まだ白木屋でクーポンだけ使ってるの?モンテローザはエポスカードのポイント加算でさらなる値引き

活用術

居酒屋での飲み会

白木屋での飲食代は、クーポン割引き適用後からさらに安くできます。

白木屋や魚民、笑笑などの居酒屋を展開するモンテローザグループは、学生から社会人まで多くの方に利用されています。

すでにご存知の方も多いと思いますが、モンテローザグループの居酒屋ではたいてい、クーポンが配布されていますので、活用しない手はありません。

クーポンの入手場所としては、ホットペッパーやぐるなび、食べログの他に、モンテローザの公式アプリでもクーポンの検索ができます。

しかし、クーポンによって割引きされる金額はごくわずかですよね。。。もっと飲み代は安くならないものかと。

実は、ほとんど知られていない裏ワザなのですが、エポスカードという年会費無料のクレジットカードで支払うと、ポイントが5倍になるため、実質的には飲み代をさらに安くできます

ポイント5倍はどれくらいお得なのか

コストダウン

エポスカードは全国10,000店舗以上で優待が使える年会費無料のクレジットカードです。(カードは無料で作れます)

居酒屋の白木屋やカラオケのシダックス、そしてファミレスのロイヤルホストなど。

エポスカードはショッピングモール運営の「マルイ」が展開しているクレジットカードなので、マルイでの優待も大きいです。(年4回10%OFF、毎日ポイント1%還元など)

その優待特典の一つとして、「白木屋でのポイント5倍」があります。

エポスカードは通常200円につき1ポイントが貯まるので、白木屋で使った場合は200円ごとに5ポイントが付与されます。(還元率は2.5%)

2.5%のポイント還元が受けられるということは、実質的にはクーポン適用後の値段から、さらに2.5%値引きされるのと同じです。

消費税が5%から8%になって「すごく高くなった」と感じませんでしたか?

たった3%の値上げでも、実は家計にとって無視できない大きさです。

エポスカードによる2.5%還元は、残念ながら3%には届きませんが、それぐらい効果の大きいポイント還元だということです。

例えば、4人で白木屋に飲みに行くと、クーポン値引き後の会計でも1万円はすると思います。

仮に毎月1回しか飲みに行かなかったとしても、飲み代だけで年間12万円になります。(もちろん12万円を4人で割り勘するわけですが…)

もしこの12万円をエポスカードで支払い、ポイントが5倍になると、1年間で3,000円相当のポイントを貯められます

貯めたポイントは、モンテローザグループで使えるお食事券の他に、マルイでの買い物券やドコモポイントなど、様々なクーポン・ポイントと交換可能です。(1ポイント=1円)

貯まったポイントはお食事券への交換でさらにお得

モンテローザお食事券

エポスカードの利用で貯まるエポスポイントは「1ポイント=1円相当」で、マルイの店舗やショッピングの支払いに使ったり、商品券やギフト券の交換ができたりします。

その中でも、お得度が高いのが「モンテローザお食事券」への交換です。

800ポイント→モンテローザお食事券1,000円分(500円✕2枚)なので「1ポイント=1.25円相当」と還元率がアップします。

1人あたり4枚まで支払いに使えることを考えると、1品分のおつまみが浮く計算になります。

有効期限は約3ヶ月と短めですが、モンテローザグループのお店を良く行かれる方は、交換する価値が高いと思います。

期間限定の優待特典も多い

女性

またエポスカードでは、さらにモンテローザの食事がお得になる特別優待も期間限定で実施されています。

過去に行なわれていた特別優待▼

  • ポイント5倍+料理代が20%OFF
  • 事前エントリーでエポスポイント20倍
  • エポスカードの利用+クーポン提示で、会計から1,000円引き

特別優待の情報は、エポスカード会員向けのページで掲載されているので、お店に行く前にチェックしておくことをおすすめします。

ポイントがアップするのは白木屋だけじゃない

モンテローザ

もちろん、エポスカードでポイントが5倍になるのは白木屋だけではありません。全国約11,000店舗のモンテローザグループで、5倍のポイントが貯まります。

日本を代表する居酒屋経営のモンテローザグループ、実はこんなにたくさんブランドがあります。。。

モンテローザグループの優待店舗一覧(エポトクプラザ)

さらに、おまけ的な特典になりますが、モンテローザグループが展開している海外店舗に関しては飲食代金20%OFFで利用できます。(海外店舗ではホットペッパーもぐるなびも使えませんから、メリットが大きいです)

エポスカードはVisaブランドなので、特に東南アジアでは使えるお店が多いです。海外旅行に行った時にも支払いの際に役立ちます。

ちなみに、エポスカードには最高2,000万円の海外旅行保険も付いています

旅行会社からおすすめされた旅行保険や、空港の自販機で売っている保険を買う必要がなくなります。

エポスカードの旅行保険は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」なので海外旅行時の節約にも繋がります。

ここまでついて年会費無料というのは、他のカードと比較しても「さすが」というのが正直な感想です。

モンテエポスカードとの違いは特になし

モンテエポスカード

ちなみにエポスカードには、モンテローザグループと提携したモンテエポスカードというクレジットカードもあります。

エポスカードと同じく、入会金・年会費は永年無料です。

基本的にエポスカードの特典やサービス、機能は、全て共通です。

そのため、エポスカード1枚あれば、新しくモンテエポスカードを申し込む必要はありません。

またエポスカードは、カードデザインの種類が、他のクレジットカードと比較にならないほど豊富です。

「会計時にクレジットカードを出した時、見栄えが良いデザインのカードが欲しい」と思う人にも、エポスカードはおすすめです。

エポスカードのカードデザインに関しては、下記の記事も参考にどうぞ。ラインナップが多くて選ぶのを迷うほどです。

ただしモンテエポスカードに申し込むと、独自の新規入会特典が受けられます。

モンテエポスカード新規入会特典の例▼

  • モンテローザ各店舗での会計総額から何度でも10%OFF(他の割引と併用OK)
  • 白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、山内農場などで使えるお食事券4,000円分プレゼント

内容に魅力を感じる方は、発行する価値はあると思います。

その他、エポスカードについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もお読みください。