MATSUI SECURITIES CARD

B! pocket

MATSUI SECURITIES CARD

MATSUI SECURITIES CARD(マツイセキュリティーズカード)は、証券会社の松井証券との提携クレジットカードです。

カード利用で松井証券カードポイントが付与されて、貯まったポイントは100ポイント=100円として毎月自動的に投資ができます。

最近、良く見かけるようになった「クレジットカードの利用で貯まったポイントを投資に充てる」に特化した1枚です。

利用金額100円ごとに1ポイント付与なので、ポイント還元率は1%と高く、積極的なポイント投資が行なえます。

証券会社との提携カードなので、発行前に証券会社の口座開設が必要になりますが、松井証券でポイント投資を考えている人に向いています。

MATSUI SECURITIES CARDを利用した松井証券の投資方法

  1. 松井証券の総合口座を開設
  2. MATSUI SECURITIES CARDを申し込む(ネット申し込みOK)
  3. カードを郵送で受け取り、利用を開始
  4. 貯まった松井証券ポイントを投資に使う

貯まったポイントで投信積立ができる

松井証券ポイント

クレジットカードの利用で貯まったポイントを運用・投資する方法は2パターンあります。

  • ポイントを「運用ポイント」に交換して、投資信託の基準価額に応じてポイント数が増減する
  • 投資信託の購入費用(投資額)にポイントを充当する

MATSUI SECURITIES CARDの場合は後者で、カード利用で貯まった松井証券ポイントで投信積立が行なえます。

松井証券が取り扱う投資信託の中で、松井証券ポイントにて積立可能な投資信託は3種類あります。

どの投資信託も個人投資家からの人気が高く、長期的な運用で利益を得られやすいです。

ひふみプラス
投資先は国内外の株式
eMAXIS Slim 先進国株式
投資先は日本以外の海外(先進国22カ国)の株式
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
株式・債券・不動産など8つの資産に分散

松井証券ポイントは以下の方法で貯められますが、確実にポイントを得られるのはMATSUI SECURITIES CARD利用です。

  • MATSUI SECURITIES CARDを利用:利用金額の1%をポイント還元
  • 投資信託の購入:購入時手数料が全額ポイント還元
  • 投資信託の保有:月間平均保有金額に応じて年率0.1%をポイント還元

自動積立でポイントの失効を防止する

MATSUI SECURITIES CARDの利用で貯まった松井証券ポイントの有効期限は約2年間(ポイント付与日の翌々年度の3月末日)です。

貯まった松井証券ポイントはAmazonギフト券などの各種商品への交換も可能です。

(ちなみに、ポイント投資向けのクレジットカードには「インヴァストカード」もありますが、ポイントの使い道は投資に限定されています。)

ただしAmazonギフト券1,000円分と交換する場合は、1,000ポイント貯める必要があり、単純計算で10万円以上のカード利用をしなくてはなりません。

一方で、自動積立設定をすると、月1回、貯まった全ポイントを自動的に投資信託の購入に充てられます

そのため、ポイント失効のリスクがなく、手動で投資信託を購入をしなくて済むのがメリットです。

JACCSモール経由でネット通販するとポイント還元率がアップ

ネット通販(スマホ・PC)

MATSUI SECURITIES CARDは、大手信販会社のジャックスが発行しているクレジットカードです。

そのため、ジャックスカードが運営するポイントサイト「JACCSモール」を経由して、通販サイトを利用すると、ジャックスカードのポイント「Jデポ」も貯まります。

カード利用:松井証券ポイント1%
JACCSモール経由でネットショッピング:Jデポ0.5%~12%
------------
合計還元率1.5~13%

Jデポは松井証券ポイントに交換はできませんが、カード利用金額から値引きが行なえます。

JACCSモールには、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACOなど、有名ショッピングサイトが多数登録されています。

欲しい商品を注文する際、直接サイトにアクセスせず、JACCSモールを経由するだけで、さらに値引きになるのはお買い得です。

スマホ決済サービスのApple Pay・Google Payに対応

Apple Pay GooglePay

MATSUI SECURITIES CARDは、スマホ決済サービスApple PayGoogle Payに対応しています。

カード情報を各アプリに登録することで、QUICPay加盟店にて、スマホでかざして支払いができます。

QUICPayが使えるお店は、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店、ガソリンスタンドなど、幅広いジャンルを網羅しています。

スマホ決済の利用金額も1%ポイント還元の対象になるため、普段の買い物の支払いでも松井証券ポイントを貯められます。

一部の電子マネーへのチャージはポイント対象外

MATSUI SECURITIES CARDでは、プリペイド型の電子マネーへのチャージも可能です。

交通系ICカード・電子マネーのSuicaやSMART ICOCAへのクレジットチャージでは200円ごとに1ポイント貯まります。

ただし、楽天Edyやnanacoについては、チャージ金額に応じた松井証券ポイントは貯まりません。

そのため、楽天Edyは楽天カード、nanacoはセブンカード・プラスという具合に、クレジットカードの決済ポイントが貯まるカードの利用をおすすめします。

年会費は実質無料で使える

年会費実質無料

MATSUI SECURITIES CARDの年会費は、条件付きで無料です。

初年度は無料、2年目以降は1,250円+税かかりますが、年1回以上利用することで無料で使い続けられます。

また追加カードとして家族カードも3名まで発行可能です。

本会員の年会費が有料の場合は1枚400円+税かかりますが、年会費無料の場合は家族カードも無料です。

他にもETCカードの発行手数料・年会費ともに無料で作れます。

口座開設後にカードの申込み可能

入会資格は20歳以上で電話連絡が可能な方です。

申込みの前に松井証券の口座開設が必要で、カード単体の発行はできません。

また申込みは個人に限定されており、法人カードとして利用は不可です。

  • 松井証券の口座を持っていない:口座開設後、カードを申し込む
  • 松井証券の口座を持っている:会員画面からカード申し込みが可能

松井証券の口座開設は、ネットや郵送で手続きが可能です。

オンラインでの口座開設は最短4日ですぐに取引を始められます。

MATSUI SECURITIES CARDは申し込み後、10~2週間程度で郵送で届きます。

国際ブランドはMastercardのみ

マスターカード

MATSUI SECURITIES CARDで選べる国際ブランドはMastercardのみです。

VISAやJCBは選べませんが、MastercardはVISAに次ぐトップシェアを誇る国際ブランドなので、街のお店やネット通販問わず使えます。

松井証券で投資信託を考えている人に最適な1枚

管理人の評価

ポイントを使った投資信託の中でも、松井証券ポイントは「優秀な投資信託に積立ができる」ことで人気を集めています。

クレジットカード利用で貯まったポイントを投資信託の購入に使えるのは、仮に値下がった場合でも損を感じにくいです。

そのため、投資信託初心者はポイント投資から始めてみると、感覚がつかみやすく、運用への心理的なハードルも下がりやすいです。

例えば「毎月のスマホ料金をMATSUI SECURITIES CARDで支払い、貯まったポイントを投信積立に利用する」ことから始めるのにも適した1枚と言えます。

MATSUI SECURITIES CARDの公式サイトはこちら

ポイント投資が可能なポイントが貯まるカードはこちらも

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら