頂上対決!REXカード(レックスカード)とリーダーズカードをガチ比較

クレジットカードの比較

レックスカードとリーダーズカードの比較

ポイント還元率の高いクレジットカード」として今最も人気が高いのが、レックスカードとリーダーズカードです。

どちらもジャックスカードが発行しているのですが、

  • REXカード:価格.comとジャックスの提携カード
  • Reader’sカード:ジャックスが単独で発行

といった違いがあります。

どのカードをを選んでも「間違いのない優秀なスペック」となりますが、ここではレックスカードとリーダーズカードの違いを徹底的に比較してみました。

REXカードとReader’sカードの比較

ポイント還元率や付帯保険など、2枚のクレジットカードの違う部分を比較しました。

ポイント還元率

ポイント還元率

ジャックスカードでは、基本的に貯めたポイントは「Jデポ」と呼ばれるジャックスのサービスと交換します。Jデポは1ポイント=1円でクレジットカードの請求書から値引きを行ってくれるサービスです。

ポイント還元率で比較すると、「レックスカードの方がお得」となります。

■レックスカード
ポイントの使い道は「通常のJデポ」のみ。還元率1.5%

■リーダーズカード
ポイントの使い道は2種類。

  • Amazon専用Jデポ:還元率1.32%
  • 通常のJデポ:還元率1.1%

Amazon専用Jデポとは、Amazon.co.jpでのお買い物でのみ消費できるリーダーズカードならではの特殊なJデポとなります。

以前は、リーダーズカードが強かったのですがポイント還元率が改悪されたことをきっかけに反転し、現在はREXカードに軍配が上がります。

付帯保険

付帯保険

付帯保険は両者とも基本的にはまったく同じです。

  • ネットあんしんサービス
  • 盗難保険
  • 国内・海外旅行保険(最高2,000万円)

の3つを標準で付帯しています。

ただし、レックスカードのみ「旅行保険の代わりにショッピング保険を付ける」ことができ、選択肢の幅が広いのが特徴です。

レックスカードでは、旅行保険を付けない代わりに、年間100万円まで、購入日より90日間有効なショッピング保険を付ける事が可能です。

旅行に行くことがほとんどない人にとっては、旅行保険は必要のないものです。
そのような場合は、万が一の商品トラブルに対応してくれるショッピング保険の方が魅力的と言えるでしょう。

デザイン

デザイン

リーダーズカードのデザインはシンプルな黒基調の券面です。
対して、レックスカードはブラックとレッドの2種類から好きなデザインが選べます。(どちらのデザインも特典などは変わりません)

デザインは完全に人の好みなのですが、ネットの口コミや意見を元に調べてみると、

  • リーダーズカード:デザインの評判はすごく良い
  • レックスカード:評価は人によって分かれる

といった感じです。
中には、「Reader’s Cardはブラックカードに見せることができる」といった意見もありました。

両者に共通する特典

2枚ともジャックスカードが発行を手がけていることから、共通する点も多くあります。

■年会費
年会費はどちらも共通で2,500円+税です。(家族カードは400円+税)
そして、初年度無料で使える他、年間50万円以上の利用で次年度無料になります。
年間50万円の無料条件は家族カードも合算で計算され、達成の際には家族カードの年会費も無料となります。

■電子マネーチャージ
電子マネーチャージでは、Suica、ICOCAがポイント還元の対象です。
nanaco、楽天Edy、WAONの電子マネーチャージはポイント対象外なのでご注意を。

■カードブランド
REXカード、リーダーズカードともにVISAのみが選択できます。