離婚前後は家族カードの取り扱い注意、勝手に支払い先にされない為の解約・再発行手続き

Q&A

驚く男性

離婚前後で良くあるクレジットカードのトラブルが「家族カード」に関することです。

別居状態の妻が、家族カードで高額な買い物の支払いをした。(妻本人は支払う気がない)

元夫が家族カードを持っていて、勝手に私のお金を使い込まれた。

家族カードは、本会員と生計を一にする18歳以上の家族(配偶者、子ども、親)に対して発行されるクレジットカードです。

(本会員とは「最初にクレジットカードを申し込んだ人」、家族会員は「本会員の家族で、家族カードを持っている人」を指します。)

クレジットカードの利用金額は、本会員カード、家族カードを問わず、原則、本会員の金融機関の口座から引き落とされます。

離婚後も家族カードの支払い義務は会員本人にある

クレジットカード

離婚届を提出しても、カード会社には「本会員と家族カード会員が離婚した。生計が別になった」ことは、わかりません。

そのため、離婚をして生計や世帯が別々になっても、家族カードを使い続けることはできます。

家族カードの利用金額は、本会員に支払いの義務があります。

そのため、例えば「元妻に家族カードを使われた」という場合でも、本会員の夫に支払い義務があるので「勝手に使われたので、自分は支払わない」はできません。

支払わないまま放置していると「延滞」と見なされて、自身のクレヒス(クレジットカードヒストリー)に傷が付きます。

クレヒスについては下記の記事で詳しく紹介しています。よろしければ参考にどうぞ。

クレヒスがボロボロになると、新規のクレジットカードの申込みで審査に落ちやすくなったり、有効期限間近になっても更新カードが届かなかったりと、デメリットしかありません。

そのため「支払い先が自分名義のクレジットカードを勝手に使われないように、早め早めに対策をしておく」ことが、後々の金銭トラブルを防ぐためにも有効的です。

家族カードの解約は電話一つでOK

電話をかけるOL

家族カードの解約は、本会員がカード会社に電話をするだけで終わる場合がほとんどです。

クレジットカードの裏面に記載されている電話番号に連絡をして「○○名義の家族カードを解約したい」と伝えれば、それだけで済みます。

「カードを紛失したので、利用停止にして欲しい」と同じように、解約の連絡を入れた時点で、家族カードは利用停止になります。

ちなみに家族カードを解約する時に、家族会員しか分からない情報を求められる場合は、本会員カードも解約するという最終手段もあります。

家族カードは本会員カードに付帯して発行されるので、本会員カードを解約すれば、自動的に家族カードも使えなくなります。

配偶者が持っている自分名義のカードは使えなくする

クレジットカードが使えない

自分名義のクレジットカードを、他人に貸して利用させることは規約違反になります。

例えば、夫名義のクレジットカードを妻が使うことは、本来はNGな行為です。

とは言え、何らかの事情で自分名義のクレジットカードを配偶者に渡していて、取り返すのが難しい場合もあると思います。

その時は、カード会社に「紛失したので再発行して欲しい」と連絡を入れると、後日、新しいカード番号と有効期限、セキュリティコードになったクレジットカードが届きます。

カードが再発行される際は、今までのカードは利用停止になるので、相手が持っている自分名義のカードは一切利用できなくなります。

ちなみに暗証番号は変更されないので「念のために、暗証番号も変更したい」と思う場合は、別に変更手続きを行なう必要があります。

また全く使わないカードに関しては、良い機会だと考えて解約するのもありです。

普段から利用する機会がなく、放置したままのクレジットカードは、仮に誰かに盗まれても、発覚までに時間がかかりやすく、使い込まれる金額が大きくなりやすいです。

ちなみにクレジットカードを解約せずに処分しても、有効期限が近付くと、登録した住所宛に有効期限が更新されたクレジットカード(更新カード)が郵送されます。不正利用のリスクもあるので、面倒に思わずに解約されることをおすすめします。

詳しい内容は下記の記事でまとめています。よろしければあわせてご一読ください。