スーパーライフで使える支払い方法、電子マネーLaCuCaやLC JCBカードを使うよりPayPayがお得な理由は?

B! pocket

ライフ

首都圏と近畿圏で展開するスーパー「ライフ」

ライフで使えるキャッシュレス決済は、長らく、クレジットカードやブランドプリペイドカード程度でした。

2016年にポイントカード&電子マネーのLaCuCa(ラクカ)や、クレジットカードLC JCBカードが登場して以降、支払いに使える選択肢が増えました。

ライフで使える支払い方法
ポイントカード
LaCuCa、Pontaカード、dポイントカード
電子マネー
LaCuCa
コード決済
PayPay、LINE Pay、メルペイ
クレジットカード
VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club
商品券
ライフ商品券、お米券、JCBギフトカードなど

2018年5月よりPontaカードとdポイントカードが導入、2019年9月からは一部のコード決済も利用可能になりました。

サイト管理人がライフを利用していたのは、LaCuCaカードへの切り替え前後の時期だったので、使えるポイントカードと支払いの多さに驚きました…。

今回の記事では、ライフで買い物をする人が気になる「ポイントカードや支払い方法はどれが良いのか?」に答えたいと思います。

結論から言うと、LaCuCaカードの提示&コード決済(PayPayなど)での支払いが、個人的におすすめです。

LaCuCa:ポイントカード&電子マネー

LaCuca(ラクカ)

LaCuCa(ラクカ)は、ライフ専用のポイントカード兼プリペイド型電子マネーです。

電子マネー機能なしのライフのポイントカードは、2018年3月31日にサービスを終了しています。

以前までのポイントカードをお持ちの方は、LaCuCaに新規に入会する必要があります。

年会費は無料、カード発行手数料として100円(税込)かかります。

LaCuCaカード発行後、1,000円以上チャージすると、100円分の電子マネーが後日付与になり、実質無料で持てます。

カード提示でポイント0.5%還元

カード提示で200円ごとに1ポイント、電子マネー払いで300円ごとに1ポイントが貯まります。

カード提示&現金やクレジットカード払い
200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
カード提示&LaCuCa支払い
200円ごとに1ポイント+300円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.8%)

ライフでは毎月特定日に、ポイント3倍5%OFFなどのお得な日を設けています。

ポイント3倍デーは、カード提示で200円ごとに3ポイントと、ポイント還元率は1.5%にアップします。

ほかにも対象商品の購入で、ボーナスポイント付与などの特典もあります。

ライフのポイント10ポイント

ライフではPontaカードやdポイントカードも使えますが、上記のポイント増はLaCuCaのみ有効です。

いずれもLaCuCaカード提示で貯まるポイントが増えるもので、LaCuCa電子マネーの利用の有無は関係ありません。

ポイントアップや割引デーの曜日や内容は、店舗ごとに変わります。

▼ライフ二条駅前店の場合

  • 毎週水曜、日曜日:ポイント3倍
  • 毎月1・15日:5%OFF(60歳以上)
  • 毎月25日:ライフアプリで5%OFFクーポン配布

各店舗のお得情報は、ライフ公式の店舗詳細から最新情報をご確認ください。

電子マネー利用はポイント還元率が低い

正直に言うと、LaCuCaの電子マネー払いで、ポイント還元率0.3%は、かなり低いです。

LaCuCaの電子マネー払いを使う際は、600の倍数、たとえば1,200円や3,000円のときに、もっとも多くのポイントが得られます。

ライフ専用の電子マネー「LaCuCaカード」が登場するまで、電子マネー系統は一切使えませんでした。

現金専用のライフのポイントカードを終了して、電子マネーサービスを導入したわりに、ポイント還元率がイマイチな印象を持ちます。

LaCuCa電子マネーの支払いで、ポイントアップや割引のサービスがないのも、わざわざ使う必要性を感じない理由となっています。

確かにLaCuCaカード1枚で、ポイントカード提示と支払いができるのは便利ですが、得られるポイントの少なさが気になります。

それならば、ポイント還元率が高いコード決済やクレジットカードで支払った方が、多くのポイントを獲得できます。

入金方法は店内での現金チャージのみ

LaCuCaチャージ機

LaCuCa(ラクカ)は、レジや店内設置の専用チャージ機から入金ができます。

1,000円単位でチャージ可能で、上限は4.5万円です。

残高の有効期限は最終利用月(支払い・チャージ)から5年間と長く、利用が不定期でも失効の心配がないのは助かります。

チャージに使えるのは現金のみで、LC JCBカードからのクレジットチャージもできません。

そのため、ほかのプリペイド型電子マネーでよくある「クレジットカードからチャージして、チャージ金額に応じた決済ポイントをゲットする」というお得技は使えません。

ただし、「11月1日・15日は10,000円チャージで、電子マネー100円分プレゼント(1回5,000円ごとのチャージでも50円分プレゼント)」といった、チャージキャンペーンを実施している場合があります。

LaCuCaに1万円チャージで100円還元

チャージ金額の1%分が、電子マネーとして還元される形です。

LaCuCa電子マネーの利用は、300円ごとに1ポイント付与と、ポイント還元率が0.3%と低いのがデメリットです。

一方で、チャージと支払いの両方で、ポイントが獲得できれば、合計1.3%ポイント還元までアップします。

ポイントの有効期限は1年間(延長なし)

貯まったライフのポイントは、1ポイント=1円として、1ポイント単位で支払いに使えます。

ポイントの有効期限は1年間(最大13ヶ月)です。

たとえば、今年10月に貯めたポイントは、来年の10月末まで使えます。11月1日になるとポイントが失効します。

ライフのポイント支払い分の金額は、ポイント付与の対象外です。会計時に合計金額の端数をポイントで支払うと無駄がありません。

会計時に「ポイントで◯◯円分支払います」と伝えると、合計金額からポイント分を引いてもらえます。

Pontaカードやdポイントカードは、たまに買い物する人向け

ライフでPontaとdポイントが貯まる使える

ライフではLaCuCaカードがなくても、Pontaカードdポイントカードの提示でも、利用金額に応じたポイントを貯められます。

Pontaポイントやdポイントは共通ポイントで、ライフ以外のお店でも、ポイントを貯める・使えるのがメリットです。

200円(税別)ごとに1ポイント(ポイント還元率は0.5%)と、LaCuCaカード提示と同じだけのポイントを得られます。

ただし、ポイントアップデーや対象商品の購入でポイント付与は、ライフのポイントのみ対象で、Pontaポイントやdポイントは増えません。

Pontaポイントやdポイントは、ライフで1ポイント=1円として使えます。利用額に応じたポイントは貯まりません。

ライフでよく買い物をする方にとって、ポイントを多く貯められるLaCuCaカードは必須の1枚です。

支払いはLaCuCaよりもコード決済がお得

ライフで使えるコード決済

LaCuCaの電子マネーは、通常300円ごとに1ポイント付与と、ポイント還元率は約0.3%です。

一般的なプリペイド型電子マネー(例:nanaco、WAON、楽天Edy)は200円ごとに1ポイント付与なので、ポイント還元率は低めです。

一方で、ライフのポイントアップデーやボーナスポイント付与は、LaCuCaカードの提示が対象になります。

そのため、LaCuCaカードの提示+ほかの支払い方法でも、ライフのポイントは増えるので、あえてLaCuCaの電子マネーを利用する必要性はありません。

ライフでは楽天EdyやWAON、Suicaなど、LaCuCa以外の電子マネーは使えませんが、2019年9月からコード決済サービスが使えるようになりました。

そのなかでもPayPay(ペイペイ)LINE Pay(ラインペイ)は、ポイント還元率が高くおすすめです。

ライフだけでなく、主要なコンビニやドラッグストア、ディスカウントストアでもコード決済が使えるため、幅広く活用できます。

いずれのコード決済も、ライフ店頭ではチャージができないので、以下の方法で事前にチャージを済ませておきましょう。

  • セブン銀行ATM(スマートフォンでの取引)を利用して現金チャージ
  • アプリに登録した銀行口座からチャージ

ライフでコード決済を利用するデメリットには、コード決済に対応するレジが限られているのと、セルフレジが使えない点が挙げられます。

コード決済はスマホひとつで支払いが完了する、会計のスムーズさも魅力的です。

一方で、使えるレジが限られるぶん、混んでいると自分の番が来るまでに時間がかかることがあります。

PayPay:最大1.5%ポイント還元

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)は、PayPay残高やヤフーカードからの支払いでポイント還元率1.5%になります。

使える店は大手チェーンから個人店まで幅広く、大規模なポイント還元キャンペーンもたびたび行っています。

PayPayが使えるお店
スーパー
イトーヨーカドー、西友、OKストア、サミット、東急ストア、ベイシア、アルビス
ドラッグストア
ツルハ、ウエルシア、サンドラッグ、スギ薬局、キリン堂

数あるコード決済のなかでも、ポイント還元率や使い勝手がよいので、どれにすれば良いか迷ったらPayPayを選べば間違いありません。

LINE Pay:最大2%のポイント還元

LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)は、LINEアプリで使えるコード決済です。

ポイント還元率は毎月の利用実績に応じて変わります。

LINE Payユーザーなら、最低でも0.5%のポイント還元を受けられます。

グリーン(ポイント還元率2%)
月10万円以上
ブルー(ポイント還元率1%)
月5万円以上、10万円未満
レッド(ポイント還元率0.8%)
月1万円以上、5万円未満
ブルー(ポイント還元率0.5%)
月1円未満

たとえば、毎月の買い物が3万円なら0.8%、5万円だとポイント還元率1%にアップします。

ポイント還元率2%はたいへん魅力的ですが、それに到達するには月10万円以上の利用が不可欠です。

LINE Payが使えるお店はたくさんあるので、支払い方法をLINE Payに集約すれば、より多くのポイントを得られます。

スーパー
OKストア、サミット、成城石井、ベイシア
ディスカウントストア
MrMax(ミスターマックス)
ドラッグストア
ツルハ、ウエルシア、サンドラッグ、スギ薬局、キリン堂

PayPayと比較して、個人店での利用は難しい(使えるコード決済が『PayPayだけ』の店が多い)印象にあります。

ふだん買い物をするお店が、PayPayとLINE Pay、どちらに対応しているかで、使うコード決済を決めるのもありです。

メルペイ:ポイント付与なし

メルカリのコード決済「メルペイ」は、基本的にポイント付与はありません。

メルカリの売上金を街のお店で使いたいときに使う程度で、日常的な利用には不向きです。

ライフのクレジットカード「LCカード」がおすすめな人は?

LC JCBカードは、ライフの利用で多くのポイントが貯まるクレジットカードです。

入会金・年会費は永久無料で、まったく利用しなくても費用は一切かかりません。

LC JCBカード利用で貯まるポイント
  • 提示または支払い:200円ごとに1ポイント
  • 衣料品・くらしの品の支払い:200円ごとに1ポイント
  • 毎月7のつく日に支払い:200円ごとに5ポイント
  • 口座引き落とし時:200円ごとに1ポイント

※いずれも税別価格

支払い時に200円ごとに1ポイント、後日口座引き落とし時に200円ごとに1ポイント付与になり、通常のポイント還元率は1%(200円ごとに2ポイント)です。

ライフ以外のJCB加盟店でLC JCBカードを利用すると、200円ごとに1ポイントが貯まります。

年会費無料でポイント還元率1%のクレジットカードは多いので、ポイント還元率の低さが気になります。

LC JCBカードを利用するメリットが大きいのは、衣料品・生活用品の購入ポイント5倍デーで利用するときです。

ライフでいつでも3ポイント

衣料品・くらしの売り場限定で、ポイントがいつでも200円ごとに3ポイント貯まります(ポイント還元率は1.5%)。

ライフは生活用品や衣料品に力を入れている店舗が多く、毎日の生活に必要なものがまとめて買えて、ポイントも貯まりやすいのが助かります。

さらに、毎月7のつく日は、LCカード限定のポイント5倍デーです。

1,000円分の食料品を購入して、カード払いをすると、合計35円相当のポイントが得られます。

ライフのポイントは1ポイント=1円の価値があるので、LC JCBカードのポイント還元率は最大3.5%になります。

7のつく日は、毎月3回しかありませんが、期間限定でポイント5倍から10倍にアップする特別企画も実施しています。

LCカードで12ポイント

お得な日を狙って買い物をする方は、ライフ専用のクレジットカードを持つのもいいと思います。

LCカードの申込みは、店頭にある入会申込書に記入して郵送するほか、入会カウンター(不定期)や、ネットでも手続きができます。

優待店での割引サービスあり

優待店サービスご利用ガイド

LC JCBカード会員向けに、対象店舗での優待サービスが利用できます。

お店でLC JCBカードやクーポン券を提示すると、料金が割引になり、お得です。

LC JCBカード優待店
飲食店
ココス、ジョリーパスタ、甘太郎、ワンカルビ
ビューティー
HAIR & MAKE EARTH、RelaXE(リラクゼ)
レジャー
極楽湯、スパリゾート・ハワイアンズ、東武動物公園、西武園ゆうえんち

※2019年秋号(2019年9月1日~2020年2月29日)の情報です。

カードの提示だけで割引が受けられるので、外食代やレジャー費の節約にもなります。

LC JCBカード 優待店サービスご利用ガイドは、サッカー台のパンフレット置き場に置いてあります。

ライフのサッカー台

優待目当てで、LCカードの発行を考えている方は、自分がよく利用するお店や施設で、どのようなサービスが受けられるかを確認してみてください。

ライフでおすすめな支払い方法

管理人はこう思う

LaCuCaカードの提示+PayPay支払いがお得です。

LaCuCaカードがないと、ライフのポイント3倍や対象商品の購入でボーナスポイントが付与できないので、LaCuCaカードの保有は必須です。

2016年から開始されたLaCuCa電子マネーやLCカードは、通常のポイント還元率の低さがネックになります。

それならば、いつでもポイント還元率が高い支払い方法、たとえばスマホ決済の「PayPay」を利用した方がお得です。

PayPayのポイント還元率は、時期やキャンペーンによって大きく変わり、0.5~20%と差が激しいです。

2019年10月からは通常の利用特典が1.5%還元(PayPay残高、ヤフーカード支払いの場合)となっています。

ライフで使えるスマホ決済サービス、PayPayとLINE Payについては、下記の記事で比較しています。よろしければこちらも合わせてお読みください。

スーパーでお得なクレジットカードはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の執筆者・現管理人。クレジットカード利用歴は10年以上になりました。知れば知るほど奥深いクレジットカードの魅力や危険性を、多くの人に理解してもらうため、日々勉強中です。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら