年会費以上にお得!リクルートカードとリクルートカードプラスの比較

お得な活用術

リクルートカードの比較

2016年3月15日:更新
残念ながらリクルートカードプラスは新規受付が終了となりました。現在は年会費無料のリクルートカードのみ申込できます。


リクルートが発行するポイント高還元率カードには、年会費無料の「リクルートカード」と、年会費2,100円の「リクルートカードプラス」の2種類が存在します。

上位カードとなるリクルートカードプラスには、年会費相当の特典・サービスが拡充されていますが、どのような条件があれば年会費以上にお得に使えるか、リクルートカードと比較してみました。

リクルートカードとリクルートカードプラスの比較

日常的にクレジットカードを使う人なら、年会費無料のリクルートカードよりリクルートカードプラスの方がお得に使える可能性が十分あります。

年間26万円以上の利用でお得

リクルートカードとリクルートカードプラスは、ポイント還元率が違います

  • リクルートカード:1.2%のポイント還元
  • リクルートカードプラス:2.0%のポイント還元

ポイント還元率の違いでお得度を比較してみると、年間262,500円以上クレジットカードを使う人なら、ポイント還元の面でもリクルートカードプラスにした方がお得です。

なぜなら、1年間に262,500円クレジットカードを使うと…

  • リクルートカード:3,150ポイント付与
  • リクルートカードプラス:5,250ポイント付与(2,100円の差)

262,500円使った時点で、リクルートカードプラスの方が年会費分となる2,100円多くポイントが付与されることになるので、これ以上はカードを使えば使うほど、年会費有料のリクルートカードプラスの方がお得になります。

年間262,500円と聞くとハードルが高いように感じますが、これは月間に直すとたったの21,875円となります。

毎月の携帯電話代、水道代、光熱費や、買い物をクレジットカードで支払う人なら、ほとんどの人が、リクルートカードプラスの方がお得に使えることになります。

リクルートカードは小数点切り捨てに注意

また、ポイント還元について1点注意することがあります。
リクルートカードでは、「ポイント発生時の小数点は切り捨て」となっています。

例えば、年会費無料のリクルートカード(還元率1.2%)だと、
100円の買い物で1.2ポイント発生 → 小数点となる0.2ポイントは切り捨てられて、1ポイントだけが付与される。

それに対してリクルートカードプラス(還元率2%)だと、
100円の買い物で2ポイント発生 → そのまま2ポイントが貯まる。

となるからです。

つまり、年会費無料のリクルートカードでは、1回の買い物が500円以下の場合に使うと、「小数点切り捨てルール」によって、実質的にはポイント還元率1.2を下回る結果となります。

この点においても、リクルートカードプラスにはメリットがあるといえるでしょう。

nanacoチャージもポイント対象

電子マネーのチャージに関しては、どちらが良いというわけではありません
リクルートカードでは、電子マネーの種類によってポイントが貯まるかどうかに違いがあります。

JCBが発行するJCBカードは「nanaco」、「モバイルSuica」のチャージがポイント還元の対象です。

対して、三菱UFJニコスが発行するVISAカードは、「楽天Edy」、「モバイルSuica」、「SMART ICOCA」の3種類電子マネーチャージがポイント対象です。

つまり、楽天EdyやモバイルSuicaと言った電子マネーが、実質1.2%割引でチャージできることになります。
しかし、VISAカードが発行できるのは年会費無料のリクルートカードのみです。

リクルートカードプラスはJCBカードしか選択できないので、この点はリクルートカードプラスのデメリットと言えるかもしれません。

旅行保険の補償の違い

リクルートカードとリクルートカードプラスには、旅行保険においても違いがあります。

リクルートカードプラスには、国内、海外ともに最高3,000万円の旅行保険が付帯していますが、通常のリクルートカードでは、国内最高1,000万円、海外最高2,000万円の旅行保険しか付帯しません。

また、リクルートカードプラスは自動付帯の旅行保険なので、旅行代金を他のカードで支払っていても、クレジットカードを持っているだけで保険適用の対象になります。
コレに対して通常のリクルートカードは利用付帯の旅行保険なので、宿泊代や航空機代といった旅行代金をリクルートカードで支払っていなければ、一切保険の対象にはなりません

しかし年会費無料の存在は大きい

以上がリクルートカードとリクルートカードプラスの比較です。
トータルで見ると年会費2,100円のリクルートカードプラスの方がお得です。

しかし、なんといっても通常のリクルートカードは「年会費無料」なので、カードを全く使わなくても年会費がかかることは一切ないという強みがあります。

リクルートカードをメインで使う予定がある人はリクルートカードプラスを、そうでない方は年会費無料のリクルートカードを選ぶのが賢明だといえるでしょう。