ANA VISA Suicaカード

B! pocket

ANA VISA Suicaカード

ANAカードと電子マネーSuicaの一体型クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」は、1枚で二役も三役もこなす使い勝手のよいカードです。

Suicaのオートチャージ機能が使え、改札を通過する際もスムーズです。

利用限度枠は10~80万円、国内航空・海外旅行保険がついてお得なスペックの高い人気クレジットカードとなっています。

ANA VISA Suicaカードのお申込み

ANA VISA Suicaカードの特徴

ANA VISA Suicaカードにはどのようなメリットがあるのか、その特徴をまとめます。

Suicaオートチャージが使える

オートチャージ

Suica機能が使えるANAカードは、この一枚だけです。

交通系ICカードのSuicaは定期的にチャージをする必要がありますが、ANA VISA Suicaカードならオートチャージが使えるので、自分でチャージする必要はありません。(オートチャージ機能が働くのは首都圏エリアのみで、それ以外のエリアでは手動でのチャージが必要です)

もちろん、Suica一体型なので電子マネーとして買い物にも使えます。

オートチャージで発生した金額は、後日クレジットカード請求での引き落としとなり、こちらもポイント還元の対象です。

JR東日本が発行するビューカードは「JRE POINT」が貯まりますが、ANA VISA Suicaカードでは、発行元である三井住友カードが展開の「Vポイント」が貯まります。こちらも、電子マネーSuicaへのポイント移行が可能です。

貯めたポイントはANAマイルとの交換がお得

ポイント還元

ANA VISA Suicaカードで買い物をすると、200円ごとに1ポイントが貯まります。

付与されるのは三井住友カードの「Vポイント」です。Vポイントはさまざまな他社ポイントに移行できます。

基本的には1ポイント=1円相当の価値があるので、ポイント還元率は0.5%です。

交換できる主なポイント(1ポイント=1円相当)

  • Suica
  • VJAギフトカード
  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • au WALLET

など。

さらに、ANAマイルとの交換ができるのがANA VISA Suicaカードのメリットです。

通常コース(移行手数料無料)
1ポイント=1マイル

2倍コース(移行手数料 年間6,000円+税)
1ポイント=2マイル

※ボーナスポイント、プレミアムポイントについては1ポイント=1マイルでの交換

ANAマイルへの交換レートが「1ポイント=2マイル」というのはとても高いので、マイレージを貯めたい方は、ANAマイルとの交換がおすすめです。

ANAマイルへの交換は、1ポイントから可能なので、Vポイントの有効期限(2年間)を気にせず、すべてのポイントが消化できます。

最高1,000万円の旅行保険が付帯

ANAの飛行機

ANA VISA Suicaカードには、最高1,000万円の旅行保険がついています。

海外旅行保険は最高1,000万円、国内旅行保険はついていませんが、代わりに国内航空保険が最高1,000万円となっています。

これらの保険は「自動付帯」となっており、旅行代金や飛行機のチケット代をANA VISA Suicaカードで支払わなくても、クレジットカードを持っているだけで保険が適用される手厚い内容です。

もちろん、事前登録や契約は不要です。空港や旅行代理店で旅行保険を購入する必要がなくなりお得です。

また、クレジットカードを使って海外で購入した商品が、もし破損や盗難にあってしまった場合、ほぼ全額が補償される「ショッピング補償」も年間最高100万円が付帯します。

ショッピング補償は海外での購入品が対象となりますが、いざというときに備えANA VISA Suicaカードで商品代金を支払っておくと安心です。

ANAカードとしての機能

ANA

ANA VISA Suicaカードには、ANAカードとしての標準機能も搭載されています。

まず、フライトマイルが貯まります。

そのほか、機内販売や空港内店舗の「ANA FESTA」での買い物が5%OFFとなります(ショッピングサイト「A-style」でも5%OFF)。

また、「ANAカードマイルプラス」提携店舗でカード支払うと、通常のクレジットポイントとは別に、ボーナスマイルを獲得できます(100円で1マイル、または200円で1マイル)。

すでにANAカードを持っている場合は、「切り替え」はできませんが「同時持ち」はOKなので、新規申し込みしANA VISA Suicaカードを重複して保有することが可能です。

年会費は実質無料で持てます

年会費は実質無料

ANA VISA Suicaカードの年会費は初年度無料、2年目以降は2,000円+税の年会費が必要です。ただし、このカードは実質的には無料で持てるので安心です。

まず、入会時、そしてカード継続時に毎年1,000マイルがもらえます。

仮にANAマイルを1マイル=3円で計算すると、これで毎年3,000円相当の値引きとなり、実質年会費は無料です。

また、ANA VISA Suicaカードには、2種類の割引条件があります。

WEB明細書サービスの利用
年会費2,000円+税が1,500円+税

マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用
年会費2,000円+税が751円+税

※2021年2月の支払い分から、年会費が割引になる特典条件が、「マイ・ペイすリボへの登録&年1回以上のリボ払い手数料の支払い」に変わります。

割引条件と毎年もらえる継続マイルをあわせると、WEB明細にすると年会費が実質0円以下になります。

さらにマイ・ペイすリボの登録+年1回以上の利用でも、実質的な年会費は0円以下となります。

こう考えると、非常にお得な実質無料のクレジットカードになります。

申込条件は「満18歳以上(高校生は不可)」となっているので、本人に収入がない学生や専業主婦の方でも審査可能です。

クレジットカードのショッピング利用限度額は、10万円~80万円となっています。

ちなみに、ANA VISA Suicaカードには家族カードはありません。

クレジットカードソムリエの一言

管理人の評価

クレジットポイントをマイルに移行するときの交換レートが高く、ANAマイルを貯めたい人にとって価値ある1枚です。

また、毎年もらえる継続マイルや割引条件によって、年会費が実質無料以下で使えるという点も評価できます。

さらに、電子マネーSuicaが付帯し、Suicaでの買い物はもちろんオートチャージ機能で改札も楽に通過できるため、クレジットカードのなかでも人気となっています。

ただ、あくまでもANAカードにSuicaがついたものなので、Suicaポイントをメインで貯めたい方にはおすすめしません。

ANAマイルを貯めたい人にとってはメリット大ですが、Suicaポイントを貯めたい人は、ビューカードシリーズがおすすめです。

ANA VISA Suicaカード 公式サイトはこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら