JAL・JCBカードプラチナ

JAL・JCBカードプラチナ

JALプラチナカードは、JALカードの中でも最上位に位置するカードです。しかし、ANAプラチナカードと比べて年会費が安いのが特徴です。

マイルが貯まりやすいので、JAL便を利用することが多い人にとっては、狙う価値のある一枚です。

JALのプラチナカードには「JCBブランド」と「アメックスブランド」があります。基本的な特典は同じなのですが、ブランドによって若干の違いがあるので、その点も踏まえて解説します。また、JGB(JALグローバルクラブ)会員の方は、JGCプラチナも選べます。

年会費は31,000円+税(家族カードは15,500円+税)、20歳以上で安定収入のある人(学生は不可)であれば申し込めるので、コストパフォーマンスは高めのプラチナカードです。

JAL・JCBカードプラチナの特徴

JCBブランドとアメックスブランドの違いをわかりやすくするために、まずはJCBブランドだけが持つ特典をまとめます。

グルメベネフィット

グルメ

グルメベネフィットは、名称こそ違いますがプラチナカードでは定番の人気特典です。

JCBが提携している有名レストランのコース料理を2名分予約すると1名分が無料となるお得な優待特典です。つまり、実質的には有名レストランのコース料理が半額で楽しめます。

また、お会計の時も「元から1名分が無料なので」といえば「どちらが払うか?」とモメることなくスマートに支払いができます。仕事でもプライベートでも活用メリットの大きい、プラチナカードならではの特典です。

上手く使えば、これだけでも年会費の元が取れます。

JCBプレミアムステイプラン

ホテル

JCBが提携している高級ホテル・旅館に特別優待価格で宿泊できるサービスです。

宿泊料金が値引きされるだけでなく、無料で部屋のアップグレードが行われたり、ウェルカムドリンクが提供されるなど、ホテル・レストランによって様々なVIP特典が用意されるケースもあります。

JCBプレミアムステイプラン、グルメベネフィットともにJCB最高峰のブラックカード「JCB THE CLASS」で採用されている特典です。これらの特典が利用できることも、JAL・JCBカードプラチナを選ぶメリットです。(ちなみに、これらの特典はANA JCBカードプレミアムでは採用されていません)

激レア!ディズニーデザインのプラチナカード

ディズニーデザイン

JAL・JCBカードプラチナには3つの種類があります。

  • JAL・JCBカードプラチナ(通常デザイン)
  • JAL・JCBカードプラチナ(ディズニーデザイン)
  • JAL CLUB EST プラチナ(20代限定)

レア度の高いディズニーデザインのプラチナカードは、通常デザインとスペックは全く同じです。

一方で、JAL CLUB EST プラチナ20代の人だけが申し込めるお得なカードとなっています。年会費に関しては通常の31,000円+税に加えてさらに2,000円+税が必要なのですが、2,000円を支払うことで以下の特典が受けられます。

  • マイルの有効期限を3年から5年に延長
  • JAL国内線利用時にサクララウンジを年間3回利用可能
  • 国内線のクラスJにアップグレードできるクーポンを毎年10区間分プレゼント
  • 毎年の初回搭乗ボーナスを+1,000マイル上乗せ
  • JAL国際線利用時にビジネスクラスのチェックインカウンターを利用可能

これだけの上質な特典がついて年会費が+2,000円というのはかなりお得ですね。特にJALファーストクラスラウンジ「サクララウンジ」は上位クレジットカード保有者でもなかなか利用できない空港ラウンジなので、人生で一度は体験してきたいほど価値があります。

JAL CLUB EST プラチナはアメックスブランドでも選べますが、ディズニーデザインが選択できるのはJCBだけです。

JCB Lounge 京都に入室できる

京都

京都駅ビルにあるJCBラウンジ京都を無料で利用できます。(同伴者1名まで無料)

このラウンジは、JCBプラチナカード(とJCBゴールドザ・プレミア)以上のランクのクレジットカードを持つ人だけが入れるラウンジです。

フリードリンクや無料Wi-Fiが提供されており、京都観光の疲れを癒やす場所としてピッタリです。場所は京都劇場の近くにあります。

JALプラチナカードとしての特典

続いて、JALプラチナカードに共通する特典を紹介します。こちらの特典はアメックスブランドでも共通です。

プライオリティパスが年会費無料

プライオリティパス

世界120ヶ国850ヶ所以上の空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパスが年会費無料で発行できます。

