日本初Mastercardの最上ランクのカードが登場!Luxury Card(ラグジュアリーカード)

更新日:

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは、新生銀行グループのカード会社アプラスが発行するマスターカードです。

アメリカで富裕層向けにクレジットカードを提供するBlack Card LLCと提携しており、日本初となるMastercard最上級の「World Elite」が利用可能なクレジットカードです。

他社のブラックカードと同等のハイクラスなステータスカードとなっています。

ラグジュアリーカードには「Titanium Card(チタンカード)」「Black Card(ブラックカード)」「Gold Card(ゴールドカード)」があります。

その中でチタンカードとブラックカードは、直接申し込めます。ゴールドカードはインビテーション(紹介)が必要です。

ラグジュアリーカードの特徴

日本初のMastercard最上級ランクのクレジットカード

World Elite card

ラグジュアリーカードには「Titanium Card(チタンカード)」「Black Card(ブラックカード)」「Gold Card(ゴールドカード)」の3種類あり、全てがMastercardの最上級ランクのWorld Elite(ワールドエリート)です。

クレジットカードフェイス(券面)のMastercardロゴが通常の「赤・オレンジ」とは違うので、見ただけでWorld Elite Mastercardだとすぐに分かります。

World Elite Mastercardが付帯したクレジットカードは日本初で、全カード共通でブラックカードに相当するステータスがあります。

24時間対応の「コンシェルジュサービス」や、世界中の空港ラウンジが無料で使える「プライオリティ・パス」、高額な旅行保険など、ラグジュアリーカードならではの特典も優秀です。

個性的な金属製カード

クレジットカードのステータスは一般的に「ゴールドカード < プラチナカード < ブラックカード」ですが、ラグジュアリーカードでは「チタンカード < ブラックカード < ゴールド」の順です。

最上級が「ゴールド」な理由にはカードに純金メッキが施されていることが挙げられます。

ラグジュアリーカードは、全カードとも大変珍しい金属製カードです。

  • ゴールド:純金コーティング
  • ブラッグ:マッドブラック
  • チタン:ブラッシュド加工

プラスチックカードとは比べ物にならないほど、耐久性が高く(曲げようとしても全く曲がらない)、持った時の重厚感が圧倒的に違うので「ステータスカード」と呼ぶにふさわしい1枚になっています。

カードの大きさや厚みは一般的なクレジットカードと同じなので、どこでも問題なく使えます。

他とは違うカードデザインに魅力を感じて、ラグジュアリーカードを申し込む人もいるくらい、唯一無二のクレジットカードと言えます。

24時間対応のコンシェルジュサービス

プラチナ・コンシェルジュサービス

24時間365日、いつでもコンシェルジュサービス「Luxury Card Concierge」が利用できます。

いつでも電話一つで、要望に合わせたホテルや旅行券、ホテル、レストランの予約手配や、商品の検索・購入サポートまで幅広く対応してもらえます。

自分で調べたり予約したりする必要がないので、貴重な時間の節約になり、ワンランク上のサービスが受けられます。

カードの裏面にコンシェルジュの電話番号が記載されているので、電話をかければ、すぐにコンシェルジュに繋がります。

自動音声ガイダンスに従って操作する一手間がなく、本人確認の為にカード番号を聞かれることもないので、コンシェルジュの電話番号さえ登録しておけば、すぐに問い合わせが行なえます。

問い合わせの回答はメールでももらえるので、慌てて内容をメモする必要性はなく、後からかかってくる電話を待ったり、取り逃がしたりすることもありません。

メールだけでも問い合わせから回答まで完結可能なので、電話でのやり取りが苦手、電話する時間が取れない時も使いやすいです。

またコンシェルジュで一定金額以上の旅行商品を購入すると、空港リムジンサービスまたは次回旅行商品を予約時に利用可能なトラベルクレジットももらえます。

予約が難しい店の席確保&リムジン送迎サービス

高級レストラン

ラグジュアリーカードでは、予約が難しい有名店(日本を代表する名店や隠れ家的レストランなど)で会員専用の席を確保してくれる「Luxury Table(ラグジュアリーテーブル)」も利用できます。

