UCカード

クレジットカード一覧

UCカード

UCカードは、シンプルなカードデザインで、持つ人の年齢や性別を問わず、また使う場所を選ばないクレジットカードです。

専業主婦や学生の方など18歳以上の方なら誰でも申込みができます。

有効期限がない永久不滅ポイントも貯まるので、財テク主婦にとっても使い勝手の良いカードになると思います。

特に大きな優待特典は付いていませんが、ポイント還元やオンラインプロテクションなど、クレジットカードとして最低限の機能は完備しています。

海外旅行保険やショッピング保険が付帯したUCカードセレクトについても合わせて解説します。

有効期限なしの永久不滅ポイントが貯まる

セゾンポイントモール

UCカードの利用金額に応じて、ポイントの有効期限がない永久不滅ポイントが貯まります。

そのため、普段クレジットカードで支払う機会がなく、交換に必要なポイント数が貯まる前に失効させていた人でも使いやすいです。

通常は1,000円につき1ポイント貯まります。

貯めたポイントは1ポイント=約5円として、他社ポイントやギフト券などど交換できます。

1ポイント=5円で計算すると、ポイント還元率は0.5%になります。

これは永久不滅ポイントが貯まる他のクレジットカードと同じ還元率です。

詳しい永久不滅ポイントの貯め方と交換先は、下記の記事も参考にどうぞ。

パッケージツアーが最大8%OFF

自動車

UCカード会員向け旅行情報サイト「セゾントラベル」では、国内、海外のパッケージツアーが最大で通常の8%OFFになります。

他にも海外レンタカーの割引など、優待特典が多数用意されているので、旅行好きな人にとって使い勝手が良い旅行情報サイトです。

ネット通販も安心なオンラインプロテクション

ネット通販

ネット通販や海外での商品購入など、ネットでクレジットカードの情報を入力したり、登録することに抵抗感がある人は多いと思います。

しかし、UCカードに付いているオンラインプロテクションでは、ネット上での不正利用で、損害があった場合に補償してくれます。

万が一、カード情報が流出して、何らかの不正利用にあった場合でも、カード会社がしっかりと補償してくれるのは安心感が大きいです。

また、ポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由して通販を利用すると、永久不滅ポイントが最大で通常の30倍貯まります。

セゾンポイントモールには、楽天やAmazon、無印良品やYahoo!ショッピングなど、大手ネット通販業者も多数参加しています。

こうした通販サイトを利用するとき、UCカードを使うとポイントが貯まりやすいだけでなく、オンラインプロテクションも利用できるのは助かります。

UCカードセレクトは各種保険が付帯

UCカードセレクト

UCカードとUCカードセレクトの違いは、旅行保険とショッピング保険が付いているかどうかにあります。

UCカードセレクトは、旅行時の病気やケガの治療費、身の回り品の盗難、カードで購入した商品が破損や盗難にあった場合の補償を付帯したものです。

国内・海外旅行保険が無料で付帯

旅行保険

海外旅行保険が最大2,000万円、国内旅行保険が最大1,000万円付帯します。

海外旅行の場合は、UCカードセレクトを持っているだけで自動的に保険が適用されます(自動付帯)。

滞在中の事故や病気で医療機関を受診した際、各治療費はカード会社が補償します。

また身の回り品が(偶然な事故で)盗まれたり、壊れたりした時、1個あたり10万円を限度とした携行品損害が受けられます。

自己負担額は3,000円と安いので、商品代金や修理代が3,000円以上の身の回り品で使えます。

一方の国内旅行保険は、航空券やツアーチケットをUCカードセレクトで支払った場合に限り、保険が適用されます(利用付帯)。

ショッピング保険で購入した商品を補償

スマホチェック

UCカードセレクトを使って購入した商品が、万が一破損した場合でも、購入日より90日間、年間最高100万円まで補償してくれます。

例えば海外で購入した商品が偶然な事故で壊れてしまい、現地のショップに問い合わせることができない場合も、ショッピング保険を使うと補償してくれます。

自己負担額は1万円(1回の事故あたり、1個または1組)なので、1万円未満の商品や修理代には使えません。

年会費や審査に関する疑問を解決

年会費と審査

UCカードの年会費は1,250円+税(家族会員は400円+税)です。

一方のUCカードセレクトは、1,750円+税(家族会員は650円+税)と、少し値段が高くなっています。

国内・海外旅行保険やショッピング補償保険が付帯している分、金額が割高になっていると考えられます。

またUCカードセレクトは学生は在学中の年会費が無料となっています。

UCカードには学生無料の特典がないので、18歳以上の大学生、短大生、専門学校生にとって、UCカードセレクトは選ぶ価値のある1枚と言えます。

ただし学生以外の方には、年会費が無料になる利用条件がなく、毎年、年会費を払い続ける必要があるのがデメリットです。

入会にあたって必要な資格はありません。

18歳以上であれば、学生や専業主婦の方でも申し込みが可能です。(ただし高校生は不可)

VISAとMastercardから選べる

VISA Mastercard

VISA、Mastercardからカードブランドを選択できます。

個人的には国内・世界シェアNo.1のVISAを選んだ方が、使える場所が多いのでおすすめです。

VISAとMastercardの違いについては、下記記事で詳しく解説しています。

家族カード利用のポイントもひとまとめ

比較

UCカードでは家族カードの発行も可能です。

家族カードとは、UCカード会員の家族が使えるクレジットカードで、利用代金は本人会員の口座からまとめて引き落とされます。

UCカード、家族カードともに付与されたポイントは、すべてまとめて使えます。

そのため「貯まった永久不滅ポイントを、家族全員で使える商品と交換する」といった使い方もしやすいです。

UCカードはTHE 一般的なクレジットカード

管理人の評価

UCカードは、優待特典や年会費を見ても、特に目立ったお得感がないカードですが、定番のクレジットカードとして根強い人気を誇ります。

年会費無料のクレジットカードでも、UCカードよりもお得に使えるカードは数多くあるので、UCカードを選ぶ必要性は低いです。

ただし年間500円多く払えば、最大2,000万円代の旅行保険と年間最大100万円のショッピング保険が使えるので、選ぶならばUCカードセレクトの方がコストパフォーマンスは高いと感じます。

個人的には、UCカードのカードデザインは良いと思っています。

シンプルで派手さのないカードデザインなので、男性女性問わず、また若い方からお年寄りの方まで誰でも使えます。

年会費を抑えたい人は通常のUCカード、旅行保険やショッピング保険を付けたい人はUCカードセレクトを選ぶのが良いと思います。

だだし、カードスペック的には、同じ年会費有料でもお得な特典つきのクレジットカードは多数あります。

そのため、他のカードと比較して自分にあった1枚を選ぶことをおすすめしたいです。

永久不滅ポイントが貯まるクレジットカードとしてはセゾンカードもあります。

下記の記事では複数のラインナップから、人気のセゾンカードを比較しています。