本来は年会費399ドルが必要なサービスなので、これだけでも年会費の元が取れる計算。同伴者の利用は1名あたり2,000円+税がかかりますが、世界中の空港ラウンジが使えるため、海外旅行でとても役立ちます。

ラウンジではフリードリンクや軽食が提供されることもあり、海外で空港ラウンジを巡るのも楽しみの一つに。

ボーナスマイルで実質年会費はさらにお得

マイル

JAL・JCBカードプラチナは、一般のJALカードよりもマイルが貯まりやすいです。

本来、JALカードは200円利用ごとに1マイルが貯まります。年会費3,000円+税を支払って「ショッピングマイルプレミアム」に登録すると、100円で1マイルが貯まるようになるのですが、年会費を払うのは厳しいですよね。

しかし、JAL・JCBカードプラチナであれば年会費3,000円のショッピングマイルプレミアムが無料になります。つまり、一切追加料金を支払うことなく、100円で1マイルが貯まるのがメリットです。

ボーナスマイルは、

  • 入会後1回目の搭乗で5,000マイル
  • 毎年、初回の搭乗で2,000マイル
  • 搭乗ごとにフライトマイルが+25%増量

の3点セットでもらえます。
1年に1度でもJALの航空機に搭乗すれば、2,000マイルは確実にもらえるので、実質的な年会費はかなり安いです。

また、JALカードなのでJALグループ便の航空券や機内販売等に関しては、100円で2マイルがもらえます。もちろんショッピングマイルも貯まるので、100円で合計3マイル獲得することが可能です。

アメックスより条件の良い最高1億円の旅行保険

旅行保険

JAL・JCBカードプラチナには、最高1億円の国内・海外旅行保険が付いています。ここで押さえておきたいのは、保険の適用条件です。

国内旅行、海外旅行ともに「自動付帯」となっており、旅行代金をJAL・JCBカードプラチナで支払わなくても保険が適用されます。

さらに、国内旅行については家族会員も同条件の旅行保険が付帯し、海外旅行に至ってはさらにお子様に対する家族特約も付くので、安心感は非常に大きいです。

JALプラチナカードには、JCBとアメックスの2ブランドがありますが、アメックスブランドは一部「利用付帯」となっているので、保険の適用条件はJCBブランドの方が良いです。

また、JAL・JCBカードプラチナには年間最高500万円のショッピング保険もついています。

プラチナコンシェルジュデスク

コンシェルジュ

プラチナカードの代表的サービスの一つ、24時間365日対応のコンシェルジュデスクが使えます。

ホテルや航空券、レストランの予約や提案をはじめ、ライフスタイルに関しても様々な相談に乗ってくれるのが、プラチナカードの秘書サービスの良いところです。

おすすめのお店を聞いたり、優待特典が使えるホテルはないか?などの質問にも対応してくれます。

コンシェルジュデスクは、アメックスブランドは「三菱UFJニコス」が、JCBブランドは「JCB」がそれぞれ対応しています。JCB THE CLASSで定評のあるJCBのコンシェルジュデスクを無料で利用できるのも、大きなメリットの一つです。

年会費無料でQUICPayやETCカードを発行

電子マネーのQUICPayや、ETCカードを年会費無料で発行できます。

支払いがスムーズに行えるQUICPay、そして高速道路がそのまま通過できるETCカード。それぞれの利用で発生した料金は後日、JAL・JCBカードプラチナの請求から引き落とされます。

そして、これらの利用料金に対しても、100円につき1マイルが貯まります。

JALの優待サービス

JAL

JAL関連の様々な特典も用意されています。

  • JALビジネスクラスのカウンターでチェックイン
  • JALの機内販売10%OFF(ポイントも2倍)
  • JALオリジナルカレンダーの送付
  • ホテルニッコー・JALシティでのアーリーチェックイン・レイトチェックアウト
  • JALカード会員限定のパッケージツアー割引
  • 国際線手荷物宅配1個500円

最後に

JCBとアメックス、2枚のJALプラチナカードを比較してみると、スペックでは圧倒的にJALが強いと感じます。

アメックスは海外で使えるお店が多く、また海外で紹介できるホテル・レストランが多いのが武器ですが、JAL・JCBカードプラチナが提供している数多くの特典を見るに、JCBを選択する人が多いのではないかと思います。

こちらの記事もおすすめです

クレジットカード広場 姉妹サイト

ページトップ