ANA JCB一般カード

B! pocket

ANA JCBカード

マイルが貯まるクレジットカードとして、もっとも代表的なのがANA JCB一般カードです。そのまま「ANA JCBカード」と呼ばれることもあります。

ANAはそのほかにも、VISAやMASTERなどさまざまなカードブランドと提携し、同種のカードを発行しています。

しかし、なかでもいちばん発行枚数が多いのが、JCBとの提携カードだと思います。

ANA JCB一般カードは、初年度無料ですが、2年目以降は2,000円+税が必要です。

ただし、ボーナスマイルとして毎年1,000マイル(約2,000円~3,000円相当)がもらえるので、実質的には年会費無料カードとして使えます。

申込対象者は「18歳以上で本人または配偶者に安定収入のある人(高校生は不可)」なので、原則として収入がある人なら誰でも申し込むことが可能です。

ANA JCB一般カードの特徴

数あるANA JCBカードのなかでも、定番の一枚となる一般カード。ポイントをマイルに移行したり、搭乗ごとにボーナスマイルがもらえるなどのメリットも豊富です。

カードの利用に応じてマイルが貯まる

マイルが貯まる

カードの利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。ANA JCBカードの場合は、JCBが展開している「Oki Dokiポイント」で付与されます。

貯めたOki Dokiポイントを、ANAマイレージに移行することが可能です。このときに、選べる2種類のプランがあります。

■5マイルコース
1ポイントを5マイルと交換できるコースです。つまり、カードの利用額1,000円ごとに5マイルが貯まる計算です。マイレージ移行手数料は無料です。

■10マイルコース
1ポイントを10マイルと交換できるコースです。つまり、カードの利用額1,000円ごとに10マイルが貯まる計算です。ただし、マイレージ移行手数料として年間5,000円+税がかかります。

10マイルコースを選択すれば、1ポイントの価値が倍増するのでかなりお得です。しかし、その分移行手数料として年会費がかかるので、年間どの程度のポイントを貯められるか?を考えたうえで、どちらのプランを選ぶか決めることをおすすめします。

もし、1マイルを3円として考えれば、10マイルコースを選択したときの実質的なポイント還元率は3%となり、非常にお得なクレジットカードであるとわかります。

そのほか、電子マネー「楽天Edy」を使って支払いを行った場合も、200円あたり1マイルが貯まります。この場合はOki Dokiポイントではなく、ANAマイルが直接付与されます。

フライトマイルが通常の10%アップ

フライトマイル

ANA JCBカードの特徴に、「フライトマイルのボーナス」があります。これは搭乗距離に応じて付与される区間基本マイレージが10%増量されるというもの。

※搭乗ボーナスマイル積算率の計算方法は以下のとおりです。
区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × ANAカード種類別積算率(10%)

海外旅行や出張などで飛行距離が長くなるほど、この特典のメリットも大きくなります。もちろん国内の搭乗も対象となります。年間の搭乗回数が多い人であれば、この特典だけでも、年会費の元は取れるはずです。

マイレージの貯め方をまとめると

  • 毎年もらえるボーナス1,000マイル
  • カード利用額に応じて貯まるOki Dokiポイントを移行
  • 楽天Edyの利用額に応じて貯まる
  • フライトマイルアップ

上記4つの貯め方が、ANA JCBカードにはあります。

最高1,000万円の旅行保険やショッピング補償

旅行保険

ANAのクレジットカードには、旅行保険もしっかりとついています。
国内航空傷害保険・海外旅行保険ともに、最高1,000万円を付帯。国内の航空機に搭乗中や、海外旅行中にアクシデントにあっても、保険を使って病院での治療ができます。

また、海外ショッピングガード保険も最高100万円までを装備。海外で購入した商品が万が一、初期不良などの問題にあっても、なかなか返品が難しいと思います。そのような場合、ショッピング補償を使うことによって、JCBが年間最高100万円までを補償します。

ANAカード会員だけの共通特典

共通特典

ANAカード会員ならではの共通特典も、用意されています。

■機内販売・ANA FESTAが最大10%OFF
ANAが運営する空港内の店舗「ANA FESTA」は5%OFFとなります。
国内線・国際線の機内販売は1,000円以上の商品購入で、10%OFFとなります。

■ビジネスきっぷ
ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」を購入することができます。

■旅行・宿泊が5%OFF
ANA系列のホテルの宿泊費用が5%OFFになるほか、ANA国内・海外ツアーの料金も5%OFFとなります。旅行や出張時に最適です。

■ANAショッピング A-styleの割引
ANAが運営しているネット通販サイト「A-style」の商品を5%OFFで購入できます。

電子マネーや家族カードの発行も

電子マネー

ANA JCBカードは各種電子マネーを発行できるほか、家族カードの発行も可能です。

追加可能なカードは、

  • ETCカード
  • QUICPay
  • ANA QUICPay+nanaco
  • PiTaPa
  • 家族カード
  • 楽天Edy

となります。
家族カードは年会費1,000円+税が必要ですが、そのほかの電子マネーは無料です。

電子マネー「楽天Edy」の支払いだとマイルが貯まりやすいのでお得です。もちろん、ETCカードやQUICPayなど、そのほかのカード・電子マネーで発生した金額も、クレジットカード利用分としてOki Dokiポイントが換算されます。

実質的には年会費無料カードとして使える

実質年会費無料

冒頭でも紹介しましたが、ANA JCBカードは年会費2,000円+税が必要です(初年度無料)。
ただし、ボーナスマイルとして毎年1,000マイルがもらえます。

一般的に、航空会社のマイレージは1マイルあたり2円~3円の価値があるといわれています。つまり、ボーナスマイルを含めて考えると、実質的には年会費無料のクレジットカードと同じように使えます。

家族カードの年会費は、1,000円+税です。

毎年もらえるボーナスマイルにどれくらいの価値を見出すかによっても、このカードの価値は変わってくると思います。しかし、ほかの特典を踏まえると、比較的メリットが大きいカードだと思います。

ANA JCB一般カードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

人気のANAカードのうち、もっともスタンダードな一枚となるのがこのクレジットカードです。ANAカードにはほかにも種類がありますが、基本特典をキッチリと内包し、年会費も抑えられているこのカードからスタートするのがおすすめです。

ANAの利用が高いほどお得となるため、利用頻度に応じて、将来的にはゴールドカードやプラチナカードを目指す楽しみもあります。

マイレージは、カードの利用に応じて貯まるほか、フライトマイルのボーナスももらえるので、お得感は大きいです。

年会費は2,000円+税かかってしまいますが、初年度無料で使えるだけでなく、毎年継続ボーナスとして1,000マイルがもらえるので、実質的には年会費無料のカードだと思って使える点も、このカードが優れているポイントだと思います。

ANA JCBカードの口コミ情報

みんなの口コミ

ANAと提携したクレジットカードは、下記の記事も参考にどうぞ。

こちらのカードも人気

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

いま人気のクレカはこれ!