ブラックカード比較!驚きの高額年会費ランキング

更新日:

ブラックカード年会費ランキング

一般カードと比較して、ゴールドやプラチナカードといったプレミアムクレジットカードは、年会費が高いです。その分、サービスや特典が充実するので仕方がありません。

そして、プラチナカードのさらに上をいく「ブラックカード」は、誰もが驚くような年会費が提示されています。

年会費永年無料のクレジットカード」が存在する中、カード一枚に数十万円の年会費が発生するブラックカード。その特典は計り知れません。

高額な年会費ランキング

ブラックカードの年会費をランキングでご紹介します。

1位:アメックス センチュリオン – 35万円

アメックスセンチュリオンカード

最強のブラックカードと言われている、アメックスセンチュリオンの年会費は35万円+税です。

アメックスブラックカードの専任コンシェルジュは「Noと言わないサービス」として知られており、特典も大変手厚いものとなっています。

年会費だけでも払っていくのが大変な究極のクレジットカードですが、ただお金があればいいだけでなく、一定の属性我が求められるなど、取得方法も通常とことなっています。

アメックス センチュリオンカード 詳細はこちら

2位:SBIワールドカード – 15万円

SBIワールドカード

数あるブラックカードの中でも、最も貴重価値が高い一枚が、SBIカードが発行しているブラックカード「SBIワールドカード」です。年会費は15万円+税

アメックスセンチュリオンと比較すると半額以下となりますが、15万円の年会費が高額であることには変わりありません。

SBIカードはマスターカードと提携しているので、このワールドカードはマスターカードのブラックカードになります。国内ではSBIカードのみが発行しているマスターカードの最高峰、入手は容易ではありません。

SBIワールドカード 詳細はこちら

3位:スルガ Visa Infinite – 12万円

スルガ Visa Infinite

Visa Infinite(インフィニット)は、VISAカードのブラックカードの名称です。
国内では、スルガ銀行との提携カード「スルガ Visa Infinite」のみを取り扱っており、希少価値はSBIワールドカードと同様に超プレミアム級です。

年会費は12万円+税と、VISAカードの最上級にふさわしい高額な年会費となっています。

スルガ Visa Infiniteを取得するためには、原則としてスルガ銀行の上顧客になるしか道はなく、発行枚数も全国で100枚未満という噂もあります。

国内で最もVISAカードを発行している、三井住友カードがブラックカードを取り扱う可能性もありますが、現時点では実現していません。

スルガ Visa Infinite 詳細はこちら

4位:ダイナースクラブ プレミアム – 13万円

ダイナースクラブプレミアム

アメックスと双璧をなすステータス性の高いカードブランドと言えば、ダイナース。
その、ダイナースクラブのブラックカードとなるのが「ダイナースクラブ プレミアム」です。

年会費は本来13万円+税です。

ちなみに、アメックスのプラチナカードは年会費が13万円+税です。
特典はブラック級、年会費はプラチナ級のクレジットカード、取得を目指す価値はありそうです。

ダイナースクラブプレミアム 詳細はこちら

5位:JCB THE CLASS(ザ・クラス) – 5万円

JCB THE CLASS(ザ・クラス)

国産のカードブランド、JCBの最上級となるのが「JCB THE CLASS」で、年会費は5万円+税です。

入手は非常に困難であり、ブラックを基調とした券面から、ブラックカードの位置づけですが、JCBの個人カードにはプラチナカードが存在しないため、THE CLASSをプラチナカードと位置づける人もいます。

しかし、JCBカードの中で最も上位のカードであることは間違いなく、ディズニー関連の優待など、特典も充実しています。

JCB THE CLASS 詳細はこちら

6位:楽天ブラックカード – 3万円

楽天ブラックカード

幻と言われている楽天の最上位カード「楽天ブラックカード」。
年会費は3万円+税と格安レベルで、アメックスセンチュリオンの10分の1以下の年会費で持つことができます。

なぜここまで安くできるのか。
実は、「楽天ブラックカード」というのは単なる名称に過ぎず、中身は完全なプラチナカードだからです。楽天カードにはプラチナカードが存在しないため、実質このカードがプラチナカードであり、ブラックカードでもあるわけです。

年会費が安い分、他社のブラックカードと比較すると特典に見劣りする部分が多数存在し、特典で比較してもプラチナカードレベルと言わざるを得ません。

しかし、楽天カードの最上位なので、ポイント還元率にも定評があり、コストパフォーマンスの高いブラックカードとしては、ダントツのNo.1です。

楽天ブラックカード 詳細はこちら

こちらの記事もおすすめです

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に