学生でもビックカメラSuicaカードは持てるのか?審査条件まとめ

通学中の学生

通学にも利用できる、ポイント還元率の高いクレジットカードとして有名な、ビックカメラSuicaカード。もちろん、学生の方でも持てるクレジットカードなので安心です。

ビックカメラSuicaカードは満18歳以上から持てるので、初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

公式サイトの審査条件は以下のとおりとなっています。

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。
(未成年の方は親権者の同意が必要です。)

ただし、高校生の方はお申込みいただけません。

つまり、高校生を除いて満18歳以上の方であれば、原則として誰でも発行できます。例えば、大学1年生、専門学校生、フリーターの方などでもOKです。

ただし、20歳未満の方がビックカメラSuicaカードを発行する際には、親御さんの同意書が必要となります。

クレジットカードの審査では、一般的に「安定収入のある方」などの条件がつきものです。しかし、ビックカメラSuicaカードは収入に関する条件がないため、アルバイトなどをしていない、収入のない学生さんでも審査してもらえます

定期券一体型としては使えない

大学生や専門学校生になると、電車通学をする人も増えると思います。通学は基本的に毎日行いますから、定期券を購入する人も多いでしょう。

しかし、残念ながらビックカメラSuicaカードは定期券一体型にはできません。これは、ビックカメラSuicaカードのデメリットです。

つまり、定期券を発行する場合は、クレジットカードと定期券を別々で持つ必要があります。ほんの少し、サイフがかさばってしまいますよね。

姉妹カードのビュー・スイカカードルミネカードであれば、下記の画像のように定期券を一体型にできるのですが。。。

定期券のデータを印字

ただ、定期券を一体型にできないというデメリット以外は、ビックカメラSuicaカードは他のクレジットカードに劣っていません。

例えば、定期券購入時に貯まるポイント「1,000円ごとに6ポイント」は他のカードと同じです。ここでたまるビューサンクスポイントは電子マネーSuicaに1ポイント=2.5円で充当できるので、実質的なポイント還元率は1.5%となります。

また、Suicaオートチャージにも対応しているので、休日に通学圏外の場所に出かける場合でも、ビックカメラSuicaカードを持っていれば、改札で止められることはありません。

年会費は実質無料

年会費無料

その他のビューカードと比較して、ビックカメラSuicaカードが優れている点は、クレジットカードの年会費が実質無料で使えることです。学生の方は、少しでも年会費は節約したいですよね。

ビックカメラSuicaカードは初年度無料で使えます。

2年目以降は477円+税の年会費が必要なのですが、1年に1回でもクレジットカードを使えば、次年度以降も無料で使えるという条件がついています。

この、年会費無料条件は他のビューカードには付いていません。この特典が、ビックカメラSuicaカードが人気の理由です。

年1回の利用ですが、例えば定期券を購入したり、買い物に使ったり、またSuicaオートチャージをしてもOKです。クレジットカードを一切使わないという方を除いて、この条件は問題なくクリアできると思います。

いかがでしたか?

1.5%のポイント還元率を誇っており、Suicaオートチャージで改札もサクサク通過できるビックカメラSuicaカード。ビックカメラで買い物をした時に、電子マネーSuicaで支払いをすると10%のビックポイントがフルにもらえます。

つまり、高額な家電製品を購入するときに、

1.事前にSuicaチャージをしておく(1.5%還元)

2.ビックカメラでSuica支払いをする(10%還元)

合計:11.5%還元

となります。

年会費無料で使える点も大きいので、個人的には初めての一枚としても良いカードだと思います。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト