リボ払いに注意!ACマスターカードの支払いで絶対気をつけたい落とし穴

カード払い

ACマスターカードは年会費無料で使えるクレジットカードです。また、審査がわかりやすいことや即日発行できるカードとしても知られており、すぐ欲しい方や審査で不安な方にも人気です。

いわゆるキャッシング用のローンカードではなく、あくまでもただのクレジットカードです。(ローン機能付きカードも選べます)

ただし、ACマスターカードは「リボ払い専用カード」です。支払方法には十分な理解が必要です。ここでは、ACマスターカードのリボ払いの仕組みや、リボ手数料0円で使う方法をご紹介します。

リボ専用カードの特徴

通常のクレジットカードでリボ払いをしたい場合は、レジで「リボ払いでお願いします!」という必要があります。しかし、分割で払いますと宣言しているようなものなので、安い商品でリボを使うと、レジの店員さんに「この人お金持っていないのかな?」と思われる可能性があります。なんとなく、ちょっと恥ずかしい気持ちになりますよね?

ACマスターカードのようなリボ専用カードの良いところは、「1回払いでお願いします!」とレジの店員さんに伝えても、請求は自動的に分割払いになることです。これなら恥ずかしい思いはしなくてよく、気持よく買い物ができます。

リボ払いとは

説明が遅れましたが、リボ払いとは分割払いの一種です。「毎月定額の分割払い」というとわかりやすいと思います。

あらかじめ、毎月のリボ支払い額を決めておくのですが、例えば「5,000円」と設定したとします。すると、その月にクレジトカードを2万円使って、またその次の月にクレジトカードを1万円使っても、請求金額は常に一定の5,000円となります。

1ヶ月2万円のカードを使うと、その分を毎月5,000円に分けて、4ヶ月かけて支払うことになります。メリットとしては、「毎月定額の支払いなので家計負担が楽」だということです。

デメリットもあります

しかし、リボ支払いにはデメリットもあります。それは、2ヶ月目以降からは毎月金利(利息)が発生することです。分割払いは一種のローンなので、金利が発生するのは当然と言えます。リボ払いで発生する金利のことを、「リボ手数料」といいます。

そして実は、このリボ手数料の金利が尋常じゃなく高いです。支払いの管理を間違うと、いわゆる「リボ地獄」に陥ってしまう危険性があります。

ACマスターカードのリボ手数料は、実質年率10.0%~14.6%です。(※ショッピング利用時)

実はこれはとても優秀なぐらいで、他のクレジトカードのリボ手数料は年率15.0%が普通です。

ACマスターカードはむしろリボ専用カードとしても優秀な部類に入るのですが、それでもやはり年率14.6%はちょっと高いと思います。。。

ただ、基本的にリボ手数料は2回目から発生するので、1回目(最初の月)は無料です。この部分はとても大事なポイントなので覚えておいてください。

増額払いが可能

ACマスターカードのメリットは、リボ払いに対していつでも「増額支払いができる」ことです。例えば、毎月のリボ設定額が5,000円でも、お金に余裕のある月は1万円を支払うとか、ボーナス月に一括で支払うことが可能です。

お金に余裕がある時は、積極的に増額返済した方が、リボ手数料を安く抑えられるのでお得です。こういった柔軟な支払いに対応している点も、ACマスターカードが選ばれる理由の一つだと思います。

リボ手数料を0円にする方法

リボ専用カードは、必ずしもリボ払いをしなくてはならないことはありません。ACマスターカードが持つ、「年会費無料・即日発行・審査がわかりやすい」といったメリットを受けながらも、リボ手数料は一切払いたくない人もいると思います。

そういう場合は、毎月のリボの支払額を以下のように設定してください。
クレジットカードの限度額=毎月のリボ支払い金額

すると、クレジットカードの利用金額が強制的に一括払いになります。前述しましたが、リボ払いは1回目は手数料が発生しないので、この方法を使えば、手数料は一切発生しません。

分割払いのできない一括クレジットカードとして使えるので、リボが怖い方でも安心して利用できます。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト