定番人気の三井住友カード4枚を比較!年会費や旅行保険、サービス特典で選ぶと、おすすめはどれ?

B! pocket

三井住友カード比較

「三井住友カードはどれを選べばいいの?」の疑問に答えます。

三井住友カードは、日本で初めてVISAカードを発行したカード会社です。

業界大手だけあり、ブランド力や信頼性の高さ、付帯サービスの充実度などから、多くの方が利用しています。

シンプルでありながらシャープなカードデザインは、年齢や場所を問わず、幅広く使えます。

私も三井住友カードは長年愛用していますし、初心者にも安心のクレジットカードです。

初代サイト管理人は、過去に一度、海外かどこかでカード情報が流出した経験があります。

その際は、すぐに三井住友カードから電話がかかってきて、不正利用はキャンセルになりました。

電話の方が「ご安心ください」としっかりした対応だったので、感心した記憶があります。

三井住友カードは、とにかく種類が多いです。

プロパーカードだけでなく、提携カードも含めると膨大な数になります。

数十種類以上ある三井住友カードから、自分にあった1枚を探すのは、なかなか大変です。

そこで今回は、三井住友カードが発行するプロパーカードのなかから、人気の7枚を比較します。

定番の三井住友カード3枚を比較

まずは三井住友カードの定番中の定番、三井住友カードのスペックをまとめます。

三井住友カード
ポイント還元率 0.5~2.5%
年会費 初年度:インターネット入会で無料
翌年度以降:1,375円
※学生は在学中無料
旅行保険 海外:最大2,000万円(利用付帯)

※年会費は税込み価格です。
※スマホでご覧の方は、前後にスワイプすると全部見られます。
※傷害死亡・後遺障害補償はカード決済有無によって最高補償額が異なります。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードといえば「三井住友カード」をいうくらい、定番のクレジットカードです。

私自身、長年愛用しているクレジットカードでもあります。

お買物安心保険、盗難補償など、クレジットカード利用で心配に思う部分も、しっかり補償します。

VISAブランドは海外の支払いにも使いやすく、海外旅行保険も付帯しています。

年会費は、インターネット入会で初年度無料です。2年目以降は年会費1,375円がかかります。

三井住友カードの利用枠は、公式情報では100万円までとなっています。

私は限度額150万円までいけたので、基本的に当カードでなんでも支払えます。

ちなみに、150万円以上利用したい場合は、ゴールドカードに切り替えてくださいと言われました。

WEB申し込みなら、最短翌営業日のスピード発行が可能です。

▼詳細記事はこちら▼
年会費以上の価値がある?三井住友カード7つの秘密・口コミ情報

20代におすすめのヤングカード

続いて、20代前半の方におすすめしたい三井住友カードを2枚紹介します。

三井住友カードには「20代までの限定カード」が存在します。

もちろん20代でも三井住友カードなど、前述の定番カードに申し込み可能です。

ポイント還元率や特典などは、18歳から25歳まで限定の三井住友カード「デビュープラスカード」が優れています。

▼学生は学生カードが選べます▼
三井住友の学生専用Visaカードがクレカ初心者でも安心して使える理由

デビュープラスカード

三井住友カード デビュープラス

20代からの人気がダントツで高いのが、三井住友カード デビュープラスです。

18~25歳の方は、デビュープラスカードに申し込めます。

ほかの三井住友カードと比較して、通常のポイント還元率が高いのがメリットです。

いわゆるプロパーカードは、ポイント還元率の低さがデメリットにあげられます。

デビュープラスカードは、通常ポイント2倍、入会後3ヶ月はポイント5倍と、圧倒的にポイントが貯まりやすいです。

  • 通常:ポイント2倍(還元率1.0%)
  • 入会後3ヶ月:ポイント5倍(還元率2.5%)

入会後3ヶ月の期間中にまとめ買いすると、さらに多くのポイントを獲得できます。

年会費は1,375円ですが、年1回以上の利用で次年度無料です(初年度は無条件で無料)。

しかし、三井住友カード デビュープラスは、残念ながら旅行保険を付帯していません

三井住友カードは、国際ブランドをVISAとMastercardから選べます。

ただし、デビュープラスカードはVISAだけの取り扱いです。

Mastercardと比べ、VISAは国内外問わず使えるお店が多いです。

特に初めてのクレジットカードなら、VISAをおすすめします。

ほかの三井住友カードと同じく、最短翌営業日のスピード発行が可能です。

ちなみに、デビュープラスカード所有者が満26歳になると、最初の更新年で自動的にプライムゴールドカードへ切り替えになります。

詳細記事はこちら。
25歳以下限定!超お得な三井住友カード デビュープラスの本気度が凄い

お申込みはこちら(初年度無料)

プライムゴールドカード

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールドは、20~29歳だけが持てるヤングゴールドカードです。

ゴールドカードだけあり、次年度以降の年会費は5,500円と割高です。

ただし、国内の主要空港にある「空港ラウンジ」が無料で使えたり、国内・海外旅行保険(最高5,000万円)が付帯したりします。

20代でゴールドカード所有者は、ほとんどいないため、同世代と差をつけられます。

デビュープラスカードのような、ポイント還元率のアップはありません。

毎年一定金額以上を利用した人がもらえるボーナスポイントは、三井住友カードの2倍になります。
(※2020年6月26日以降は、Vポイントにてプレゼントになります)

プライムゴールドカードで、もっとも価値のある付帯サービスが、充実した旅行保険です。

国内・海外旅行保険の補償額は最高5,000万円(自動付帯分1,000万円、利用付帯分4,000万円)、ショッピング保険も年間最高300万円と高額になっています。

これらの補償額は、一般カードを大きく上回る、ゴールドカードならでは手厚さといえます。

年会費は初年度無料。次年度以降の年会費は5,500円です。

詳細記事はこちらです。
20代が絶対持つべき三井住友カード プライムゴールドの評判は?

お申込みはこちら(初年度無料)

リボ払い専用は手数料率の低さが魅力

リボ払いとは、毎月の支払い額が一定になる支払い方法です。

三井住友カードのリボ払いには、支払いが自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」、買い物の後からリボ払いに変更できる「あとからリボ」があります。

2回目の支払いからは、リボ手数料がかかります。

使い方を間違えると、いつまで経っても支払いが終わらない「リボ払い地獄」に陥る可能性があります。

後述の三井住友カードリボスタイルは、リボ払い専用カードです。

リボスタイル

三井住友VISAカードリボスタイル

三井住友カード リボスタイルは、年会費が永年無料で使えるリボ払い専用カードです。

一般的なクレジットカードと同じように使えますが、毎月の支払い額は利用金額に関係なく一定です。

リボ払いを利用するデメリットに、手数料率の高さがあげられます。

リボ払い手数料は三井住友カード公式サイトにてご確認下さい。

返済方式は「残高スライド元利定額」です。キャッシングやカードローンで使われるのと同じものです。

返済期間が長期化しやすいため、リボ手数料も増加しやすい点に注意してください。

リボ払いを利用する場合は、非常に使い勝手が優れているクレジットカードといえます。

記事はこちらです。
三井住友カードリボスタイルはリボ払い手数料率が驚異の1ケタ台!エブリプラスやJCB CARD Rからの切り替えも要検討レベル

三井住友カード リボスタイル お申込みはこちら(年会費無料)

自分にあったカードの選び方をおさらい

管理人はこう思う

三井住友カードは種類が多いため、自分の希望する使い方に適したカードも見つけやすいです。

年齢や利用目的ごとに、おすすめの三井住友カードをまとめました。

デビュープラスカード
・年齢は18~25歳
・ポイント還元率を重視したい
・将来的にゴールドカードを持ちたい
・旅行保険はなくてもいい
プライムゴールドカード
・年齢は20代
・ゴールドカードを持ちたい
・国内の空港ラウンジを無料で使いたい
・国内・海外旅行保険やショッピング補償を重視したい
三井住友カード
・三井住友カードのスタンダードカードを持ちたい
リボスタイルカード
・リボ払いの手数料を安くしたい

ちなみに、三井住友カードは、VISAのイメージが強いですが、実はMastercardもあります。

すでにVISAブランドのクレジットカードをお持ちの方は、Mastercardを選ぶのもよいかと思います。

MastercardはVISAに次ぐ国際ブランドです。VISAとMastercardを2枚持ちすれば、使えるお店の幅が広がります。

三井住友カード 公式サイトはこちら

あわせて読みたい

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。