クレジットカード会社はどこから収入を得ているのか?利用者は本当にお得なの?

Q&A

カード会社

金融会社の一つとして、「クレジットカード会社に務めています」というと、「おっ」と驚かれる方も多いと思います。しかし、クレジットカード会社がどこから収入を得ているのか、みなさんは知っていますか?

金融系というだけあって、かなり儲かっているイメージがありますが、年会費無料のカードも増えてきている中で、会員の年会費による収入だけでは、大きな利益を出すのは難しそうです。

カード会社の収入源はどこ?

クレジットカード会社の収入源についてまとめてみました。

カードの年会費

一番思いつきやすいのが、「カードの年会費」だと思います。日本国内のクレジットカード発行枚数は3億枚を越えていますから、1枚あたりの年会費が1,000円と考えても、毎年3,000億円の収入が入る計算になります。

最近では、年会費無料のクレジットカードもたくさん普及しています。年会費無料のクレジットカードはタダですから、もちろんカード会社にとっては1円の収入にもなりません。

一方で、ゴールドカードやプラチナカードのような「プレミアムカード」の年会費は1枚あたり数万円ですから、カード会社の大きな収入源になります。

富裕層を主な顧客層としているアメリカンエキスプレスの最上位カード「アメックスブラックカード」の年会費はなんと350,000円+税です。1人の顧客がカードの年会費として毎年36万円も支払ってくれるのですから、世界を代表する企業になることもうなづけます。

分割払いの手数料

クレジットカードのメリットの1つに、「その時にお金がなくても分割で買える」というものがあります。分割払いでローンを組んだり、リボ払いによって支払いを複数回に分けると、手数料(金利)がかかります。

この、分割払いの金利やリボ手数料もカード会社の大きな収入となります。実はクレカのローン金利は結構高いです。カード会社にとっても収益性の高いビジネスとなるため、リボ払いなどはかなりおすすめされます。(私の使っているクレジットカードの請求書には毎月のようにリボ払いを勧めるチラシが入ってます)

とは言っても、日本国内では一括払いで支払いをする人が多く、ローンによる手数料収入はメインの収益となっていません。一方で、欧米ではリボ払いをしている人が7割いるとの情報もあります。欧米のカード会社にとっては、この収入が大きな柱となっているのです。

キャッシング金利

一部のクレジットカードには「キャッシング機能」が付いています。カードの利用限度額と一緒に「キャッシング枠」も設定されており、限度額の範囲内で自由に借入・返済ができます。

アコムやプロミスのようなキャッシング会社を利用するのに抵抗がある人でも、日常的に使っているクレジットカードですぐに借入ができるとしたら、利用のハードルは一気に下がると思います。この、キャッシング金利による収入も、クレジットカード会社の利益となります。

キャッシングの中でも特に利用しやすいのが、「海外キャッシング」です。海外旅行に行った時に、キャッシュディスペンサーにクレカを入れると、現地通貨を引き出せます。

海外キャッシングは元々、現地通貨を手に入れるための利用であり、また短期間の借入となるので、総合的に見てお得になることが多いです。(銀行で両替すると為替手数料が高いです)

個人的には、クレジットカードの隠れたお得な使い方として、「海外キャッシング」は有効に使っても良い手段ではないかなと思っています。

加盟店手数料

意外と気付きにくいのが、加盟店手数料です。カード会社は私たちだけから収益を得ているのではなく、クレジットカードが使える「店舗」からも収益を得ています。今となっては、クレジットカードが使えるお店はかなり増えましたから、むしろこちらのほうがメインのビジネスと言えるかもしれません。

お客さんがお店でカードを使った利用金額に対して「数パーセントの手数料」が加盟店手数料として店舗側から徴収されます。その他にも、月額固定費やトランザクション手数料などがわずかにかかるケースもあるようです。

クレジットカードはその場で現金を持っていなくても商品が買える仕組みですから、お客さんの財布事情に関係なく「買いたい」と思ってもらうことができれば、売上に結びつけることができます。一方で、現金支払しかできない場合は、どれだけ商品を魅力的にアピールできても、「今はお金がないからまた今度」と、せっかくの売上のチャンスを逃してしまいます。

以前、私が空港の高級時計店でスタッフの方とお話をしていた時のことです。スタッフの話を聞くと、とある国の旅行者は、衝動買いをよくするらしく、お金を持っていないのに友人からカードを借りて、平気で何十万円もする高級時計を買っていくそうです。(日本人はそういう客は少ないのだとか)

私たち日本人にとっては、ちょっと意外だと思えることも、世界的に見るとよくある話なのだと思います。先ほどの欧米諸国ではリボ払いが主体であるという点も、日本では意外性のある話だったと思います。

加盟店手数料について、もうひとつ小ネタがあります。加盟店手数料は、売上の数パーセントをカード会社に支払うものですが、アメックスはこのパーセンテージが大きいです。

アメリカンエキスプレスは加盟店手数料が高いので、導入を拒むお店も少なくありません。アメックスカードが使えるお店が少ないのは、こういった理由も背景にあったりします。

では、なぜアメックスが強気の加盟店手数料を請求できるのかというと、前述したとおり、アメリカンエキスプレスは「富裕層を顧客のベースに持っているから」です。高級時計など、富裕層はカードで高額な買い物をしてくれますから、アメックスの加盟店になることで、大きな売上UPが期待できるというわけです。1人あたりの売上が大きいということですね。

加盟店手数料は消費者にとっては関係のない手数料です。しかし、お店側にとって「数パーセント」は決して小さくないと思うので、個人商店などで対応を良くしてもらった際には、その点もわかった上で「あえて現金払いをしてあげる」とさりげない気遣いができると思います。

その他

その他の収入源としては、クレジットカード会社の会員数をベースにした細々としたものが多いです。

例えば、カード会社は「有料の会報誌」を発行しています。ゴールドカードなどを持っていると無料で発行してもらえるのですが、会員数が膨大であれば、お金を払って会報誌を購読している人も、ほんの一部いるはずです。

また、請求書にチラシが組み入れられていた経験はありませんか?カード会社の請求書にチラシを導入したり、アクセスの多いカード会社のサイト内に広告を導入することで「広告料収入」を手に入れることもできます。

最近は、「カード会社のオンラインモールを経由してポイント◯倍」といったサービスを導入しているカード会社が増えました。これはもちろん、そのオンラインモールを経由することで、ネットショップからの手数料収入を得ています。ネットショップにとっては集客メリットがありますし、私達顧客にとっても、ポイントが◯倍になるメリットがありますよね。

また、これは未確認なのですが、クレジットカード会社の提供しているサービスを利用した場合。例えば、ゴルフ場の予約や旅行券をカードデスクを通じて購入した場合にも、仲介手数料のようなものが取られているかもしれません。

このように、多くの会員を抱えるクレジットカード会社は、その顧客ベースを活用してさまざまな場所から収益をあげることが可能です。

実はクレカはすごくお得な支払い方法です

これだけの収入源があると、カード会社の収益性の高さに納得できると思います。しかし、実は「年会費無料のカードを使って一括払いをするだけ」の使い方をすれば、カード払いはとてもお得な支払方法になります。

なぜかというと、この使い方はカード会社に一切の手数料を支払わない使い方だからです。加盟店手数料はお店が負担するので、こちらは完全無料でカードが使えます。

この使い方をした場合、一切のお金を支払うことなく、

  • 利用金額に応じてポイントが貯まる
  • (ビジネスの原則である)もらいは先、支払いは後が実践できる

といったメリットを実現できるので、消費者にとってかなり大きなメリットがあることがわかります。