Tポイントのお得な使い方、SBI証券のネオモバがおすすめな人は?

B! pocket

Tポイント

共通ポイントの一つTポイントは、全国各地にあるTポイント加盟店にて、TカードやモバイルTカードを提示すると、利用金額に応じてポイントが付与されます。

TポイントはTポイント加盟店で1ポイント=1円相当として支払いに使うのが定番です。

それだけではなく、他社ポイントやマイルと交換したり、Tマネーにチャージしたりと、様々な使いみちがあります。

またSBIネオモバイル証券(ネオモバ)のポイント投資に当てれば、基本的に消費するだけのTポイントを、さらに増やすことも可能です。

今回は貯まったTポイントの活用法について取り上げます。

ネオモバ 公式サイト

定番:Tポイントが使えるお店の支払い

ファミリーマート

Tポイントが使える街のお店とインターネットサービスは以下の通りです。

コンビニ
ファミリーマート
スーパー
マルエツ、マミーマート、東武ストア、フエンテ
飲食店
ガスト、バーミヤン、夢庵、藍屋、ジョナサン、ドトール、エクセルシオール、吉野家、牛角、ロッテリア、大阪王将、ステーキ宮
ドラッグストア
ウェルシア、ハックドラッグ、ハッピー・ドラッグ、ドラッグユタカ
ホームセンター
島忠・ホームズ、ジョイフル本田、メイクマン、ヤスサキ ワイホーム
家電量販店
エディオン、100満ボルト
映像・音楽・書籍
TSUTAYA、蔦屋書店
カメラ・写真
カメラのキタムラ
ファッション
洋服の青山、ザ・スーツカンパニー
眼鏡・コンタクト
眼鏡市場、ALOOK、レンズスタイル/レンズダイレクト、コンタクトのアイシティ、メガネのアイガン
ネットショッピング
Yahoo!ショッピング、LOHACO、T-SITE SHOPPING
公共料金、通信料の支払い
Yahoo!公金支払い、ソフトバンク
電子書籍ストア
Honya Club With、BookLive!、Yahoo!ブックストア

Tカード提示で貯まるTポイントは「100円または200円ごとに1ポイント」です。

そのため、ポイント付与の対象外になる端数だけTポイントで支払うと無駄がありません。

他社ポイント・マイルに交換

ANAマイルに交換

貯まったTポイントは、下記のような他社ポイントやマイルに交換可能です。

関西電力・中部電力
100ポイント→ 電気料金100円分
関電や中電の電気代に充当できます
JRキューポ
1ポイント→ JRキューポ1ポイント
JR九州の共通ポイントで、交通系ICカード「SUGOCA」にチャージなどに使えます
ANAマイル
500ポイント → ANA250マイル
ANAグループの特典航空券との交換や座席アップグレードに使えます
HAPPY GO
10ポイント→ HAPPY GOポイント6ポイント
台湾の共通ポイントで、台湾のお店の支払いに使えます

何か利用しているサービスがあれば、そちらのポイントやマイルにまとめると使いやすいです。

Tマネーへのチャージはおすすめしない

Tマネー

TマネーはTカードで使える電子マネーです。

TポイントはTマネーへチャージ(1ポイント=Tマネー1円)することで、Tマネー加盟店の支払いに使えます。

ただし、Tポイント加盟店と違い、Tマネーが使えるお店は少なく、利用金額に応じたポイント還元率も下がります。

そのため、Tマネーにチャージせず、Tポイントのまま利用した方が使い勝手が良いと思います。

TマネーとTポイントの違いについては、下記の記事で詳しく取り上げています。

ジャパンネット銀行で現金化、ただし交換レートが悪い

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行に口座開設すると、Tポイントを現金化できます。

  1. ジャパンネット銀行に口座を開設する
  2. Tポイントを1,000ポイント以上貯める(期間固定Tポイントは不可)
  3. Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行を登録
  4. Tポイントを現金に交換する手続きをする
  5. 口座に現金が振り込まれる

交換レートはTポイント100ポイント→85円で、ポイント還元率は下がります。

また交換単位が、1,000ポイント以上、100ポイント単位と、まとまったポイント数を貯める必要がある分、交換までのハードルが高いです。

そのため貯めたTポイントの有効期限が近付いているけれど、使い道が全くない時の最終手段として使えます。

SBI証券でTポイント投資は利用価値あり?

ネオモバ

貯まったTポイントは、ポイント投資にも使えます。

ネオモバは、ネット証券SBI証券が手がけるTポイントを利用したポイント投資サービスです。

dポイントの「dポイント投資」、楽天の「楽天ポイント運用」とは違い、株価に合わせてポイントが変動するタイプではありません。

SBI証券に口座を開設して、Tポイントを1ポイント=1円として、国内株式を購入して、運用を行ないます。

一般的に、国内株式は100株単位で取引をしますが、ネオモバでは1株単位で購入可能です。

また株式取引では取引する度に手数料がかかりますが、ネオモバでは月額200円+税で月間の売買代金50万円まで何度でも取引ができます。

ちなみに、ネオモバでTポイント投資をすると、毎月200ポイントが付与されるので、手数料は実質無料になります。

国内株式の購入にTポイントが使えて、さらに1株単位の少額でOK、取引手数料も実質無料なので、若者や投資初心者にとっても利用しやすくなっています。

「Tポイントを貯めていて、特に使い道が決まっていない人」や「投資に興味はあるけど、大切なお金を損したくない」と思う人に、ネオモバでTポイント投資を始めてみても良いと思います。

SBIネオモバイル証券 ネオモバ 公式サイトはこちら

その他ポイント投資に関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら