定番人気の三井住友VISAカード7枚を比較!年会費や旅行保険、サービス特典で選ぶと、おすすめはどれ?

B! pocket

三井住友VISAカードおすすめ比較

「三井住友VISAカードはどれを選べばいいの?」の疑問に答えます。

三井住友カードは、日本で初めてVISAカードを発行したカード会社です。

業界大手だけあり、ブランド力や信頼性の高さ、付帯サービスの充実度などから、多くの方が利用しています。

パルテノン神殿のカードデザインは、年齢や場所を問わず、幅広く使えます。

私も三井住友VISAカードは長年愛用していますし、初心者にも安心のクレジットカードです。

初代サイト管理人は、過去に一度、海外かどこかでカード情報が流出した経験があります。

その際は、すぐに三井住友カードから電話がかかってきて、不正利用はキャンセルになりました。

電話応対の方が「ご安心ください」としっかりした対応だったので、感心した記憶があります。

三井住友VISAカードは、とにかく種類が多いです。

プロパーカードだけでなく、提携カードも含めると膨大な数になります。

数十種類以上ある三井住友カードから、自分にあった1枚を探すのは、なかなか大変です。

そこで今回は、三井住友カードが発行するプロパーカードのなかから、人気の7枚を比較します。

定番の三井住友カード3枚を比較

まずは三井住友VISAカードの定番中の定番、クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードを比較します。

クラシックカード クラシックカードA アミティエカード
ポイント還元率 0.5% 0.5% 0.5%
携帯電話料金の支払いはポイント2倍
年会費 初年度:無料
翌年度以降:1,375円
※学生は在学中無料
初年度:無料
翌年度以降:1,650円
※学生は在学中275円
初年度:無料
翌年度以降:1,375円
※学生は在学中無料
旅行保険 海外:最大2,000万円(利用付帯) 海外:最大2,500万円(自動付帯)
国内:最大2,000万円(自動付帯)
海外:最大2,500万円(自動付帯)
国内:最大2,000万円(自動付帯)

※年会費は税込み価格です。
※スマホでご覧の方は、前後にスワイプすると全部見られます。

クラシックカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードといえば「三井住友VISAクラシックカード」を指すくらい、定番のクレジットカードです。

私自身、長年愛用しているクレジットカードでもあります。

お買物安心保険、盗難補償など、クレジットカードの利用で心配な部分も、しっかり補償します。

VISAブランドは海外の支払いにも使いやすく、海外旅行保険も付帯しています。

年会費は初年度無料です。2年目以降は下記の条件を満たすと、年会費無料になります。

  • マイペイすリボへの登録
  • 1年に1回以上カードを使う

条件を満たさなかった場合は、年会費1,375円がかかります。

三井住友VISAクラシックカードの限度額は、公式情報では80万円までとなっています。

私は限度額150万円まで行けたので、基本的に当カードでなんでも支払えます。

ちなみに、150万円以上利用したい場合は、ゴールドカードに切り替えてくださいと言われました。

WEB申し込みなら、最短翌営業日のスピード発行が可能です。

▼詳細記事はこちら▼
年会費以上の価値がある?三井住友VISAカード7つの秘密・口コミ情報

クラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードA

カードデザインはクラシックカードとほぼ同じですが、1ヶ所だけ違います。

クラシックカードAの券面には、パルテノン神殿の右側にアルファベットの「A」を刻印しています。

三井住友VISAクラシックカードAは、何といっても、充実した国内・海外旅行保険が強みです。

私は当カードの存在を知らず、クラシックカードを申し込みましたが、実はクラシックカードAを選んだほうが間違いなくお得です。

クラシックカードとは違い、国内・海外旅行保険が自動付帯なので、旅行や出張の多い人におすすめです。

旅行保険の内容を比較
三井住友VISAクラシックカード
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円(利用付帯)
三井住友VISAクラシックカードA
国内旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)
海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)

クラシックカードには、国内旅行保険がありません。

海外旅行保険も適用される条件は「利用付帯」です。

利用付帯では旅行代金をクラシックカードで支払わないと、旅行保険を適用できません。

一方、クラシックカードAは、国内・海外旅行保険を自動付帯しています。

旅行会社や空港で保険商品を購入しなくても、国内・海外問わず万全の体制で楽しめます。

クレジットカードに付帯する旅行保険は「海外旅行保険」のみが多いです。

クラシックカードAは国内旅行にも対応しており、しかも自動付帯です。

旅行代金を現金やほかのクレジットカードで支払っていても、保険適用になるのは助かります。

ただし、旅行代金をクラシックカードA払いをしていない場合は、補償額が最大300万円減額します。

旅行代金には、航空機や電車、タクシーの運賃、宿泊つきパッケージツアーの費用などが該当します。

いずれかの料金をクラシックカードAで支払えば、最大の補償を受けられます。

クラシックカードAの年会費は1,650円と、クラシックカードと比較して275円高いです。

年275円の差額が、旅行保険の代金分といえます。

クラシックカードAは、マイペイすリボへの登録と年1回以上のカード利用で、年会費無料になります(初年度は無条件で年会費無料)。

クラシックカード、クラシックカードAともに、条件を満たせば無料で使えるため、クラシックカードAを選んだほうがお得です。

アミティエカード

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAカードの定番3枚のなかで、最も特典が充実しているのがアミティエカードです。

以前は女性のみ発行可能なカードでしたが、現在は男性の申込みも受け付けています。

基本的なカードスペックは、旅行保険が充実しているクラシックカードAと同じです。

三井住友VISAアミティエカードにも、国内・海外旅行保険(自動付帯)がついています。

クラシックカードAは、クラシックカードよりも年会費が少し高いのが、唯一のデメリットでした。

アミティエカードの年会費は1,375円と、クラシックカードと同額です。

もちろん、年会費は初年度無料です。

次年度以降もマイ・ペイすリボへの登録+年1回以上の利用で無料になります。

※年会費無料の優待が受けられる条件が、2021年2月分の支払いから、「マイ・ペイすリボへの登録&年1回以上のリボ払い手数料の支払い」に変更になります。

三井住友VISAアミティエカードのメリットは、国内・海外旅行保険だけではありません。

ポイント還元率は通常0.5%ですが、アミティエカードの特典で携帯料金はポイント2倍(還元率1.0%)になります。

対象となる携帯電話会社は、ドコモ、au、ソフトバンク、Yahoo!モバイルです。

MVNO(格安SIM事業者)でも楽天モバイルやUQ mobileなどは対象外です。

詳しい記事はこちらです。
旅行保険充実!三井住友VISAアミティエカードのピンクが人気な理由は

ビジネスパーソンに最適な本物志向の一枚

さらに旅行保険の充実を希望するならば、三井住友VISAエグゼクティブカードをおすすめします。

ビジネス、プライベートともに活躍する1枚となっています。

エグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカードは、カード番号などが金色で刻印された高級感あふれる1枚です。

クラシックカードと比較して、エグゼクティブカードは旅行保険を大幅に強化しています。

  • 海外旅行保険:最大4,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最大3,000万円(うち自動付帯は500万円)
  • 家族特約つき(家族も旅行保険の対象)

万が一の事態に備えて旅行保険の補償額を上げたい方、家族旅行をする機会が多い家庭にとっては、年会費を支払っても持つ価値が高いです。

三井住友VISAエグゼクティブカードは、ほかの三井住友カードとは違い、どう頑張っても年会費無料にはなりません。

エグゼクティブカードの年会費は、初年度無料、翌年度以降は3,300円かかります。

WEB明細サービスの利用とマイ・ペイすリボへの登録で、年会費は1,100円まで下がります。

年会費に1円も払いたくない人は、ほかのカードをおすすめします。

たとえば、クラシックカードAやアミティエカードは、旅行保険の最大補償額は下がりますが、実質無料で持てるカードとして人気です。

詳しい記事はこちら。
海外旅行保険のメリットが大きい三井住友VISAエグゼクティブカードの世界

20代におすすめのヤングカード

続いて、20代前半の方におすすめしたい三井住友VISAカードを2枚紹介します。

三井住友VISAカードには「20代までの限定カード」が存在します。

もちろん20代でもクラシックカードなど、前述の定番カードに申し込み可能です。

ポイント還元率や特典などは、18歳から25歳まで限定の三井住友カード「デビュープラスカード」が優れています。

▼学生は学生カードが選べます▼
三井住友の学生専用Visaカードがクレカ初心者でも安心して使える理由

デビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

20代からの人気がダントツで高いのが、三井住友VISAデビュープラスカードです。

18~25歳の方は、デビュープラスカードに申し込めます。

ほかの三井住友カードと比較して、通常のポイント還元率が高いのがメリットです。

いわゆるプロパーカードは、ポイント還元率の低さがデメリットにあげられます。

デビュープラスカードは、通常ポイント2倍、入会後3ヶ月はポイント5倍と、圧倒的にポイントが貯まりやすいです。

  • 通常:ポイント2倍(還元率1.0%)
  • 入会後3ヶ月:ポイント5倍(還元率2.5%)

入会後3ヶ月の期間中にまとめ買いすると、さらに多くのポイントを獲得できます。

年会費は1,375円ですが、年1回以上の利用で次年度無料です。(初年度は無条件で無料)

マイ・ペイすリボの登録が不要なので、リスクの高いリボ払いを選ばずとも無料で使えます。

三井住友デビュープラスカードは、残念ながら旅行保険を付帯していません

クレジットカードの旅行保険を活用したい方は、前述のクラシックカードAやアミティエをおすすめします。

三井住友カードは、国際ブランドをVISAとMastercardから選べます。

ただし、デビュープラスカードはVISAだけの取り扱いです。

Mastercardと比べて、VISAは国内外問わず使えるお店が多いです。

特に初めてのクレジットカードならば、VISAをおすすめします。

ほかの三井住友カードと同じく、最短翌営業日のスピード発行が可能です。

ちなみに、デビュープラスカード所有者が26歳になると、最初の更新年で自動的にプライムゴールドカードへ切り替えになります。

詳細記事はこちら。
25歳以下限定!超お得な三井住友VISAデビュープラスカードの本気度が凄い

プライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20~29歳だけが持てるヤングゴールドカードです。

ゴールドカードだけあり、次年度以降の年会費は5,500円と割高です。

ただし、国内28ヶ所以上の空港にある「空港ラウンジ」が無料で使えたり、国内・海外旅行保険(最高5,000万円)が付帯したりします。

20代でゴールドカード所有者は、ほとんどいないため、同世代と差をつけられます。

デビュープラスカードのような、ポイント還元率のアップはありません。

毎年一定金額以上を利用した人がもらえるボーナスポイントは、クラシックカードの2倍になります。

プライムゴールドカードで、最も価値のある付帯サービスが、充実した旅行保険です。

国内・海外旅行保険の補償額は最高5,000万円(自動付帯分1,000万円、利用付帯分4,000万円)、ショッピング保険も年間最高300万円と高額になっています。

これらの補償額は、一般カードを大きく上回る、ゴールドカードならでは手厚さといえます。

年会費は初年度無料。次年度以降の年会費は5,500円です。

WEB明細書サービスの利用やマイ・ペイすリボへの登録で、年会費の割引が受けられます。

詳細記事はこちらです。
20代が絶対持つべき三井住友VISAプライムゴールドカードの評判は?

リボ払い専用は手数料率の低さが魅力

リボ払いとは、毎月の支払い額が一定になる支払い方法です。

三井住友カードのリボ払いには、支払いが自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」、買い物の後からリボ払いに変更できる「あとからリボ」があります。

2回目の支払いからは、リボ手数料がかかります。

リボ払い手数料率は実質年率15.0%と、一回払いや分割払いと比べて高いです。

使い方を間違えると、いつまで経っても支払いが終わらないリボ払い地獄に陥る可能性があります。

後述の三井住友カードリボスタイルは、リボ払い専用カードです。

リボ払い手数料率は9.8%と、金利がかなり低く、リボ手数料を安く抑えられます。

リボスタイル

三井住友カード リボスタイルは、年会費完全無料で使えるリボ払い専用カードです。

一般的なクレジットカードと同じように使えますが、毎月の支払い額は利用金額に関係なく一定です。

リボ払いを利用するデメリットに、手数料率の高さがあげられます。

リボスタイルの実質年率は9.8%とかなり低く、月々の支払い負担を少なくできます。

返済方式は「残高スライド元利定額」です。キャッシングやカードローンで使われるのと同じものです。

返済期間が長期化しやすいため、リボ手数料も増加しやすい点に注意してください。

それでも実質年率9.8%はかなり低く、ほかのリボ払いよりも、リボ払い手数料を安くできます。

リボ払いを利用する場合は、最も使い勝手が優れているクレジットカードといえます。

記事はこちらです。
三井住友カードリボスタイルはリボ払い手数料率が驚異の1ケタ台!エブリプラスやJCB CARD Rからの切り替えも要検討レベル

自分にあったカードの選び方をおさらい

管理人はこう思う

三井住友カードは種類が多いため、自分の希望する使い方に適したカードも見つけやすいです。

年齢や利用目的ごとに、おすすめの三井住友カードをまとめました。

デビュープラスカード
・年齢は18~25歳
・ポイント還元率を重視したい
・将来的にゴールドカードを持ちたい
・旅行保険はなくてもいい
プライムゴールドカード
・年齢は20代
・ゴールドカードを持ちたい
・国内の空港ラウンジを無料で使いたい
・国内・海外旅行保険やショッピング補償を重視したい
クラシックカード
・三井住友カードのスタンダードカードを持ちたい
クラシックカードA
・支払いに使わなくても国内・海外旅行保険の補償を受けたい
・クラシックカードよりも年会費が上がってもいい
アミティエカード
・ピンク色のクレジットカードを探している
・携帯電話料金はカードで支払う予定
・クラシックカードと同金額の年会費で使いたい
エグゼクティブカード
・年会費が割高でも国内・海外旅行保険の補償を強化したい
リボスタイルカード
・リボ払いの手数料を安くしたい

ちなみに、三井住友カードは、VISAのイメージが強いですが、実はMastercardもあります。

すでにVISAブランドのクレジットカードをお持ちの方は、Mastercardを選ぶのもよいかと思います。

MastercardはVISAに次ぐ国際ブランドです。VISAとMastercardを2枚持ちすれば、使えるお店の幅が広がります。

三井住友Visaカード 公式サイトはこちら

あわせて読みたい

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら