JMBローソンPontaカードVisa

B! pocket

JMBローソンPontaカードVisa

Tポイントの対抗として、ローソンを中心に立ちあげられた、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」。

2019年時点で9,100万人のPonta会員がいる人気のポイントサービスで、そのPontaポイントをさらにお得に貯められるのがJMBローソンPontaカードVisaです。

JMBローソンPontaカードVisaは、4つの会社の提携クレジットカードです。

  • JMB:JALマイレージバンク(航空会社)
  • ローソンPonta:ポイントサービス(コンビニ)
  • Visa:カードブランド
  • セゾンカード:カード発行会社

カード利用に応じてPontaポイントが貯まり、JALマイルと交換が可能です。

またローソンやローソンストア100では、PontaポイントとJALマイルのポイント2重取りもできます(事前エントリーが必要)。

年会費は永年無料(ETCカードも発行無料)。

使わず持っているだけでも、年会費や更新料は一切かかりません。

Ponta系のカードには、JALと提携していない「ローソンPontaカードVisa」があります。

JALマイレージとの交換特典以外はすべて同じなので、こちらの「JMBローソンPontaカードVisa」を選択した方がお得です。

JMBローソンPontaカードVisaの特徴

ローソンの必需品」とまで言われているJMBローソンPontaカードVisaには、多くの人から高い評価を得ているだけの、さまざまな特典があります。

また、電子マネーチャージとの相性も抜群に良いので、その辺りのメリットも含めてわかりやすく解説します。

ローソンでポイント還元率2%

ローソンで貯まる

まず最初に、ローソンでのお買い物時について。

ローソン・ローソンストア100でのお買い物で使うと、100円につき2ポイントのPontaが貯まります。

JMBローソンPontaカードVisaは、Pontaカード機能もついています。

カード払いをしなくても、当カードを提示して現金で払っても100円で1ポイントが付きます。

ポイント還元率が2%となるクレジット払いの方が圧倒的にお得です。

例えば、1ヶ月にローソンで800円の買い物を4回した場合、合計3,200円の利用金額に対して64ポイントが貯まります。

これがカード提示&現金払いだと、32Pontaポイントに半減するので、約ブラックサンダー1コ分の損失です。

ローソン以外でも、Visaカードが使えるあらゆるお店で、Pontaポイントが貯まります

JMBローソンPontaカードVisaで支払いをすると、1,000円につき5Pontaが貯まります。

ポイント還元率で示すと、以下の通りです。

  • ローソン・ローソンストア100で利用:100円で2ポイント(還元率2%)
  • ローソン以外:1,000円で5ポイント(還元率0.5%)

ローソンで使うと非常にメリットが大きいです。

JALマイルとの2重取りも可能

JALマイル

ローソンやローソンストア100でカード払いをすると、PontaポイントとJALマイルがダブルで貯まります。

そのため、JMBローソンPontaカードVisaは、ローソンで買い物する機会が多い、陸マイラーにも愛用されています。

  • Pontaポイント:100円ごとに1ポイント
  • JALマイル:1ヶ月のクレジット利用総額200円ごとに1マイル

JALマイルを貯めるには、事前エントリーが必要です。

ただし以下の方は自動エントリーになり、事前エントリーは要りません。

  • 2015年3月1日~2019年3月31日にエントリー済み
  • 2016年3月1日~2018年2月28日、2019年3月1~31日に入会

電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる

JMBローソンPontaカードVisaの隠れたメリットとして、プリペイド型の電子マネーにクレジットチャージしてもポイントが貯まるがあります。

クレジットカードによっては、ポイント還元の対象外になったり、還元率を大幅に減らされたりする場合があります。

しかし、JMBローソンPontaカードVisaでは電子マネーにチャージしても、1,000円ごとに5Pontaポイントが付与されます。(ポイント還元率は0.5%)

  • nanaco(ナナコ)
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • au WALLET

支払い時にポイントが獲得できる電子マネーであれば、クレジットチャージと電子マネー支払いでポイント2重取りも可能です。

おさいふPontaのチャージ手数料が無料に

おさいふPonta

ローソンのブランドプリペイドカード「おさいふPonta」に、クレジットカードからチャージする場合、セゾンカード発行のカード以外は、チャージ手数料がかかります。

おさいふPontaのチャージ対応表

JMBローソンPontaカードVisaは、クレディセゾン発行のクレジットカードなので、手数料は無料です。

ただし、チャージ金額に応じたPontaポイントは一切貯まりません。

おさいふPontaは利用金額500円ごとに1Pontaポイント付与なので、JMBローソンPontaカードVisaを利用した方が10倍もお得です。

WAONとPASMOへのチャージは不可

一方で、JMBローソンPontaカードVisaでは、WAON(ワオン)とPASMO(パスモ)へのクレジットチャージができません。

WAONはイオンカード、PASMOはソラチカカードなどの提携クレジットカードのみクレジットチャージに対応しています。

ちなみに、WAONへのクレジットチャージでポイントが貯まるのは「イオンカードセレクト」に限定されています。

またPASMOは提携クレジットカードと紐付けることで、オートチャージ機能も使えます。

JMBモール経由でAmazonで買い物をするとマイル獲得

JALマイル

JMBローソンPontaカードVisaは、JMB(JALマイレージバンク)の機能も兼ね備えている年会費無料のクレジットカードです。

JALが運営しているポイントアップモール「JMBモール(JALマイレージモール)」を経由して買い物をすると、さらにJALマイルも貯めることができます。

JALマイレージモールには、Amazon.co.jpやユニクロ、大丸、松坂屋など人気のオンラインショップが多数参加しています。

例えば、JALマイレージモールにアクセスし、そこからAmazon.co.jpのサイトに飛びます。

その上で、AmazonでJMBローソンPontaカードVisaで支払いをすると、JALマイルとPontaポイントをダブルで獲得できます。

  • 200円につき1マイル
  • 1,000円ごとに5Pontaポイント

マイルの獲得率はお店によって異なりますが、ネット通販を利用する際はJALマイレージモールを経由するだけで、ポイント還元を最大化できます。

Pontaポイントのお得な使い方

Ponta

Pintaポイントは、ローソンをはじめとする全国のPonta加盟店にて、1ポイント=1円として利用することが可能です。

Pontaの利用方法としてさらにお得な使い方がローソンの「Loppi お試し引換券」との交換です。

ローソン各店に設置された「Loppi(ロッピー)」を使って、ローソンのさまざまな商品のお試し引換券を発行できます。

  • 20Ponta(20円相当)でカロリーメイトと交換
  • 30Ponta(30円相当)でコアラのマーチと交換
  • 40Ponta(40円相当)で500mlのドリンクと交換

対象商品は定期的に変わるので、自分が試してみたい商品が対象になったとき、Pontaポイントとお試し券を交換すれば、ローソンでお得にお買い物ができます。

Pontaポイントの有効期限は1年間です。

ただし「ポイントを最後に獲得した日、またはポイントを最後に利用した日から1年間」です。

継続的にPontaポイントを獲得したり使っていれば、有効期限は気にする必要がありません。

JALマイレージとの相互交換が実現

PontaとJALマイルを交換

もう一つのPonta利用方法として「Pontaを使って旅行する」というものがあります。

JAL(日本航空)との提携によって生まれた相互交換サービスを利用すれば、貯めたPontaをJALのマイルと交換できます。

  • Ponta2ポイントと1マイルを交換(交換レート1:0.5)

一般的に、航空会社のマイレージは1マイル=3円相当の価値があると言われています。

Pontaポイントの使いみちがない場合や、旅行・出張にJAL便を利用する機会が多い方は、貯めたポイントをJALマイルと交換するのがおすすめです。

逆に、貯めたJALマイレージをPontaポイントに交換することも可能です。

交換レートは以下のとおりです。

3,000マイル~9,000マイル
1マイル = 0.5Pontaポイントと交換(交換レート1:0.5)
10,000マイル以上
1マイル = 1Pontaポイントと交換(交換レート1:1)

ETCカードも無料・おサイフケータイにも対応

ETC

高速料金の支払いがスムーズにおこなえるETCカードも永年無料で発行できます。

もちろん、ETCカードを利用した際に発生した高速道路の利用料金でも、1,000円ごとに5Pontaポイントが貯まります。

また、ローソン Ponta IDに登録すると、ドコモのおサイフケータイiDを利用できます。

「ローソン Ponta ID」と合わせて「ローソンモバイルPonta」に登録すると、クレジットカードやサイフを持たなくても、お買い物ができ、Pontaポイントも貯めることができます。

(ただし、この機能はローソンでのお買い物に限ります。その他のお店で利用する場合は、JMBローソンPontaカードVisaの提示がなければポイントが貯まりません)

またApple Pay対応のiPhoneやApple Watchに、JMBローソンPontaカードVisaを登録すると、QUICPayが使えます。

セゾンカード系列はQUICPayに対応しているため、当カードの電子マネーもQUICPayになります。

発行会社は信頼のセゾンカード

セゾンカード

カードを発行するのは、クレジットカード会社大手の「セゾンカード」です。

万が一のキャッシングや、定額支払のリボ払いを選択する場合も、セゾンの金融サービスが使えます。尚、JMBローソンPontaカードVisaの利用者に限り、リボ払いの初回手数料は無料となっています。

ただし、JMBローソンPontaカードVisaはセゾンカードが展開している「永久不滅ポイント」は対象外となっています。

クレジットカードのお申込み(年会費無料)

最短7営業日での発行は審査遅め?

Visa

JMBローソンPontaカードVisaは、最短7営業日でカード発行できます。

発行元はセゾンカードなのですが、セゾンの中では審査スピードは遅めです。

ネットから申込後、19時30分までであれば当日中に審査が開始されます。

電話での本人確認(場合によっては職場への在籍確認)が行われた後に、審査結果がメールで届きます。

利用者の口コミ情報によると審査スピードは早いとのことなので、審査から発行までの期間が長めという感じです。

審査結果が出た日の翌日から最短7営業日でカードの発送が開始されます。

遅くとも2週間程度あればJMBローソンPontaカードVisaを手元に受け取れます。

選択できるクレジットカードブランドは、Visaのみです。

国内No.1、アジア普及率No.1のVisaカードなら、クレジットカードが使えるお店であれば、世界中どこでもJMBローソンPontaカードVisaを使って支払えます。

Pontaポイントが貯まるクレジットカード2枚と比較

JMBローソンPontaカードVisa以外にも、カード利用でPontaポイントが貯まるクレジットカードがあります。

今回はクレジット機能付きPontaカードから、シェル-PontaクレジットカードローソンPontaプラスとの違いを比較してみます。

シェル-Pontaクレジットカード:給油でポイント還元率アップ

シェルPontaクレジットカード

JMBローソンPontaカードVisaと並んで、Pontaポイントが獲得できるクレジットカードに、シェルPonta クレジットカードがあります。

シェルPonta クレジットカードは、主に昭和シェルでのガソリン給油時にポイント還元率が上がるカードです。

シェルPonta クレジットカードを使い、昭和シェルでの支払いをすると、1リットルあたり2Pontaポイントが獲得できます。(上限は月150リットルまで)

また、ローソンやケンタッキーフライドチキンなどの「Ponta加盟店」で使った場合も、100円ごとに2ポイントがもらえます。

シェルPonta クレジットカードが優れているのは、最高2,000万円の海外旅行保険がついていることです。

(旅行代金をこのカードで支払うことが保険適用の条件となります)

一方のJMBローソンPontaカードVisaには、旅行保険はついていません。

年会費は初年度無料、2年目以降は1年に1回以上の利用で無料になります。

年会費永久無料のJMBローソンPontaカードVisaと比較すると、敷居は少し上がります。

ローソンPontaプラス:ローソンでポイント4%還元

ローソンPontaプラス

ローソンの利用に特化したクレジットカードには、ローソンPontaプラスもあります。

ローソンの買い物で、100円ごとに4Pontaポイントが貯まります。

ポイント還元率は4%と、クレジット機能付きPontaカードの中では、ダントツの高還元率です。

JMBローソンPontaカードVisaの2倍も多くのポイントを獲得できます。

ただし、電子マネーやコード決済へのクレジットチャージで、Pontaポイントは貯まりません。

発行会社がローソン銀行なので、おさいふPontaにチャージする場合、チャージ手数料がかかります。

JMBローソンPontaカードVisaはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

クレジットカード広場 管理人の口コミ

年会費は永年無料でありながら、日常的に利用するローソンでお得に使えるJMBローソンPontaカードVisa。

Pontaポイントだけでも利用シーンはたくさんありますが、旅行好きな方はJALマイレージバンクに交換もできる優れものなクレジットカードです。

JMBローソンPontaカードVisaの珍しいメリットとして、楽天Edyやnanaco、Suicaといった電子マネーのチャージもポイント対象になります。

クレジットカードの中には、電子マネーのチャージはポイント対象外も多いので、これはお得です。

TSUTAYAの展開しているTポイントに対抗するだけの普及率を誇るPonta。

これからもポイントが貯まる店舗、ポイントを使える店舗も増えていくはずなので、JMBローソンPontaカードVisaを上手く利用することで賢くお買い物ができます。

また、利用者の口コミでは「審査が早い」、「審査が緩い」と言った声もありました。

クレジットカードの審査に中々通らない方も、申し込んでみる価値はあると思います。

クレジットカードのお申込み(年会費無料)

こちらのカードも人気です

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
「賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集」初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら