STOCK POINTカード

B! pocket

STOCK POINTカード

STOCK POINTカードは、ポイント投資サービス「Stock Point(ストックポイント)」で使えるフリーポイントを獲得できるクレジットカードです。

StockPointでは、選択した株式銘柄(コース)の株価に連動して、ポイント数が増減します。

投資信託とは違い、元手になるお金や証券会社の口座開設が要らず、気軽に投資体験ができることで人気のサービスです。

永久不滅ポイントなど他ポイントでも、ポイント運用を行なえますが、実質の交換手数料がかかります。

利用金額から1%還元したポイントが運用に使える

STOCK POINTカードの利用金額に応じて、STOCK POINTカードポイントが貯まります。

100円ごとに1ポイントが貯まり、毎月、自動的にStock Pointのフリーポイントへ交換されます。

フリーポイントは、銘柄を選択する前のポイントで、株価の影響を受けません。

StockPointでポイント運用可能な銘柄の内、フリーポイントが使えるのは以下の通りです。

ETF
日本株ビバレッジ上場投信、日本株ダブルインバース上場投信、米国株指数30種、上海株式指数
株式
ソフトバンクグループ、ユニー、みずほファイナンシャルグループ、サイバーエージェント、KDDI、NTTドコモ、カルビー、日清食品HD、イオン、セブン&アイ、ホンダ(本田技研)

またフリーポイントをストックポイント(SP)に交換すると、別の銘柄も選べるようになります。

ポイントが1株分まで貯まると、実際の株式と交換もできます。

ポイント運用とは違い、株式に交換することで、配当金・株主優待・株主総会への参加が得られます。

株式と交換の際には、提携証券会社で証券口座の保有が必要です。

提携証券会社には、SBI証券やみずほ証券があるので、既にそちらの証券会社を利用している人にも、STOCK POINTカードを利用する価値があります。

ポイント投資アプリ「Stock Point」を利用するメリット

StockPoint(ストックポイント)

Stock Point(ストックポイント)は、クレジットカードやポイントカードなどで貯めたポイントを利用して、ポイント運用が行なえます。

複数のポイントを「ストックポイント(SP)」に交換することで、まとめて運用に使えます。

所有しているポイントの使い道に困ったり、ポイント数が少なくて使いにくかったりする時にも使いやすいです。

ストックポイント(SP)に交換可能な提携先ポイントと、ポイント運用が行なえる銘柄は以下の通りです。

.money(ドットマネー)
みずほ、KDDI、ドコモ、イオン、セブン&アイ、ソフトバンク、日本株レバレッジ、ソニー、日本株ダブルインバース上場投信、サイバーエイジェント、上海株式指数、米国株指数30種
永久不滅ポイント
日清食品、カルビー、ホンダ
Pontaポイント
ゲオ、日本航空、三菱UFJフィナンシャル、リクルート、ローソン
投資信託:日経平均ダブルインバース・インデックス連動型
ETF:ダウ・ジョーンズ工業株30種平均
EFT:上海株式指数・上証50連動型
不動産投資信託:ジャパンリアルエステイト投資法人

値上がりでポイントが増加した時に、再び提携先のポイントに交換することで、リターンを得られます。

またフリーポイントと同様に、貯まったSPを実際の株式に購入もできます。

ただし、各ポイントとストックポイントの交換レートは「1:1」ではなく、実質的な手数料がかかります。

.money(ドットマネー)
100マネー → 95SP / 100SP → 98マネー

永久不滅ポイント
1ポイント → 4SP / 5.1SP → 1ポイント

選択した銘柄の株価が大きく上がらないと、得られる利益が小さいため、交換してポイント運用をする甲斐がない点は注意が必要です。

ストックポイントとフリーポイントの違い

ストックポイントで利用するポイントには「ストックポイント」「フリーポイント」の2種類あります。

ストックポイント(SP)
ストックポイントのサービス利用に使うポイント。銘柄ポイント。
提携先のポイントはSPに交換することで、ポイント運用が行なえる
フリーポイント
株式銘柄を選択していない、いわゆる「待機資金」として使えるポイント
「STOCK POINTカード利用で貯まる『STOCK POINTカードポイント』から自動的に交換」または「SPから交換」で獲得できる

例えば「A銘柄でポイント運用をしているが、株価が下がりそうな雰囲気がするので、一旦、運用を止めたい」と思った時に、フリーポイントへ交換すると、株価の影響を受けずに済みます。

SP(ストックポイント)とフリーポイントは相互交換が可能ですが、SPからフリーポイントに交換する時はポイントが目減りします。

  • 100フリーポイント → 100SP
  • 100SP → 98フリーポイント

そのため、株価の値下がりが激しい時以外は、頻繁に交換しない方が、ポイントの目減りを防止できます。

JACCSモール経由のネット通販でJデポが貯まる

ネット通販(スマホ・PC)

STOCK POINTカードは、信販会社のジャックスが発行するクレジットカードです。

ジャックスカードが運営するポイントサイト「JACCSモール」を経由して、ネットショッピングをすると、利用金額に応じて「Jデポ」が貯まります。

カード利用:STOCK POINTカードポイント1%
JACCSモール経由でネットショッピング:Jデポ0.5%~12%
------------
合計還元率1.5~13%

JデポはSTOCK POINTカードポイントやフリーポイントに交換はできませんが、カード請求金額の値引きに使えます。

JACCSモールには、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACOなど、有名ショッピングサイトが多数参加しています。

そのため、ネットショッピングをする前に、JACCSモールを経由するだけで、Jデポが貯まる分、さらにお買い得に買い物ができます。

口座開設不要で20歳以上なら申し込める

スマホを使う男性

STOCK POINTカードの入会資格は20歳以上で電話連絡が可能な方です。

同じジャックスが発行するクレジットカードでも、松井証券との提携カード「MATSUI SECURITIES CARD(マツイセキュリティーズカード)」では、松井証券の口座開設が必要です。

STOCK POINTカードの場合は、口座開設が要りません。

ただし、Stock Pointアプリで実際の株式を買う時には、口座開設が必須です。

そのため、株式が買えるだけのポイントが貯まった時に、口座開設をするか、ポイント運用を継続するか決めても良いと思います。

年1回以上のカード利用で年会費無料

年会費実質無料

STOCK POINTカードの年会費は初年度無料、2年目以降は条件付きで無料です。

通常、2年目以降の年会費は1,250円+税ですが、年1回以上のカード利用で無料になります。

また家族カードも3枚まで発行できます。

年会費は本会員が無料な場合は無料、有料の場合は400円+税かかります。

ポイント運用に適した1枚

管理人はこう思う

STOCK POINTカードは、StockPointでポイント運用する際に、利用価値がある1枚です。

カード利用で貯まるポイントは、フリーポイントやストックポイント(銘柄ポイント)に交換する際、交換レートが「1:1」で実質的な手数料が取られません。

そのため、提携先の永久不滅ポイントやPontaポイントから各ポイントに交換するよりも、ポイントが目減りせずに済みます。

STOCK POINTカードの公式サイトはこちら

ちなみに、クレジットカード利用で貯まったポイントを投資に使えるクレジットカードには「MATSUI SECURITIES CARD(マツイセキュリティーズカード)」があります。

こちらはカード発行前に松井証券での口座開設が必要になりますが、最初から貯まったポイントを投資信託の購入に充てられるので、本格的な投資を行ないたい人に向いています。

StockPointで使えるポイントが貯まるカードはこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら