ブラックカード取得に必要な年収は?

B! pocket

年収

クレジットカードの審査基準として一番わかりやすいのが『年収』です。

たくさん稼いでいる人の方がたくさんお金を使ってくれる可能性が高いです。だからカード会社も積極的にブラックカードを持ってもらう。このような図式には納得がいきます。

必要年収は平均1,000万円~2,000万円

ひとこと、ブラックカードと言ってもピンキリなので、各社によって審査基準はバラバラです。

しかし、いろいろなカード会社の情報や年会費から考えると、やはりブラックカードの取得には年収1,000万円~2,000万円程度は必要になります。

年収数百万円の人がブラックカードを取得した話もありますが、年収が少ないのに年会費数十万円もするブラックカードを持ったとしても、宝の持ち腐れになってしまいかねません。

ブラックカードのデスクを使い倒せるぐらいの決済額がなければ、年会費の元を取るのは難しいと思います。

必要年収の情報をまとめてみる

カード会社によってブラックカードの取得に必要な年収はまちまちです。

噂ベースの情報が多いのも事実ですが、どのような条件があるのかまとめました。

アメックス センチュリオンカード

一般的にブラックカードと言えばこのカードと言われるぐらいの代名詞となっているのがアメックス センチュリオンカードです。

アメックスセンチュリオンは、プラチナカード会員の中から利用実績や年収に応じて特別に審査をし、条件に該当する人に対してインビテーション(招待制)で案内が届きます。

よって、年収はあまり関係ありません

センチュリオンカードが出回り始めた初期の頃は、年収数百万円のサラリーマンに対しても発行していました。

しかし、現在の年会費は35万円+税(初年度は入会金85万円+税)かかります。

年収数百万円のサラリーマンでは年会費を払い続けるのも難しいと思うので、やはり年収1,000万円以上は必要になります。

ダイナースクラブプレミアム

ダイナースクラブのブラックカードに相当するのが、ダイナースクラブプレミアムです。

現在、日本国内においては三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブがダイナースクラブの事業を運営しています。

そのため、三井住友信託銀行の取引状況が審査に影響する可能性があります。

ダイナースクラブプレミアムの取得に必要な年収は明かされていません。

しかし、ダイナースクラブの一般カードの取得条件に「年収500万円以上」というものがあります。

よって、ブラックカード取得に必要な年収はアメックスと同じく、やはり1,000万円以上は必要だと考えるのが妥当だと思います。

ダイナースクラブは「社会的地位が高い」「支払い実績がある」といったステータス性を重視した条件も必要であることがわかっています。

取得条件などの詳細はこちら。

年収1,000万円以上の人限定?人気ブラックカードの取得方法まとめ

JCB THE CLASS

国産のクレジットカードブランド、JCBカードの最高峰となるのが「THE CLASS(ザ・クラス)」です。

カード券面は黒色で、JCBのブラックカードがこれにあたります。

THE CLASSの取得には年収1,500万円以上が必要です。

その他にも「自家保有」や「年齢制限」などさまざまな条件があります。

少なくとも年収が1,500万円以上あり、それだけの金額を稼げるだけの職業についていなければJCB THE CLASSを手に入れるのは難しそうです。

ただし、長期的にJCBカード(ゴールドやプラチナ)を利用していると、年収が1,500万円未満でもインビテーションが届く場合もあります。

関連記事:
年収500万円でもJCB THE CLASSを手に入れた人の条件と体験談

年収関係なし!なカード会社も

とある銀行系カードのブラックカード発行条件には、年収は必要ありません。

年収よりも保有資産残高を重視しているところもあります。

事例:
不動産保有+1億円以上の月平均預金残高がある顧客にブラックカードを発行

銀行系なので、自分の銀行にたくさんお金を預けてくれる人に対して配布しているという感じですね。

年収が高いだけではブラックカードは取得できない

ブラックカードは究極のステータスカードと言われています。

カードを持ってもらうということは、カード会社がその人のことを認めたということにも繋がります。

ですので、たとえ年収がどれだけ高くても、犯罪を犯した人や問題のある人に対してはブラックカードは発行しないようです。

危険な人にブラックカードを渡してしまうと、カード会社の信用にもキズが付きますからね。

ブラックカードを取得するには、年収だけでなく、信用やこれまでの支払い実績など、総合的な審査が必要であることを覚えておきましょう。

利用実績が重視される

ネットで調べると「年収300万円でブラックカードが入手できた」という話もチラホラあります。

年収は基本的に自己申告であり、収入証明書などを提示しなければ、本当にその金額を稼いでいるかは不明です。

カード会社にとって一番困るのは、貸し倒れが起こることです。

クレジットカード会社からすれば、年収1億円でも毎月10万円しか使ってくれない人と、年収300万円でも毎月300万円使ってくれて、ちゃんと支払ってくれる人の方が信用できるはずです。

(年収が低くても遺産相続などで膨大な資産を持っている人なら毎月300万円使えますよね)

結論をまとめると

  • ブラックカードに必要な年収は1,000万円~2,000万円程度
  • 年収よりも保有資産や利用実績が重視される
  • グレーなビジネスをしているなど、会員のステータス制に問題がないこと

自分で申込みが可能なブラックカード

ラグジュアリーカード(ブラック)

ブラックカードを手に入れるには、基本的にゴールドカードやプラチナカードを利用しながら、招待(インビテーション)を待つ必要があります。

どのタイミングで招待が来るかは分からないため、

自分はブラックカードを持つのに必要な年収に足りていない。

このままカードを使っていても、インビテーションは来ないだろう。

と思っている人も少なくありません。

しかし、ラグジュアリーカードは自分自身で申込みができる、極めて稀なブラックカードです。

ラグジュアリーカードは、Mastercardブランドの最上級にあたる「ワールドエリート」のクレジットカードです。

いわゆる、一般的なクレジットカードのブラックカードに相当します。

ラグジュアリーカードには「チタン」「ブラック」「ゴールド」の3種類あり、いずれも金属製カードという珍しい仕様です。

ラグジュアリーカードの種類

その中でチタンカードとブラックカードは直接申し込みが可能です。

年収や利用実績を理由にブラックカードの詳細を諦めている方も、自分で申し込んでみる価値はあります。

もちろん、コンシェルジュサービスや空港ラウンジの無料利用、レストラン・ホテルでの優待など、ラグジュアリーカード特典も他のブラックカードと違いありません。

ちなみに、ラグジュアリーカードの最上位カードは「ゴールドカード」です。

こちらはカード表面に純金メッキが施されており、高級感ある見た目になっています。

ゴールドカードは招待制なので、まずはブラックカードから始めて、更に上位カードを目指せる楽しみがあるのも良いと思います。

ラグジュアリーカードの公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ブラックカードの七不思議」の初代管理人です。プラチナカードを何枚か保有しているものの、実は年会費の値上げにおびえています。いつかはブラックカードを手に入れたいと思っており、クレヒスを高める毎日です。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

1件のコメント

No Name

アメックスカードを所有していないのにプラチナカードのインビテーションが来ました 

質問・コメントはこちら

こちらの記事もおすすめです