またLuxury Tableを利用する際、指定場所(自宅、職場、駅など)とレストランをリムジンで送迎するサービス「Luxury Limousine(ラグジュアリーリムジン)」もあり、商談相手や大切な人をもてなしたい時に、好感度が高いサービスを体験していただけます。

世界各地のホテル、リゾート、旅館で優待

宿泊

VIPホテル&トラベルプログラムでは、世界3,000ヶ所以上のホテル、リゾート、旅館などで各種優待が充実しています。

  • 部屋のアップグレード
  • 食事や飲み物の無料サービス
  • コース料理のアップグレード
  • カフェ・ワインバーの優待
  • スパで使えるスパクレジット
  • 特別割引

優待特典が受けられる宿泊施設は非常に多いので、自分の要望に合った所を知りたい時はコンシェルジュに問い合わせればすぐに解決します。

世界各地の空港ラウンジが無料で使える

ラグジュアリーカードでは、世界各地にある1,000以上の空港ラウンジを無料&無制限に利用可能プライオリティパスに無料で入会できます。

プライオリティパスには3つの会員プランがあり、利用無制限の「プレステージ会員」は通常年会費が399米ドルかかります。
それが無料になるので、44,289円分(1ドル111円換算)お得です。

空港ラウンジは、通常であれば有料、または特定の航空会社や搭乗クラスのチケットを持っていないと利用できません。

その為、空港ラウンジは利用者数が少なく、いつも混雑していないので、アルコールを含む軽食サービスを利用しながら、フライトまでの時間をゆっくり過ごしたり、集中して仕事ができたりします。

ラグジュアリーカードは家族カードも発行しているので、家族会員もプライオリティパス入会に申し込めば、夫婦2人で空港ラウンジが無料で使えます。

国際線の手荷物宅配が往復3個まで無料

空港とスーツケース

国内主要空港の国際線を利用する際、出国時と帰国時の往復で最大3個までの手荷物を無料で宅配してくれます。

自宅から空港まで、重くてかさばるスーツケースを一切持たずに移動が可能なため何の苦もありません。

配達先を指定すればどこでも宅配可能なので、自宅以外にも勤務先や宿泊先からの発送も行なえます。

利用可能な空港は以下の通りです。

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関⻄国際空港
  • 中部国際空港

無料宅配サービスの対象となる手荷物は「縦×横×高さの3辺の合計が160cm&重量が25kg以内」です。

いわゆる宅配便の「160サイズ」まで対応可なので、手荷物やお土産が多い時でも身軽に移動できます。

海外手荷物配達サービス

客室にスーツケース

また世界中の現地ホテルに事前にスーツケース、ゴルフバッグなどを発送する海外手荷物配達サービスも利用できます。

ホテルまでわざわざ荷物を預けに行く必要がないので、空港到着後すぐに観光地や仕事先に向かえます。

ハワイアン航空のエリート会員ステータスを提供

ハワイアン航空

ハワイアン航空では、HawaiianMilesのエリート会員ステータス(Pualani Gold/Platinum)が受けられます。

ゴールドカードは「Pualani Platinum 会員」、ブラックカードは「Pualani Gold 会員」のステータスが付与されます。

本来であれば獲得マイルや旅行区間に応じて用意されるステータスですが、ラグジュアリーカード(ブラック/ゴールド)を所有していれば、予約時に座席優先指定やお得な割引、受託手荷物が無料、優先搭乗サービスなどの会員特典をすぐに利用できます。

最高1億円の旅行保険

空港

ラグジュアリーカードには、海外・国内旅行の両方に最高1億円の旅行保険が付帯しています。

海外旅行は自動付帯、国内旅行は利用付帯で、旅行代金をカードで支払うことで補償の対象になります。

他にも航空機の遅延や欠航、受託手荷物の遅延・紛失などの費用を補償する「航空機遅延保険」もあります。

航空機遅延保険は海外のみというケースが多い中で、日常的に利用する機会が多い国内も補償対象になるのは、利用するメリットが大きいです。

また「ショッピング保険」も充実しており、カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損したり盗難にあったりした場合は、年間300万円まで補償します。

他社プラチナカードは「年間500万円」という場合が多いのと比較すると、補償金額はやや低く設定されています。

新生銀行の「プラチナ会員」が付与される

新生銀行

新生銀行には会員が利用する商品やサービスに応じて、優待サービスを提供する「新生ステップアッププログラム」があります。

会員のステージが上がるごとに手数料や金利などの優待がグレードアップする仕組みになっており、ラグジュアリーカードの所有者には最上位の「プラチナステータス」が適応されます。

新生プラチナステータスは以下の条件のいずれかを満たす方が対象になりますが、ラグジュアリーカードを利用代金の引き落とし口座に設定するだけで、最上級の優待サービスが受けられます。

  • 預け入れ総資産の残高が2,000万円以上
  • 所定の投資商品(外貨預金など)の残高が300万円以上
  • パワースマート住宅ローンの利用

プラチナステータスで見逃せないのが、円定期預金の金利優遇です。

メガバンク(大手都市銀行)の1ヶ月定期の20倍もの好金利を実現しています。

ステージ スタンダード プラチナ
ネットによる他行宛振込手数料が無料になる回数 月1回 月10回
上記回数を超える場合の手数料 286円+税/回 96円+税/回
円定期預金の金利優遇(例:1年) 年0.010% 年0.020%
外貨 為替手数料 片道15銭 片道7銭
円定期預金の金利優遇(例:1米ドルあたり) 片道15銭 片道7銭
住宅ローン 事務取扱手数料優遇 30,000円引き

他にもプラチナステージの特別サービスとして、以下の優待も受けられます。

◆海外送金手数料が無料(月1回)
通常は4,000円かかるので、定期的に海外へ送金を行なう人は、かなりお得感があります。

◆プラチナ専用ダイヤル「新生プラチナコール」
専門のスタッフが運用の相談や各種問い合わせの用件を承る専用ダイヤルが利用できます。

◆新生銀行の近隣の駐車場が無料
車で店舗へ来店した際、新生銀行近隣の契約駐車場の無料サービスが受けられます。

◆プラチナセンター
新生プラチナのお客さま専用サロン「プラチナセンター(大阪・梅田)」が、本人と同伴者1名が使えます。

国立新美術館の企画展を無料観賞

国立新美術館

国立新美術館(東京・六本木)の企画展を会員と同伴者1名まで無料で鑑賞できます。

会員専用アプリにある「チケット」から、希望する企画展の画面を中央インフォメーションで提示することで、無料鑑賞券が受け取れます。

人気の企画展になると、チケット購入だけでも長蛇の列になります。その待ち時間を大幅に短縮できるので、時間が限られている時でも、鑑賞に時間を当てられます。

なぜ、美術館の企画展を無料鑑賞できるのか?については、国立新美術館の公式サイトにある「協賛企業・団体」を見ると、ラグジュアリーカードが運営支援企業に入っていることが確認できます。その関係で無料鑑賞が行なえるものだと思われます。

国立新美術館は唯一、自館にコレクションを持たない美術館で、主に企画展や公募展の会場として利用されています。その為、常設展はありません。

◆過去の国立新美術館の企画展

  • 安藤忠雄展―挑戦―
  • ジャコメッティ展
  • ミュシャ展
  • 草間彌生 わが永遠の魂
  • ダリ展
  • アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
  • ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム バンコク展
  • オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展
  • MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

※ゴールドカードのみの特典で、チタンカードやブラックカードは使えません。

ポイント

ポイントプログラム

国内での利用は1,000円ごとに1ポイント、海外利用は1,000円ごとに2ポイントが貯まります。

毎年4月から翌年3月までの1年間で、カードショッピング利用合計金額が基準を越えた場合、国内利用合計金額に対して最大3倍のボーナスポイントがプレゼントされます。

ボーナスポイントに関して、ゴールドカードは最大3倍、ブラックカードは最大2倍、チタンカードは最大1.5倍と、カードごとに倍率が異なります。

ポイントの有効期限は最大5年間と長期なので、ポイント失効を心配する必要はありません。

各種ギフト券やJALやANAのマイルに交換可能

飛行機

ラグジュアリーカードは「Luxury Card Rewards」というポイントシステムを採用しており、貯まったポイントは各種ギフト券やJALやANAのマイルなどに交換可能です。

交換先一例

◆200ポイント
JAL 600マイル
ANA 600マイル
1,000円分キャッシュバック
dポイント1,000ポイント

◆600ポイント
Amazonギフト券3,000円分

◆650ポイント
JCBギフトカード 3,000円分
クオカード 3,000円分
図書カードNEXT 3,000円分
JTB旅行券 3,000円分
ジェフグルメカード3,000円分
nanacoギフト 3,000円分

各ラグジュアリーカードの違い

ラグジュアリーカードの種類

各ラグジュアリーカードの違いは、受けられる優待サービスの多さ年会費の金額にあります。

◆ゴールドカードのみの特典

  • 国立新美術館の無料鑑賞

◆ブラックカード、ゴールドカード共通の特典

  • Luxury Table/Luxury Limousine
  • ハワイアン航空のエリート会員ステータス

◆全カード共通の特典

  • コンシェルジュサービス
  • プライオリティパス
  • 国際線手荷物宅配
  • 海外手荷物配達

◆年会費

  • ゴールドカード:本会員20万円+税、家族会員5万円+税
  • ブラックカード:本会員10万円+税、家族会員2.5万円+税
  • プラチナカード:本会員5万円+税、家族会員1.5万円+税

ラグジュアリーカードの審査基準

審査

ラグジュアリーカードのチタンとブラックは、インビテーション(招待制)ではなく直接、申し込むタイプのクレジットカードです。

公式サイトの「お申込みに当たってのご注意」には20歳未満の方、および学生の方はお申込みいただけませんのであらかじめご了承ください。の一文があります。これはクレジットカードの申込み全般に言えることなので、全く参考にはなりません。

他のクレジットカードと同様に一定以上のステータスや年収がないと、審査通過は難しいと思われます。

ラグジュアリーカードの審査を経験した方の口コミを見てみると「アメックスプラチナカードやダイナースクラブプレミアムを所有しているが、ラグジュアリーカードの審査には落ちた」という人もいます。

とは言え、Mastercardの最上クラス「ワールドエリート」で、ブラックカード相当のクレジットカードが直接申し込みできるのは大きなメリットです。

他のブラックカードのようにランクの低いクレジットカードを作成して実績をコツコツと積み上げる必要はありません。

申込み自体は20歳以上で学生ではない方であれば誰でも申し込めます。審査のハードルは高いですが、自信のある方は誰でも挑戦が可能です。

ゴールドカードは招待制

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードの中で唯一インビテーション(招待制)で審査がないのが、ゴールドカードです。

純金仕上げの高級仕様の金属製カードが、難なく手に入ってしまうのは、所有する価値も下がってしまいます。

まずはチタンカードやブラックカードを所有して、積極的に使って年間の利用金額を上げながら、実績を積み上げて、ゴールドカードを目指していくという形になります。

チタンカードとブラックカードの違いは「カードデザイン」と「Luxury Table/Luxury Limousineの有無」「年会費額」が挙げられます。自分が持ちたいと思うカードデザインの好みや利用したい優待サービスで選ぶことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめです

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に