新社会人や中途採用者がクレジットカードを申し込む際、年収は何万円で記入する?見込み年収の計算方法

Q&A

給料と電卓

クレジットカードを申し込む際には「年収」を記入する項目があります。

新社会人や中途採用者など、まだ実際の年収が分からない方は、年収欄をどうすれば良いのか迷われるかと思います。

正解は今後、1年間、働いたらどれぐらいの収入が得られる予定なのか、いわゆる「見込み年収」を記入すれば大丈夫です。

年収に関しては自己申告制なので、給与所得の源泉徴収票など、年収を証明する書類の提出は必要ありません。

今回は見込み年収の計算方法と、年収と審査の関係性について紹介します。

見込み年収の計算方法

電卓

入社して1年未満で、年収が確定していない新社会人や中途採用者は、以下の計算式で見込み年収を求めます。

1ヶ月分の給与 ✕ 12ヶ月分 + ボーナス = 見込み年収

また勤続年数を記入する項目があれば「一年未満」と記入すれば、見込み年収であることがカード会社に伝わります。

例えば月給20万円、ボーナス1.5ヶ月分の方の年収は、270万円(=20万円✕12ヶ月+30万円)になります。

勤め先よっては毎月の給与に増減がある方もいると思いますが、その時は「平均額」または「最低額」で計算をすれば大丈夫です。

そもそも年収は自己申告制なので、実際の年収と多少違っていても、カード会社の年収統計データと大きな差がなければ、特に問題はありません。

申込み欄に、職業や企業名、役職、勤続年数などの具体的な項目があれば、記入内容を元に、カード会社はだいたいの年収が予測できます。

キャッシングを希望する時は収入証明書が必要になることも

クレジットカードのキャッシングで、一定の利用限度額以上を申し込む際は、収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)にて、正確な収入金額を求められる場合があります。

(50万円未満など少額の場合は提出不要なことも多いです)

「キャッシングをする予定がない」という場合は、キャッシング枠なしで申し込んだ方が、収入証明書を用意する手間もなく、時短で審査が受けられます。

年収は×手取り ○総支給額

年収欄を記入する時に「そもそも年収って何の金額?」と悩まれる方も少なくありません。

年収とは、税金や保険料が差し引かれる前の1年間の総支給額のことです。

年収と手取りの違いは以下の通りです。

◆年収
1年間の収入(月給の総支給額の12ヶ月分)の合計金額です。
税金や保険料が差し引かれる前の「総支給額」で計算します。

◆手取り
年収から税金や保険料などを差し引いた金額(差し引き支給額)のこと。
実際に口座に振り込まれた金額(銀行振込額)が「手取り」になります。

※手取り年収は手取りの12ヶ月分の合計金額になります。

2年目以降は源泉徴収票の「支払金額」で確認

4月入社の場合、12月に発行される源泉徴収票に記載されている金額は「4月~12月の9ヶ月分」です。

そのため、1年間には足りないので、入社1年未満は「見込み年収」で、クレジットカードの申込みを行ないます。

源泉徴収票で年収(総支給額)を確認する際は、2年目以降が有効です。

年収だけが理由で審査に落ちることは少ない

給料袋(収入0)

クレジットカードの申し込み時に、記入が必要な年収欄ですが、年収に関しては審査項目の一つであり、収入だけを理由に審査に落ちることは少ないです。

年収や職業欄については「安定した収入があるか」、「利用限度額を何万円に設定するのが良いか」など、返済能力の査定に利用される部分です。

一般的に「年収200万円」が、クレジットカードの審査に受かりやすい一つの目安となっています。

例えば、月収15~16万円(ボーナスなし)で、年収200万円になる計算です。

「毎月の手取りが13万円しかない」と言う人でも、年収は天引き前の支給額+ボーナスで計算されるので、実際は年収200万円以上になることが多いです。

年収が少ない人も申込み可能なクレジットカードも多い

主婦とクレジットカード

そもそも、パートやアルバイト、学生など、年収が低い方でも申込みOKなクレジットカードも多数存在します。

「入社したばかりで、年収が低いからクレジットカードは作れないのでは?」と思っても、実際にはクレジットカードの審査に通っている人は数多くいます。

年収の低さについては、特に年会費無料のクレジットカードに申し込む際は、それほど過度に心配する必要はありません。

下記の記事では、本人の年収が低い人に対しても、発行しているクレジットカードを紹介しています。よろしければ参考にどうぞ。

ゴールドカード以上を狙う時は実績を積む

カードショッピング

一般的なクレジットカードは、年収の少ない多いは、それほど審査に影響を与えません。

ただしゴールドカードやプラチナカードなど、いわゆる「ステータスカード」や「上級カード」と呼ばれるクレジットカードを持つためには、ある程度以上の年収やカード利用実績が必要になります。

将来的にステータスカードを持ちたい方は、まずは一般カードで利用実績を積み、招待(インビテーション)を待つのが近道です。