のiD「HOP-iD」で支払うと、利用金額の5%分がポイント還元されます。

平和堂で5%OFF

平和堂グループでは、イオングループのお客さま感謝デーやイトーヨーカドーのハッピーデーのような、電子マネー支払いによる5%OFFは実施していません。

そのため、平和堂にて5%OFFで買い物をするには、HOP-VISAカードの利用が必要不可欠です。

また平和堂でHOP-VISAカードやHOP-iDで支払うと、HOPポイントとワールドプレゼントポイントの2重取りができます。

  • HOPポイント:100円ごとに1ポイント
  • ワールドプレゼントポイント:1,000円ごとに1ポイント

ワールドプレゼントポイントは、HOP-VISAカードを発行する三井住友カードの決済ポイントです。

貯まったワールドプレゼントポイントは、1ポイント=5円相当として、ギフトカードとの交換や他社ポイントへの移行に使えます。

おすすめの交換先は、iDバリューです。

ポイントをiD利用分に充当することで、請求金額の値引きができます(200ポイント=1,000円換算)。

ワールドプレゼントポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間です。

一方、HOPポイントは3年間、HOPマネーは5年間、楽天Edyは4年間です(いずれも最終利用日から換算して)。

ほかのポイントや電子マネーと比べて、期限が短い点に注意してください。

HOP-VISAカードの通常ポイント還元率は0.5%で、一般的なクレジットカードの還元率と変わりません。

平和堂で利用する分には、HOPポイントとワールドプレゼントポイントの2重取りにより、合計のポイント還元率は1.5%になります。

一方で、平和堂以外での買い物や公共料金の支払いをする際は、楽天カードのような、いつでもポイント還元1%のクレジットカードで決済したほうが、多くのポイントを得られます。

年会費無料でポイント還元率1%以上のクレジットカードは、下記の記事で取り上げています。

HOPマネーとHOP-VISAのお得な使い分け方

管理人はこう思う

平和堂グループのお店でお得な支払い方法は、HOPマネーとHOP-VISAカードの二択です。

HOPマネーとHOP-VISAカードでは、お得な日が違うため、日によって使い分けたほうが賢明です。

HOPマネー
毎月特定日にチャージ:1万円ごとに50ポイント獲得
毎週火曜に支払い:HOPポイント1.5%還元
HOP-VISAカード
毎日の支払いに使う:HOPポイントとワールドプレゼントポイントの2重取り(合計ポイント1.5%還元)
毎月第3日曜にHOP-iDで支払う:5%ポイント還元

ただし、HOPマネーとiDやクレジット払いで支払い方法を分けると、買い物でどれだけ使ったのか把握が難しくなります。

ムダづかいや食費のアップにも繋がるので、HOP-VISAカードを利用するならば、HOP-iDやクレジット払いに統一をおすすめします。

平和堂のほかに、ライフでも買い物をする方は、下記の記事も参考にしてください。

下記の記事も参考にどうぞ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の執筆者・現管理人。クレジットカード利用歴は10年以上になりました。知れば知るほど奥深いクレジットカードの魅力や危険性を、多くの人に理解してもらうため、日々勉強中です。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら