ANAアメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカード一覧

アメリカン・エキスプレス・カード

全日空(ANA)とアメリカン・エキスプレスの提携によって生まれた「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、ANAマイレージが貯まりやすい、旅行好きにとってお得なカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスの中でも最もスタンダードな「アメックスカード(グリーン)」よりも年会費が安いのも大きな特徴です。

このカードは特に「ANA航空便を利用する機会が多い方」、「年会費を抑えてアメリカン・エキスプレス・カードを持ちたい方」、「マイルをお得にためたい方」におすすめの一枚です。

公式サイトはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、日常生活のあらゆるシーンでマイレージが貯まります。

飛行機に乗った時だけではなく、普段の買い物や電気料金・ガス料金の支払いでも、ANAマイルを貯められるのが大きなメリットです。特に、ANAの航空機を利用する機会が多い方にとっては、非常に強力な一枚となっています。

100円で1マイルが貯まる

ポイント還元

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、クレジットカードの利用金額100円につき1ポイントが貯まります。

貯めたポイントは、カタログギフトやヨドバシカメラなどの商品券と交換することもできますが、1,000ポイント=1,000マイルとしてANAのマイレージと交換することも可能です。

つまり、実質的には100円につき1マイルのポイント還元となり、1マイル=3円と考えると、ポイント還元率は3%以上になります。

1マイルには3円以上の価値がある

ANAマイルは、その使い方によって1マイルあたりの価値が変わります

例えば私は先日、大阪から大分までANA便を使って出張に行ったのですが、最初は現金で予約をしました。すると、航空券は往復で30,300円でした。

しかしその直後、マイルが貯まっていることを思い出したので、上記の予約をすぐにキャンセルし、マイルを使って予約を取り直しました。

すると、上記とまったく同じ便が往復で10,000マイルで予約できました。つまり、今回のケースでは1マイル=3.03円の価値があったということになります。

ちなみに、ANAのファーストクラスの金額を調べると驚くほど高いのですが、マイルを使うとファーストクラスも激安価格で搭乗できるそうです。つまり、1マイルの価値がさらに跳ね上がることもあります。

国内線で利用するだけでも、1マイル=3円以上で使えますが、マイルを上手に使いこなすことで実質的なポイント還元率をさらに高められるのが、ANAカードの魅力でもあります。

また、全国の「ANAカードマイルプラス提携店」で利用すると、通常のポイント還元とは別に、100円につき1マイルが貯まります。(つまりポイント2倍)

1,000ポイント=1,000マイルで移行できるアメックスのポイントと、ANAカードマイルプラス提携店によるマイルの加算がダブルで受けられるのでさらにお得です。

ANAグループの利用でポイント1.5倍

ANA便

さらに、ANAアメリカン・エキスプレス・カードならではのボーナスマイルを獲得するチャンスが3つあります。

①ANAグループでカードを使うとポイント1.5倍
ANAグループでの航空券の手配や機内販売の際に、クレジットカードを使うと、ポイント還元率が1.5倍にアップし、100円につき1.5マイルがもらえます。(還元率は4.5%

※1マイル=3円換算

②ANAグループのフライトで獲得マイル+10%
ANAグループ便の航空機に乗ると、通常もらえる区間基本マイレージに加え、10%のボーナスマイルが加算されます。

②カード継続でボーナス1,000マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・カードを継続するだけで、毎年ボーナスマイル1,000マイルがプレゼントされます。継続ボーナスは必ずもらえるので、実質的な年会費はさらに安くなります。

最高3,000万円の海外旅行保険

旅行保険

航空券やパッケージツアーの代金をANAアメリカン・エキスプレス・カードで支払うと、最高3,000万円の海外旅行保険が付帯します。

残念ながら国内旅行保険は付帯されませんが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、本会員だけでなく、家族会員にも最高1,000万円までの海外旅行保険が付くので、安心して海外への旅行が楽しめます。

海外旅行保険は、事前の申し込みや登録は不要です。旅行代金をカードで支払うだけで自動的に適用されます。

また、保険料はクレジットカードの年会費に含まれているため、この特典は無料で利用できるサービスです。

手荷物の無料配送サービス

手荷物無料配送サービス

国際線を使って海外旅行に行くとき、スーツケースなどの手荷物を無料で配送してくれます。

行きは自宅から空港まで、帰りは空港から自宅までの距離を手ぶらで移動できるので、空港までの道のりはかなり楽になります。

手荷物の無料配送サービスは、会員1人につき1つまで、無料で利用できます。

※手荷物の無料配送サービスは、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみで提供されるサービスです。

同伴者も無料の空港ラウンジ

空港ラウンジ

国内28空港、海外2空港に設置されている、空港ラウンジを無料で利用できます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、カード会員だけでなく、同伴者も1名まで無料で空港ラウンジの利用が可能です。

空港ラウンジでは、ドリンクや雑誌・新聞の閲覧、インターネット無線LAN環境などが無料で提供されており、フライトまでの時間をゆったり過ごせる環境が整っています。

最高200万円のショッピング保険

買い物するカップル

アメックスが提供している「ショッピング・プロテクション(ショッピング保険)」により、年間最高200万円まで、購入品の補償をおこなってくれます。

国内・海外を問わず、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで購入した商品が、万が一盗難や破損にあった場合でも、購入日より90日以内であれば、年間最高200万円までを、ショッピング・プロテクションとしてアメックスが補償してくれるサービスです。

また、アメックスが提供する「オンライン・プロテクション」というサービスも付帯します。
オンライン・プロテクションは、ネット上で身に覚えがない不正な請求が発生した場合、不正利用分を補償してくれるサービスです。

ネットショッピングをする時に、カードの不正利用が心配な方や、クレジットカードを登録したくない方でも、オンライン・プロテクションがあれば、安心してインターネットでの買い物を楽しむことができます。

その他にも、アメックスには「カードの盗難・紛失の場合の緊急再発行」というサービスがあります。
カードがもし盗難や紛失にあった場合、サポートデスクに問い合わせることで、カードの利用を停止してくれると共に、新しいカードを無料でスピード再発行してくれます。

国内ならそれほど重要ではありませんが、カードの盗難に合いやすい海外旅行時に、新しいカードをスピーディーに再発行してくれるサービスは大変重要です。

海外でも使えるダイニングサービス

ダイニングサービス

お食事の会計時にANAアメリカン・エキスプレス・カードを使っても、もちろんポイントは貯まります。

アメリカン・エキスプレス・セレクト」では、アメックスが提携している世界中のレストランやホテルで、優待サービスや割引サービスが受けられます。

ホテル系のレストラン・カフェでお得

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ホテルなどに入っているレストラン・カフェで特に力を発揮します。

こうした「少しおしゃれなお店」は飲食代も高いものですが、アメリカン・エキスプレス・カードで支払うことで飲食料金が10%OFFになることも多いです。

海外でレストランやホテルを予約したい時や、おすすめのレストランなどを紹介してほしい場合も、アメックスのサポートデスクに電話をするだけで、24時間いつでも、そして海外からでも日本語で、優待サービスが使えるレストランなどを教えてくれます。

コストコで使えるクレジットカード

コストコ

外資系大型スーパーの「コストコ」で唯一使えるクレジットカードが、アメリカン・エキスプレスカードです。

クレジットカードには、VISAやMastercard、JCBなどさまざまなカードブランドがありますが、会員制のスーパー「コストコ」では、なぜかアメックスしか使うことができません

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、旅行時に威力を発揮するカードですが、「コストコ用の一枚」として保有し、使うのも、手段の一つだと思います。

年会費と審査について

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は7,000円+税です。アメックスの一般カード(グリーンカード)よりも5,000円以上も年会費が安く設定されています。

また、毎年カード更新時にもらえる「継続ボーナス1,000マイル」があるため、1マイル=3円換算だと実質的な年会費は4,000円+税となります。

ただし、ANAアメリカン・エキスプレス・カードで1つだけ、気をつけなければならないデメリットがあります。

それは、貯めたポイントを1,000ポイント=1,000マイルに移行するために「ポイント移行コース」への参加費が別途必要になることです。

このポイント移行コースへの参加に、年間6,000円+税がかかります。

ちなみに、ポイント移行コースへの参加は、貯めたポイントを移行する年だけ設定すればよく、ポイント移行をしない年は休止できます

審査について、入会にあたって必要な資格は「20歳以上、定職がある方」となっています。

また、アメックスは個別でカードの利用限度額を決めていることで知られています。利用実績に応じて利用限度額が拡大していくシステムなので、審査自体は比較的簡単に通過できると思います。

最初は利用限度額が小さい可能性もありますが、継続的に使っていくことで、外資系ならではの大きな利用限度額が使えるようになると言われています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはGETすべき?

クレジットカードソムリエのひとこと

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

ANAとアメックスに提携によって誕生したANAアメリカン・エキスプレス・カード。全日空(ANA)を利用する機会が多い方であれば、お得感は非常に高くマイルがザクザク貯まります

しかし、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリットは、やはり年会費です。

通常の年会費7,000円+税に加えて、貯めたポイントをANAマイレージに移行する年のみ、別途「ポイント移行コース」への参加費が別途6,000円+税必要となります。

ただ、ポイント移行コースは任意での参加なので、アメックスカードの利用で貯めたポイントに関しては、カタログギフトやヨドバシカメラや高島屋などの商品券と交換するということであれば、年会費7,000円+税での利用が可能です。

また、継続ボーナス1,000マイル(3,000円相当)を考えると、実質的な年会費は4,000円+税で利用可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、「ゴールドカード → プラチナカード」とグレードアップすることもできます。長年使い続けることで上位カードにアップグレードする「育てる楽しみ」があることも、人気の理由です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの口コミ

口コミ情報

公式サイトはこちら